無名ブロガーでも売れる!有料ノートを販売する戦略を公開します

この記事はこんな方によく読まれています

  • 有料ノートを書いたけどまったく売れない…
  • 無名ブロガーでも有料ノートを販売する戦略はあるの?
  • 有料ノートを売る具体的な方法が知りたい!

こんにちは。 

一日1~2時間の作業で月20万円前後の収益を得ている副業ブロガー。

「ニッチジャンルで安定的に稼ぐブログ理論」を提唱しているユキスキです。

ノートという無料ブログサービスは、記事を有料販売できるという機能がうけてシェアを拡大してきました。

とはいえ、「大半の人は売れない」というのが本音ではないでしょうか。

まぁ考えてみれば当たり前なんですよね。

あなたがインフルエンサーならともかく、無名ブロガーの有料記事なんて普通に考えたら誰も買いません。

でも、私のような無名ブロガーでも、戦略的に販売していけば1,600円の有料記事だって売ることができるのです。

実際私は下記の記事を有料ノートで販売していますが、公開から5ヶ月で3万円ほどの収益を得ています。

この記事を最後まで読めば、無名ブロガーが有料記事を販売するとっておきの方法を知ることができます。

無名ブロガーが有料ノートを販売する戦略とは

はじめに、私の有料記事の販売実績を紹介したいと思います。

冒頭でお話しした通り、公開から5ヶ月で約3万円の収益を得ています。

これが多いか少ないかはご覧頂いているみなさんの判断にお任せしますが、まったくの無名ブロガーが書いた記事としてはよく売れているほうではないでしょうか。

だって、まったく知らない人が書いた有料ノートなんて、普通買わないですからね(笑)

有料ノートを販売するには信用と露出が重要

有料ノートを販売するには、ある大前提を理解しておく必要があります。

それは、「信用がないと誰も有料ノートを買ってくれない」ということです。

たとえば、あなたが小説を書いたとしましょう。

当然ながら発売しても誰も買いません(笑)

逆にまったく同じ内容でも、村上春樹氏の書き下ろしってだけでバカ売れしますよね。

では、いったい何が違うのか。

それはあなたと村上春樹氏の信用の違いにほかなりません。

また、有料ノートを販売するにあたって、記事の「露出」を増やすことも重要です。

当然、無名ブロガーには知名度がありませんので、別の方法で有料記事の露出を増やす必要があります。

WEB商品の購入率は3%前後といわれています。

要は100人集客しても、3人しか購入してくれないんですよ。

だから、確率論でいっても、たくさんの読者を集めなければ有料ノートを販売することができません。

有料ノートを販売する7つの戦略

私は「信用」「露出」を念頭に置きながら、7つの戦略を実行しました。

  1. ある程度需要があり普遍的な内容を扱う
  2. 記事の半分を無料公開する
  3. 特化型ブログを構築
  4. 内部リンクで誘導
  5. 文字数を増やす
  6. SNSを併用する
  7. 安い金額から値上げしていく

もちろんすべてを実行する必要はありませんが、できそうなことから順番に試してみてください。

次項から、7つの戦略について具体的にお話ししたいと思います。

ある程度需要があり普遍的な内容を扱う

  • 「DIYで椅子を作る方法」
  • 「30代のモテる恋愛テクニック」

どちらのほうが需要があるか明確ですよね。

当然ながら、需要が少ない記事は購入されません。

また、需要があっても、一過性の内容だと継続して販売することができません。

無名ブロガーなら、「太く短く」よりも「細く長く」収益を得られるロングテール戦略が有効。

10年経っても通用する有料記事を書くことをおすすめします。

■10年経っても需要があるジャンル

  • 恋愛・結婚
  • 仕事
  • お金全般
  • 人間関係の悩み

ちなみに、記事の需要はグーグルキーワードプランナー(無料)で、ある程度知ることができます。

記事の半分を無料公開する

ほとんどの方は、課金しないと記事が読めないようになっていると思います。

でもね、すでに信用を築いているインフルエンサーならともかく、無名ブロガーがこれをやってもぜったい売れないです。

  • 内容の分からない映画をいきなり見に行きます?
  • 読んだことのないマンガを表紙だけ見て買います?

前項でもお話しした通り、人は信用がないものに課金しないんですよ。

とはいえ、無名ブロガーがその場で信用を築くのは不可能。

だから、無名ブロガーが有料記事を売りたいなら、思い切って半分公開しちゃったほうがいいです。

要はマンガでいう立ち読みみたいなものですね。

これは、別に私が考え出したわけではなく、昔からある宣伝手法です。

実際キングコングの西野亮廣さんは、著書をWEB上で断片的に無料公開しました。

結果的に著書は10万部を超える大ヒット。

当然「無料公開部分で満足してしまう」というリスクもありますが、少なくてもすべて有料にするよりは購入してもらえる可能性がアップしますよ。

あと、実際私の有料ノートを読んでいただくと分かりますが、

  • 具体的な方法は有料部分で解説します
  • さらに具体的な方法については、有料ゾーンでお話します

などなど…

半分公開しつつ、肝心な部分は伏せるという手法も有効ですね。

特化型ブログを構築

有料記事単発では集客に限界があります。

そこで、特化型ブログを構築し見込客を集めることが、有料ノートを販売するうえで重要な要素になってきます。

たとえば、「三十代がモテる方法」という有料ノートを販売したかったら、

  • 三十代のファッション
  • 三十代のデートスポット
  • 三十代のおすすめ時計
  • 三十代のモテる職業
  • 三十代のモテる車
  • 三十代の平均年収

こういった無料記事で見込客を集めます。要は客寄せ記事ですね。

ただし、集客のための無料記事は、当然ながら有料ノートに関連したことでなくてはいけません。

特化型ブログはSEOにも良い効果を発揮します。

もちろん、同ジャンルの記事が多ければ多いほど売れやすいですが、難しいようであれば、まず10記事くらいの記事群を作ってみましょう。

内部リンクで誘導

前項のように、記事群を作ったら内部リンクで誘導しましょう。

私の場合は、ノートのトップページと各ページの記事下に内部リンクを貼って、見込客を誘導してます。

また、ノートとは別に運営している当ブログの記事下にもリンクを貼っています。

こうやって、いろいろな場所から動線を貼っておけば、集客はもちろんSEO的にも良い効果を発揮します。

文字数を増やす

文字数を増やすことによってお得感を演出するイメージ戦略ですね。

実際私の有料記事も20,000文字を超えています。

たとえば、スーパーで3個100円のチョコレートと、6個100円のチョコレート。

どちらのほうが客の興味を引くかは明白です。

ブログも一緒。

内容はともかく、6,000文字1,000円の記事と、20,000文字1,000円の記事だったら、20,000文字のほうがバリュー(価値)がありそうですよね。

そもそも今のSEO対策だと、長文記事は敬遠されます。

なぜなら、最後まで読まれないからです。

でも、無名ブロガーの有料記事を上位表示させるのは難しいので、それならいっそのこと長文を書いたほうがバリューを演出できますよ。

SNSを併用する

実は有料記事は検索エンジンよりSNSとの相性のほうがいいです。

実際、執筆時点で私のTwitterには250フォロワーしかいませんが(笑)

定期的に有料記事の宣伝ツイートするだけで何冊か売れていきます。

だから、Twitterやインスタを運用してない方は、今すぐ始めたほうがいいですよ。

250フォロワーくらいなら誰でも達成できる数字だと思います。

もちろんフォロワー数は多いに越したことはないですが、たとえ少ない人数でも「露出」を増やすことが重要です。

私のTwitter

安い金額から値上げしていく

ビジネスモデルとしては昔からある戦略ですが、安い金額から販売していくというのも「露出」を増やすために有効な手段。

当然ながら、1,000円より100円のほうが売れやすいですからね。

まずは、本来自分の販売したい金額より値引きして提供します。

そうすることで、

  • 購入した方がSNSで批評を呟いてくれる(露出を増やす)
  • 販売実績になる(信頼獲得)

2つのメリットを享受できます。

もちろん、内容に自身があればあるほど安価に販売することに抵抗があるかもしれませんが、とにかく実績を作らないと話になりません。

内容さえ良ければ、いずれ値上げして値引き分は取り戻せます。

まずは、期間限定のバリュープライスで販売してみることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後に今回の記事をまとめてみたいと思います。

①有料ノートを販売するには「信用」と「露出」が重要

②有料ノートを販売する7つの戦略

  1. ある程度需要があり普遍的な内容を扱う
  2. 記事の半分を無料公開する
  3. 特化型ブログを構築
  4. 内部リンクで誘導
  5. 文字数を増やす
  6. SNSを併用する
  7. 安い金額から値上げしていく

→「信用」と「露出」を増やす戦略を取れば、無名ブロガーの有料ノートでも売れる。

 

様々な有名ブロガーさんが有料記事を販売してますが、自分の商品を持つことはリスクヘッジになります。

たとえば、ASPやアマゾン・楽天アフィリエイトの商品は、広告がなくなる可能性もあるわけです。

でも、有料ノートは突然広告がなくなるというリスクがありません。(ノート自体のサービスがなくなったら、別のサービスに移行すればいいだけですから。)

「自分なんかが書いても売れない…」なんて言わず、ぜひ有料記事を書いてみましょう。

ではでは、さようなり~


スポンサーリンク




ライバル不在のニッチなジャンルで継続的に10万円を稼ぐブログ理論(有料ノート)

少ない作業時間でも収益をあげることができるブログ運営理論です。

今回、5年間ブログを運営してきて、自分の理論に自信が持てたので有料で公開することにしました!(前半の8,000文字は無料で読めます。)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

38歳サラリーマンで1児の父。会社での給与がなかなか増えないので、小遣い稼ぎのつもりでブログを開始する。「ニッチブログで小さく稼ぐ理論」を提唱しており、現在はGoogleアップデートの影響を受けづらくライバルが少ないジャンルで月間20万円前後を安定的に稼ぎ出しています。