絶対に採用される!リゾバの面談内容や求人の合格率を上げる方法教えます

こんにちは、全国各地でリゾバを経験してきた、らくスノです。

「リゾートバイトって現地まで面接に行かないといけないんですか?」

そう疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

合否はともかく、沖縄や離島・北海道まで面接に行くのは現実的ではないですよね。

結論から言えば履歴書は不要、現地での面接もありません。

そのかわり派遣会社への登録時に、ヒヤリングシートの記入、電話やズーム・ライン等で面談があります。

だから、あらかじめ具体的な希望職種や勤務地・アピールポイントなど考えておかないと、良い仕事に巡り会えないかもしれません。

今回はリゾートバイトの面談の流れや、求人の合格率を上げるコツについて詳しく解説したいと思います。

この記事を最後まで読めば、もうリゾートバイトの面談で戸惑うことはなくなりますよ!

派遣会社に登録していれば現地まで面接に行く必要はない

登録型派遣の場合、派遣会社と契約するのでリゾート施設とは面接しません。

まずは履歴書のかわりとなるWEBヒヤリングシートに住所、氏名、年齢等の基本情報を記入して派遣登録。

その後、電話やズーム・ライン等で10〜15分程度面談します。

派遣会社の面談は合否判定ではなく適性や希望をヒヤリングするだけなので、リラックスして面接に望みましょう。

※身分証明が必要なので、あらかじめ免許証や学生証を準備しておきましょう。

※高校生は派遣登録できません。

WEB・電話面談で聞かれる主な内容は7つ

では派遣会社とのWEB・電話面談ではどんなことを聞かれるのでしょうか?

  1. 個人情報
  2. 就業期間
  3. 希望の地域
  4. 希望職種・時給
  5. 今までの職歴
  6. 希望の生活環境(一人部屋、Wi-Fiの有無)
  7. 髪型(パーマ、ブリーチ等)、タトゥーの有無

前述の通り、合否には影響ないのでリラックスして面談してください。

ただし、あらかじめ就業場所や職種、生活環境等…ご自身の希望は明確にしておく必要があります。

あなたの希望がわからないと、担当スタッフも良い求人を紹介できませんからね。

それに、サイトに掲載されてないレア求人を紹介されるケースもあります。

リゾートバイトで高時給・好条件のレア求人を見つけるコツ教えます!

その他の要望があれば面接時に伝える

  • Wi-Fiは絶対欲しい
  • コンビニ・スーパーが近い寮が希望
  • 個室寮はゆずれない
  • 残業はあまりしたくない
  • きつくてもガッツリ稼げるリゾバがいい

質問されたこと以外でどうしても譲れない条件があれば、面接時に伝えておきます。

ただし、あまり条件を付けすぎるとよい求人はみつかりません。

あくまで本当に譲れない点のみを希望するようにしましょう。

仕事選びのコツについては下記の記事にまとめていますので、合わせて参照ください。

楽しいリゾートバイト生活が過ごせる!仕事の求人選び4つのコツ教えます

直接雇用でも現地での面接はなし

直接雇用の場合、ご自身が現地のリゾート施設とやりとりすることになります。

ただし、リゾートバイトは直接雇用でも現地での面接はなし。

基本的には電話やメール・ラインのやり取りだけで完結します。※リゾート施設によっては履歴書の郵送を求められることがあります。

しかし、当然ながら不合格になることもあるので、あらかじめ留意が必要です。

絶対に受かりたい!リゾバ求人の採用率を上げる方法

さて、派遣会社への登録まではおわかりいただけたと思いますが、問題はここから。

いくら派遣登録が済んでも、リゾバ先から採用されないと意味がありません。

人気の求人ほど競争率が高いですからね。

では、どのように行動すれば採用率が上がるのでしょうか。

  • リゾバ経験は積極的にアピール
  • 最低限のビジネスマナーは身につけておく
  • 髪型、ピアス、タトゥー等…身だしなみに注意
  • なるべく希望シフトは出さない
  • 40代以上の方は検索機能を有効活用

次項から詳しく説明します。

リゾバ経験は積極的にアピール

ほとんどのリゾバは未経験でも応募可能ですが、希望が多ければ経験者が優遇されます。

だから、経験や資格があれば積極的にアピールしましょう。

  • 以前同業種のリゾバで任期満了まで4ヶ月働いたことがあります
  • 調理師免許があります
  • ファミレスで3年間バイトした経験があります

リゾート施設としても、完全初心者より経験がある人を採用したいですよね。

もちろん直接的に関係のある職種でなくてもOK!

「ファミレスでのバイト経験→接客経験がある」とみなされます。

最低限のビジネスマナーは身につけておく

合格・不合格以前に社会人としての一般常識がないと、良い求人を紹介してもらえない可能性があるので注意してください。

  • 電話口の声が暗い
  • 敬語が使えてない
  • メール・ラインの返事が遅い
  • ビジネス文章になってない、誤字脱字が多い
  • 身だしなみがリゾート施設の規定に引っかかる

そもそも派遣会社としては、マナーがなってない人に良い求人を紹介しようとは思いませんからね。

自信のない方は、あらかじめビジネスマナーに関する本などを読んでおくことをおすすめします。

髪型、ピアス、タトゥー等…身だしなみに注意

リゾートバイトの求人は大半が接客業、当然身だしなみには厳しいです。

金髪、パーマ、ピアスは、リゾバ施設によって不採用の理由になり得ます。

もちろん「金髪、パーマ、ピアス全部OK!」なんて職場もありますが、求人数はとても少ないです。

あまり見た目にこだわると良い求人を逃してしまうので、あらかじめ留意しましょう。

リゾバの身だしなみ事情に関しては、下記の記事も参照ください。

【リゾバの身だしなみ事情】パーマや髪色は厳しい?ピアス・タトゥーはOK?

なるべく希望シフトは出さない

いくらあなたが良い人材であっても、施設側が求めるシフト時間と希望が合致しなければ採用されません。

大前提として週末や祝日は休めないと思ってください。

また、あまりに希望が多すぎると不合格になる確率が高まります。

希望を出すなら、せめて曜日・時間指定なしで「週5で働きたいです」程度に抑えておきましょう。

少しでも良いリゾバで働きたいなら、ある程度妥協も必要です。

40代以上の方は検索機能を有効活用

出典:リゾバ.com

建前上、大っぴらには年齢制限は書いていませんが、実際には8割以上の求人が30代以下のものです。

だから、普通に応募しても40代以上の方は不採用になる可能性が高い…

そこでおすすめなのが、40代、50代歓迎の求人検索機能です。

年齢制限のない求人に絞って応募すれば、無駄足になるリスクを低減できますね。

面談後はすぐに就業しなくてもOK

「面談後はすぐに働かないといけないの?」

いえいえ、そんなことはありません。

むしろ、働こうと思っている期間がかなり先でも、あらかじめ面談を終えておくことをおすすめします。

■求人が増える期間

  • GWのリゾバ→3月頃〜
  • 夏休みのリゾバ→6月頃〜
  • 秋の紅葉シーズンのリゾバ→8月頃〜
  • スキー場のリゾバ→10月頃〜

リゾートバイトはシーズンの2ヶ月前を目安に求人が増えてきます。

シーズン直前に派遣登録すると、すでに良い求人がなくなっている可能性もあるので注意が必要です。

リゾートバイトするなら働く2ヶ月前を目安に求人を探そう!

おすすめのリゾートバイト派遣会社は3社

順位 特徴
1位 リゾバ.com

求人数はもちろん、高時給、短期、個室など求人の質が高いリゾバ.comはイチオシの派遣会社です。業界最大手なので、とりあえずこちらの求人サイトを登録しておけば良い求人に巡り会えます。
 2位 リゾートバイトならアルファリゾート!

アルファリゾートは拠点が7箇所もあり、手厚いサポートが受けられる派遣会社。就業前後の電話・メールでの定期連絡、さらに実際に職場に来て就業フォローまでしてくれます。
 3位 リゾートバイトダイブ

リゾートバイトダイブは人気リゾバ先である北海道や沖縄など特定地域の求人に強い優良派遣会社です。またスタッフが紹介しているリゾート施設すべてに足を運んでいるので、仕事先の住環境にも詳しく答えてくれます。

※どの派遣会社も無料で利用できます。

詳しくは下記の記事もご覧ください。

統計データで徹底比較!リゾートバイト派遣会社おすすめランキング

まとめ

今回はリゾートバイトの面接事情について解説してきました。

リゾートバイトは基本的に面接・履歴書は必要ありません。

リゾバを始めたいと思っている2ヶ月前を目安に登録しましょう。

派遣会社の面談は合否に関係ないので、リラックスして臨んでください。

ただし、登録されたからと言って、リゾバ施設に採用されるかどうかは別問題。

人気の求人ほど競争率が高いので、少しでもマイナス面があると不合格になります。

ぜひこの記事を参考に、レア求人をGETしてくださいね!

当ブログではリゾートバイトのリアルな情報を発信しています。

ぜひ他の記事も参考にして、楽しいリゾバ生活を送っていただければと思います。

【関連記事】

直接雇用より派遣会社を通すことをおすすめする6つの理由

リゾートバイトってどんな仕事があるの?おすすめの職種は?

1ヶ月以内でもOK!短期リゾバを始める注意点や求人探しのコツ教えます