リゾートバイトでよくある5つのトラブルと対処法教えます

こんにちは、全国各地でリゾバを経験してきた、らくスノです。

リゾートバイトは自宅から通う仕事とは違い、住み込みで働くからこそのトラブルがたくさんあります。

私自身リゾバ先でたくさんのトラブルを経験してきました…

とはいえ、前もって準備しておけば大体のトラブルを避けることができます。

今回はリゾートバイトでよくある5つのトラブルと、その対処法についてお話したいと思います。

この記事を最後まで読めば、もうリゾバ先でトラブルに巻き込まれることはなくなりますよ!

リゾートバイトでよくある5つのトラブル

リゾートバイトでよくあるトラブルは下記の5つです。

  • 人間関係がつらい
  • とにかく寮がひどい
  • シフトカットで給与が減った
  • 仕事がキツい
  • 休みの日にやることがない

仮にトラブルに巻き込まれても、自宅から通うバイトだったらばっくれたらいいだけの話。(本当は良くないですが…)

でも、リゾートバイトの場合、

  • 遠方なので簡単に辞められない
  • 仕事・寮を提供してもらっている手前、文句を言いづらい
  • 期間労働なので相談する人がいない

住み込みならではのトラブルに遭うことも…

次項からは具体的なトラブルの事例と対処法についてお話したいと思います。

人間関係がつらい

リゾバのトラブル原因ナンバーワンといえば人間関係です。

実際、私が取材したリゾートホテルの社長が「ばっくれの原因ナンバーワンが人間関係」とこっそり教えてくれました。

  • 現地社員のパワハラが酷かった
  • 社員が見てないとサボるバイトがいて嫌だった
  • 現地で出会った女性バイトと三角関係になってしまった

職場だけならまだしも、人によっては寮でも顔を合わすわけですから嫌になるのも無理はありません。

しかも知らない土地で相談できるような人もいませんからね…

任期満了率、離職原因を知れば人間関係を改善できる

「そもそも人間関係なんて、実際に現地に行ってみないと分からないんじゃないですか?」

たしかにその通りなんですが、それでもトラブルを回避する方法はあります。

それは派遣会社に任期満了率、離職原因を教えてもらうことです。

たとえば任期満了率が低ければ、そのリゾバ先が何らかの問題を抱えていることが多いです。

  • 現地社員の仕事が忙しく、バイトスタッフを放置気味
  • 「見て覚えなさい」と言わんばかりに、何も教えてくれない女将
  • 現地採用のベテランバイトとリゾバスタッフに軋轢(あつれき)がある

このようにバイトスタッフへの教育体制ができていないリゾート施設もありますからね…

離職率、離職原因を知れば、ブラックリゾバに当たることもありません。

また、現地で人間関係に悩んでいるなら派遣会社のスタッフに相談するといいですよ。

トラブルが解消するようリゾート施設に相談したり、場合によっては配置換えしてくれることもあります。

とにかく寮がひどい

人間関係の次に多いトラブルが寮に関するものです。

  • 隙間風が寒い
  • どこからともなく虫が湧く
  • 電波がなくてスマホが使えない
  • 周辺にコンビニ・スーパーがない
  • 寮から仕事先までバスで30分かかる

こんな寮に2ヶ月も住むとなったら、途中でばっくれたくなる気持ちも理解できますよね。

私自身、現地に着いてから寮の酷さに絶望したことがあります(笑)

メール・電話で生活環境を確認

あらかじめメール・電話で生活環境を確認しておくと、現地に着いてから後悔することもなくなります。

  • 寮の部屋の写真を見せてもらえますか?
  • 寮が原因で離職(ばっくれた)した人はいますか?
  • Wi-Fiは完備してますか?
  • 近くにコンビニ・スーパーはありますか?
  • 寮から職場までどのくらいかかりますか?

もちろん完璧な寮などないので、ある程度の妥協は必要です。

でも、あらかじめデメリットを理解していれば、

  • Wi-Fiないから、ポケットWi-Fi契約しておこう!
  • コンビニはないけど、アマゾンプライムが使えるからOK!
  • 寮から職場まで遠いけど、運動だと思えば大丈夫!

など準備もできますからね。

リゾートバイトでWi-Fi環境は必須?求人を選ぶ際の注意点も教えます!

シフトカットで給与が減った

たとえば1日8時間、週5日稼働で1,200円のリゾバに採用されたとします。

8時間×20日間(1ヶ月)×1,200円=月給192,000円

「やった!月給192,000円ももらえるぞ!」と思ったら大間違いです。

  • 感染症の影響で観光客が激減
  • 台風が通過するので臨時休業
  • 団体客のキャンセルで暇になった

経営側としてもこんな状況ではシフトカットせざるを得ませんからね…そうなると当然給与は減ります。

お金を貯めたい人にとってシフトカットは死活問題ですよね。

最低給与保障を活用しよう

そもそも派遣会社では給与の最低保障額というものが定められているので、その金額を下回った場合は休業手当をもらうことができます。(給与の60%が休業手当として受け取れる)

また、ご自身でもシフトカット対策はできます。

  • 派遣会社を通す
  • 大規模なリゾート施設を選ぶ
  • シフトカットされにくい職種を選ぶ
  • 繁忙期の求人を選ぶ
  • 副業・ダブルワークする

そもそも台風が来てるのに「なんで休業するんですか!」なんてオーナーに言えませんからね(笑)

だから、あらかじめシフトカットされる前提で仕事を選ぶといいですよ。

リゾートバイトってシフトカットされるの?給与が減った時の対処法は?

仕事がキツい

私も以前、高時給に惹かれて荷下ろしという特殊なリゾバを経験したことがありますが、めちゃくちゃハードでした。

結局、任期満了時に残ったバイトは半数でしたからね(笑)

また、リゾートホテルで働いた友人は、仕事以上に客の理不尽なクレームに悩んだといいます。

簡単に辞めることができないからこそ、ハードモードな仕事はつらいです。

時給だけで仕事を選ばない

すべての仕事がそうだとはいいませんが、だいたいどのリゾバでも

  • 時給が高い=仕事がきつい
  • 時給が低い=仕事が楽

という法則が当てはまります。

時給を決めるのは需要と供給のバランス。

何もしなくても人が集まってくる人気のリゾート施設で、わざわざ時給を上げる必要はないですよね。

逆にいえば、仕事がきつくて人が集まって来ないから時給を上げているという側面もあるわけです。

だから、ある程度経験を積んだ職種ならともかく、最初は時給が低い仕事を選んだほうが現場で後悔する可能性は減ります。

仕事のキツさだけじゃない!高時給なリゾートバイトその意外な理由とは

休みの日にやることがない

リゾートバイトの休みは予想以上に暇です。

ダイビングやスキー・スノボなど、特定の趣味をやるためにリゾバするなら別です。

私自身、リゾバしながらスノボのインストラクターになりましたからね。

でも、特定の趣味や目標がない方は、あらかじめ休日の過ごし方を考えておかないと後悔することになります。

「リゾート地なんだから、アクティビティとか観光する場所があるでしょ?」

いえいえ、私も海の家で働いてましたが、釣りやサーフィン・ボディーボードやってなかったので数日で飽きました(笑)

かといって、休みのたびに観光してたらお金がかかりますからね。

Wi-Fiは必須!副業で稼ぐこともできる

まずゲーム、You Tube、ネットフリックス…何をするにもWi-Fiは必須。

寮選びの項でもお話したとおり、必ずWi-Fi完備の寮かポケットWi-Fiを持参したほうがいいです。

また、最近は休みを使って副業する方も多いですよ。

  • WEBライター
  • ブログ・You Tube
  • プログラミング
  • 動画編集
  • イラストレーター

これらの仕事はどこに住んでいてもできますからね。

また、資格取得のための勉強をしている方や、将来の留学やワーホリのために英会話のオンラインレッスンされている方もいます。

暇を持て余さないために!リゾートバイト休日の過ごし方7選

契約途中で辞めるとデメリットしかない…リゾバ選びは慎重に!

リゾートバイトは途中で辞めると、

  • 交通費が自腹になる
  • 次回良い求人を紹介してもらえない

などデメリットしかありません。

前述の通り、リゾバのトラブルはある程度準備することで予防できます。

くれぐれも「友達に誘われてなんとなく」「勢いで応募してしまった」なんてことがないように注意しましょう。

リゾバを途中でばっくれるとどうなる?働いた分の給与はもらえるの?

おすすめのリゾートバイト派遣会社は3社

順位 特徴
1位 リゾバ.com

求人数はもちろん、高時給、短期、個室など求人の質が高いリゾバ.comはイチオシの派遣会社です。業界最大手なので、とりあえずこちらの求人サイトを登録しておけば良い求人に巡り会えます。
 2位 リゾートバイトならアルファリゾート!

アルファリゾートは拠点が7箇所もあり、手厚いサポートが受けられる派遣会社。就業前後の電話・メールでの定期連絡、さらに実際に職場に来て就業フォローまでしてくれます。
 3位 リゾートバイトダイブ

リゾートバイトダイブは人気リゾバ先である北海道や沖縄など特定地域の求人に強い優良派遣会社です。またスタッフが紹介しているリゾート施設すべてに足を運んでいるので、仕事先の住環境にも詳しく答えてくれます。

※どの派遣会社も無料で利用できます。

詳しくは下記の記事もご覧ください。

統計データで徹底比較!リゾートバイト派遣会社おすすめランキング

まとめ

今回はリゾートバイトでよくある5つのトラブルと、その対処法についてお話しました。

遠方のリゾート地という特性上、自宅から通うバイトとは比べ物にならないくらいトラブルが増えます。

しかも、簡単に辞められないし、かといって腹を割って相談できる人もいませんからね。

とはいえ、あらかじめ準備しておけば予防できることも多いです。

ぜひ当ブログの記事を参考に、リゾバする前に準備いただければと思います。

【関連記事】

リゾートバイトの始め方!仕事探しから働くまでの流れを詳しく解説します

リゾートバイトってどんな仕事があるの?おすすめの職種は?

人気のリゾートバイト地域ランキング!おすすめの場所も教えます!