良質な記事を書けなくて悩んでる方、人生経験書いてみれば!?【ブログの書き方】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

いや~日々良質な記事を書くどころか、ブログネタに枯渇する毎日を送っておりますが(笑)

今回は「簡単に良質な記事を書くことができる方法」についてお話ししようと思います。

はっきり言って私のような薄っぺらい人間が読者を感心させる記事を書くなんて、本来はどだい無理な話なんです。

しかし、一つだけ知識がなくても簡単に良質な記事が書ける方法があります。

良質な記事を書く方法とは

では、ためになる文章、役に立つ文章を書くにはどうすれば良いのでしょうか?

それは、自分の人生経験を記事にすることです。

ストーリーズというサイトをご存知でしょうか。

様々な方の人生経験をまとめたサイトですが、特質すべきはほとんどの記事を一般のユーザーが書いている点です。

内容は病気を克服した話だったり、就活の話だったり十人十色。

これがどの話もめちゃめちゃ面白い!

事実は小説よりも奇なりと言いますが、まさにその通りだと思います。

しかも、それは特定の人だけにあった特別な体験ではなく、ご覧いただいてる方皆さんにあるはずなんです。

自分自身で体験したからこそ、たとえ素人でもその時の状況や心理状態をリアルに表現できて、読者の役に立つ記事を書くことができます。

では、具体的にどのような体験を記事にすれば良いのでしょうか?

次項から具体的に解説させていただきます。

失敗談

皆さんは「しくじり先生」というTV番組をご存知でしょうか。

毎回様々なしくじりを犯した先生と呼ばれる有名人が登場して、失敗した原因や予防策を講義するのです。

人生って失敗から学ぶことが多いと思いませんか?

読み手としては、失敗を経験しなくても教訓とすることができますよね。

良質な記事とは、まさにこういうことだと思います。

成功体験

失敗があれば、成功もあるはずです。

「受験で志望校に合格した!」

「営業成績が全国でトップになった!」

「憧れの先輩と結婚できた!」

また、成功に至る経緯や、困難をどう乗り越えて来たかというのも重要ですね。

そういった経験は、今現在悩んでいる方やこれから挑戦する人にとって、とても有益な情報となりうるのです。

克服体験

困難に立ち向かって克服した話。

誰しも心が揺さぶられると思います。

私は10年間付き合って婚約していた彼女に浮気されて、入籍当日に別れた経験があります。

自分で言うのもなんですが、恋愛や浮気で悩んでいる方、この克服体験の記事があったら読んでみたいと思いませんか?

10年間付き合った婚約者に浮気されて死のうと思った話【浮気や不倫されたときに立ち直るための4箇条】

失恋以外にも、勉強や仕事、病気の困難を克服した経験って誰しも1つはお持ちでないでしょうか。

飲み屋で同僚や友達にする話でいいのです、ぜひブログ記事にしてみてください!

きっと誰かの役に立つはずです。

トラブル体験

5年ほど前、いつものように社有車で客先へ向かっている時の話です。

国道を走っていた私の車に接触するくらい強引に割り込んできた車がありました。(その車は左折で侵入してきました。)

急ブレーキでなんとか回避しましたが、思わず目の前の相手を威嚇するようなクラクションを何度か鳴らしてしまったんです。

はい、その後のオチはだいたいおわかりでしょう(笑)

信号が赤に変わりお互い停止した瞬間、絵に書いたような怖いお兄さん2名が私の車の方に!

こういう時どうしたらいいかわかりますか?

絶対に外へ出てはいけません、外から開けられないようにすぐに鍵をかけましょう(笑)

そもそも何も考えず煽るようなクラクションを鳴らした私も悪いのですが…

結局怖いお兄さん達は、威嚇しただけで去っていきましたが、車に乗られる方にとっては参考になるエピソードだと思います。

車だけでなくご近所トラブルやお金のトラブル、皆さん一つはお持ちだと思います。

こういった体験談はいくつあっても参考になりますね。

変わった経験

「仕事で悩んでいた私の枕元で、亡くなった祖母の霊が語りかけてきた話」

「仕事を辞めてカナダにオーロラを見にいった話」

「学生時代に遺跡発掘のアルバイトをしていた話」

どれもタイトルを聞くだけで読んでみたくなりませんか。

変わった経験は、誰しも気になる話題なんです。

こういった体験は、学歴や知識を問わず誰もが持っていると思います。

少しでも変わった経験をしたら、とりあえず書いてみましょう!

きっと面白い記事が書けるはずです。

高い買い物をした経験

家電、車、家など高い買い物ほど購入に悩みますよね。

私は家電を購入するとき、ひたすら口コミを見ます。

「想像以上に音がうるさかった」

「重くて移動が大変だった」

そういった口コミを参考にして買うと、あとから後悔することが少ないですから。

家を買うときなんて、それこそ

マンション?戸建?

狭い駅近?広い郊外?

騒音問題は?ご近所付き合いは?

等々…

自分自身ブッ倒れるんじゃないかと思うくらい悩みました(笑)

でも、様々な体験談をブログで拝見し、随分助けられたものです。

だから、こういった体験談は無限にあっても良いと思うのです。

皆さん高い買い物は失敗したくないですからね、私にとってこういった体験談は全て良質な記事です

賃貸それとも持家?私がマイホーム購入を決意した事件とは!?【戸建購入奮闘記①】

たいした人生経験がない…

「平凡な人生なので面白いエピソードなんて無いです…」

いえいえ、そんな事ないはずです。

ちょっと視点を変えて考えてみましょう。

例えば、田舎に住んでいるブロガーさんがいるとします。

「大きな人参が採れた」

「野生のイノシシに遭遇した」

都会暮らしの方にとっては、そんな日常のエピソード自体が”貴重な経験”たりえるのです。

逆もまた然り、都会の暮らしは田舎暮らしの方にとっては興味の対象です。

「ベッドタウンの何もない団地ですが…」

それは経験してないのではなく、経験しようとしてないだけです。

地元の扱った情報誌などがあれば見て下さい。

知らないお店やスポットがたくさん掲載されていませんか?

何もない場所なんて絶対ありません。

時には、近所の野良猫と戯れたことでさえ記事の対象になります。

まずはアンテナを張り巡らせ、自分が何かを経験できるようにすることから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

すでにインターネットでは様々な情報が氾濫しています。

あくまで主観ですが、検索するとカテゴリーによっては同じようなサイトが延々と表示され、供給過剰状態にあるのではないかとさえ感じます。

しかし、「恋愛」だったり「仕事」の体験談についてはいくらあっても良いと思うのです。

だって1000人いたら1000種類の体験談があるわけですから。

実際私も家を購入する時には、購入体験記的な記事を大量に読みあさりました(笑)

今この時間も、ご覧頂いている方が体験してきたことで悩んでいる人がいるかもしれません。

ぜひ需要がないなんて思わずに書く事から始めてください。

こういった活用方法が、ブログの本来あるべき姿の一つではないかと思います。

参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東京在住、元スノーボードインストラクターという一風変わった肩書きを持つ35歳のサラリーマンで、子育てと父親のあり方について考える子育てプロデューサー。 独身時代から多趣味なことが災いし、子どもが生まれたあともしばらくは自分中心の生活を続けていましたが、ある出来事をきっかけに改心して、今では娘と過ごす時間を一番に考え充実した毎日を過ごしています。