特化ブログと雑記アフィリエイトするならどちらがおすすめ?

こんにちは。

一日1~2時間の作業で月20万円前後の収益を得ている副業ブロガー。「ニッチジャンルで安定的に稼ぐブログ理論」を提唱しているユキスキです。

ゆき子
アフィリエイトを始めるにあたって、特化ブログにするか、それとも雑記にするか悩みます…
ユキスキ
では、今回は特化ブログと雑記、どちらがアフィリエイト向きかについてお話したいと思います

前回の記事でお話しましたが、ブログジャンルは特化と雑記に大別されます。

特化ブログはサッカーならサッカーだけを扱った専門ブログ。雑記はその名の通り、日記や世の中のトレンドなど、ジャンルにとらわれず様々な記事を書くブログです。

趣味ならいざ知らず、アフィリエイトで稼ごうと思ったら、特化ブログにするか雑記にするかが重要な問題になってきます。

ずばり、副業にするなら特化ブログと雑記どちらの方がいいと思います?

アフィリエイトするなら雑記より特化ブログがおすすめ

ゆき子
ユキスキさん、雑記と特化ブログどちらがおすすめですか?
ユキスキ
ずばり、アフィリエイトするなら特化ブログがおすすめです

結論から申し上げると、アフィリエイトで稼ぐなら、断然特化ブログがおすすめです。

もちろん、私の勝手な思い込みではなく、ちゃんと数字的な裏付けもあります。

私は現在、ワードプレスで雑記ブログと複数の特化ブログを運営しております。

最初に始めたのが特化ブログで、きっかけは自分がその分野のスペシャリストだったからです。

その後、あまりに専門分野に特化しすぎて他ジャンルのことが書きづらくなったので、ガス抜きで雑記ブログを始めました。

その2つのブログ運営を経験して、特化ブログが優位だと感じたのが以下の5点です。

  1. 雑記より特化ブログの方が集客できる
  2. 内部リンクを貼りやすい
  3. SEOに強い
  4. SNSで集客しやすい
  5. ペルソナ(ターゲット)を絞りやすい

次項から順番に深堀していきます。

雑記より特化ブログの方が集客できる

雑記より特化ブログの方が集客しやすいです。

当然、アフィリエイトするなら、集客できたほうがいいですよね。

論より証拠ということで、実際に私が運営しているブログの、開始2ヶ月目と3ヶ月目のPV数(閲覧数)を比較してみましょう。

画像1

まず、雑記ブログのPV数の変遷をみてみましょう。開始2ヶ月目の4月で月間299PV、開始3ヶ月目の5月で349PVです。

他のブログの平均がどのくらいか分かりませんが、開始して3ヶ月なのでこんなもんかぁ…と思いたいところですが、次にご紹介する特化ブログのPV数を見るとあ然としますよ(笑)

画像2

…はい、開始2ヶ月目の12月で2,481PV、開始3ヶ月目の1月ではなんと9,598PV!雑記は、特化型ブログの2ヶ月目の数字にも到達していません。

これ何が凄いかって、最初に始めたのは特化ブログなんです!

ユキスキ
なんで最初に開設したブログのほうが集客できてるんだ(笑)

ここまで集客に違いが出る原因はなんでしょうか?

だって、SEOやキーワード選定・文章力などのスキルでいったら、後から始めた雑記ブログの方がスムーズに集客できていいはず…

それこそ、最初に始めた特化ブログなんて、初期の記事は目を覆いたくなるほど文章が下手(笑)

ちなみに、雑記・特化ブログ共に週2記事ペースで書いていたので、記事数の違いではありません。

ユキスキ
記事数だけで集客できるわけないですしね

雑記ブログも、ガス抜きとは言え、内容の薄い記事なんて一切書いてないつもりです。

でも、なんで特化ブログの方が集客しやすいのでしょうか?

それも順を追って説明していきます。

内部リンクを貼りやすい

内部リンクを貼ることによって、読者がブログ内の関連記事を読んでくれるようになります。

当然、ブログ内の巡回率が上がるので、SEO施策としても有効です。

内部リンクとは

記事内に、同じブログ内の別記事のリンクを貼ること。

たとえば「サッカー ドリブル」のキーワードで訪れた読者が、「サッカーのフェイントのコツ」なんて内部リンクを見つけたら、思わずクリックしますよね。

ジャンルに特化していると、関連記事が多いので内部リンクが貼りやすくなります。

また、巡回率が高いと、アフィリエイトでも有利に働きます。

ファーストセッションで購入に至らなくても、次のページ以降で物が売れる確率が高くなるからです。

しかし、雑記の場合は関連する記事が少なくリンクが貼りづらい。結果、巡回率も低い傾向にあります。

※ちなみに、巡回率(直帰率)はアナリティクスで確認できます。

SEOに強い

毎回タイトルや本文に「サッカー」とか「ドリブル」なんて言葉が入っていると、検索エンジンが「このブログはサッカーに特化しているな」と判断してどんどんSEOが強化されます。

SEOとは

検索エンジン最適化のこと。要は検索順位を上げるための施策です。

あなただってそうですよね。サッカーが上達したいという小学生がいたら、しっかりした専門書やハウツーDVDを勧めるはず。

検索エンジンもいっしょ。仮にまったく同じ内容だったら、特化ブログの記事が優先されます。

SNSで集客しやすい

特化ブログはSNSで集客しやすいです。

毎回「鉄道」のブログ記事をSNSにもアップしたら鉄道好きと繋がりやすいし、「ディズニー」だったらディズニーファンが集まりますよね。

そもそも、記事をアップしても、検索上位に表示されるまで時間がかかります。

だから、ブログとSNSを連動させることによって、初期段階のアクセスを増やす効果があるんですね。

また、SNS内においてブログが言及されることでSEOが強化されます。(サイテーションと言います)

サイテーションとは

「ユキスキブログいいよね~」なんて誰かがつぶやくと、「ユキスキブログってのが話題らしい」と検索エンジンが評価し、上位表示してくれるというわけです。

逆に雑記の場合、よほどイケメン・美女とか読者を魅了するような特技がないと、なかなかフォロワーを増やすのは難しいですね。

ペルソナ(ターゲット)を絞りやすい

特化型ブログはペルソナ(ターゲット)を絞りやすいです。

子育てブログなら20代後半~30代になるでしょうし、副業ビジネス系なら30~40代と、メインターゲットを絞ることができるんですね。

ペルソナ設定がしっかりしていると、共感を得やすく、自然にファンが増えてきます。

また、リアルな店舗と一緒で、ターゲットを絞るとセールスしやすいというメリットもあるのです。

逆に雑記だと、毎回「子育てだ」「ビジネスだ」なんて記事の内容が違うと、ペルソナ設定しづらい…

やはり収益化したいなら、ある程度ターゲットは絞るべきですね。

特価ブログのデメリット

ゆき子
特化ブログが雑記より有利なのは分かりましたが、デメリットはないんですか?
ユキスキ
最大のデメリットがネタ切れです

特化ブログのメリットばかりお話してきましたが、当然デメリットもあります。

ネタ切れ

シンプルにして最大の弱点がネタ切れです(笑)毎日同じジャンルのネタばっかり書いていれば、いつかはネタが尽きます。

その点、雑記はなんでも書けるので、ネタに困ることはありません。

そのジャンルで100記事くらいお役立ち情報を発信できる自信があればいいですが、それが難しいようなら、3ジャンルくらいに広げてみてください。

でもね、特化型ブログってネタが尽きてからが勝負だと思うんですよ。

本当に考えてひねり出した記事っていうのは、同ジャンルのライバルが思いつかない内容が書けます。

つまり、いい記事が書けるチャンスなんです。

ネタが尽きた時に踏ん張れるかどうかが、ブログで成功する人と失敗する人の分かれ道ですよ。

特化ブログは楽しくない

特化ブログは、収益を意識するとどんどんつまらなくなってきます(笑)言うまでもなく、自己満足な記事を書いても売上は上がりませんからね。

収益至上主義でやっていると、趣味というより仕事に近い感覚になります。

特に私が運営している特化型ブログは個人の感情的な要素を廃しているので、いくら好きなジャンルとは言え、楽しいかと言われれば微妙な時もあります。

ですので、何をもって自分が楽しいと思えるかですね。

ここはPV数や収益が上がることを楽しみとする思考にして、割り切るしかありません。

雑記でアフィリエイトする場合の戦略

ゆき子
ユキスキさん、それでも雑記がやりたいんですが…
ユキスキ
それなら、ポイントだけ抑えておきましょう

誤解を与えたかもしれませんが、雑記だからアフィリエイトで稼げないというわけではありません。

実際、雑記で月収100万円以上の収益を得ている方もたくさんいます。

ただし、ある程度ポイントは抑えておかなければいけません。

■情報の柱を作る

闇雲に情報を発信するのではなく、ある程度情報の柱は作ておきましょう。

  • 子育て男子の雑記
  • 30代ビジネスブロガーの雑記
  • 女子大生ブロガーの雑記

たとえば、こうやって情報の柱を決めておくと、「子育て男子の旅行」「子育て男子のご飯」など、統一感が生まれますよね。

■ファンを増やす

なぜ、アメブロの芸能人ブログがたくさんの人に読まれるかわかりますか?

ずばり、有名人だからです。

同じように、ブログもある程度ファンを確保すれば、収益化することは可能です。

そのためには、ブログだけでなくSNSにもコミットしましょう。

■ジャンルをできる限り絞る

大前提として、ブログは狭く深いジャンルの方が成功しやすいです。なぜなら、広くて浅いジャンルは大手メディアが強いから。

だから、雑記とはいえ、できる限りジャンルを絞る方が望ましいです。

まとめ

ゆき子
やっぱり雑記やめて特化ブログにしようかな?
ユキスキ
そうですね、せめてジャンルを絞ることをおすすめします

最後に今回の記事をまとめてみたいと思います。

①雑記より特化ブログの方がアフィリエイトに向いている理由

  • 雑記より特化ブログの方が集客できる
  • 内部リンクを貼りやすい
  • SEOに強い
  • SNSで集客しやすい
  • ペルソナ(ターゲット)を絞りやすい

②デメリット

  • ネタ切れ
  • 楽しくない

③それでも雑記を始めるなら

  • 情報の柱を作る
  • ファンを増やす
  • ジャンルをできる限り絞る

いかがでしたでしょうか。

というわけで、これからブログでアフィリエイトを始めようと思っている方には、特化ブログをおすすめしたいと思います。

言わずもかな、この違いを見たら雑記を始める気が失せますよね(笑)

やっぱりブログはPV数や収益がモチベーションですから、私も最初に雑記を始めていたら心が折れていたかもしれません。

中には日記で月間10万PVを超えるブロガーさんもいますが、よほど文章力がないと集客できないでしょう。

というわけで、次回はアマゾン・楽天アフィリエイトで10万円稼ぐ具体的な方法についてお話ししたいと思います。

ではでは、さようなり~


スポンサーリンク




ライバル不在のニッチなジャンルで継続的に10万円を稼ぐブログ理論(有料ノート)

少ない作業時間でも収益をあげることができるブログ運営理論です。

今回、5年間ブログを運営してきて、自分の理論に自信が持てたので有料で公開することにしました!(前半の8,000文字は無料で読めます。)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

38歳サラリーマンで1児の父。会社での給与がなかなか増えないので、小遣い稼ぎのつもりでブログを開始する。「ニッチブログで小さく稼ぐ理論」を提唱しており、現在はGoogleアップデートの影響を受けづらくライバルが少ないジャンルで月間20万円前後を安定的に稼ぎ出しています。