スマホ子育て、スマホ子守りの影響と問題点を幼児の親として考える

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

スマートフォンの普及にともない、子どもの使用方法について問題になって久しいですね。

SNSでの出会い系やいじめ、動画共有サイトやゲーム依存等…様々な問題があります。

こと育児や教育にスポットを当てると、果たしてスマートフォンが子育てにどういった影響を与えるのでしょうか?

今回は3歳の娘を持つ親として、スマホ子育て、スマホ子守りの影響と問題点を考えてみたいと思います。

日本小児科学会が発表したスマホ子守りに対する警鐘とは

  • ムズがる赤ちゃんに子育てアプリで答えることは、赤ちゃんの育ちをゆがめる可能性があります。
  • 親も子どももメディア機器接触時間のコントロールが大事です。親子の会話や体験を共有する時間が奪われてしまいます。
  • 親がスマホに夢中で、赤ちゃんの興味・関心を無視しています。赤ちゃんの安全に気配りが出来ていません。

出典:日本小児科学会ホームページより

日本小児科学会としては上記の点に警鐘を鳴らしています。

私も同意見です。

皆さん冷静に公園を眺めてみてください。

子どもが遊んでいるのに親はベンチでスマホを見ている。

公園ではなくても最近はどこでも見られる光景ですが、違和感を覚えるのは私だけでしょうか。

スマホ子育て、スマホ子守りはとても楽なんです

このブログは批評・批判を避けようと思っていたのですが、今日はあまりに腹が立ったので書いちゃいます(笑)

今朝、何の気なしにテレビを付けたところ、情報番組の解説者が日本小児科学会発表のスマホ子守りの警鐘に対して「子育てアプリを見せること以外、スマホ関係ないだろう」と発言していました。

いやいや、何十万、何百万という人が見ているTVでこういう無責任な発言をしてはいけません。

なぜなら、少なくてもスマホが普及する前の時代にはこんなこと絶対になかったんですから。

新聞見ながらベビーカー押す親がいましたか?

絵本を幼児に渡して、自分の作業に没頭する親がいましたか?
そして、子どもを持つ親なら絶対分かるはずです、スマホを見せると子守りがめちゃめちゃ楽なことを!

例えば、電車の中でギャン泣きしててもスマホを見せると泣き止むんです。

家でスマホゲームをやらせると自分の仕事(掃除、洗濯等)がはかどるんです。

この依存性がスマホ子育て、スマホ子守りの問題点なんですよ。

このメディアリテラシーが低い解説者は、おそらく子どもがいないか子育てしたことがないのだと感じました。

スマホ子育て、スマホ子守りの問題点とは

ではスマホ子育て、スマホ子守りの問題点とはなんでしょうか。

広義では2つあります。

  1. 子どもと触れ合う時間が減る。
  2. 子どもの安全が守れなくなる。

※視力が落ちるなどといった直接的影響も考えられますが、因果関係が確認されていませんので割愛しました。

子どもと触れ合う時間が減る

まず、子どもと触れ合う時間が確実に減ります。

これはもう疑いようのない事実です。

親子共に、家の中でも外に出ても、いつでも見ることができてしまうんですよ。

スマートフォンがなかった時代にはあったであろう、親子の会話や触れ合う時間が確実に奪われているのです。

 

「それはテレビ番組やTVゲーム、DVDも一緒でしょ?」

いえいえ、大事なことを見落としてはいないでしょうか。

TVやDVDは場所が固定されますし、情報が限られるうえ選択肢も多くありません。

要は飽きるのです。

私の幼少時代もテレビはありましたし、父も年中見てました。

しかし、ある程度時間が経つと飽きてきて、「どっか出かけようか?」とか「将棋やろうか?」なんて流れになるわけです。

対して、スマートフォンはどうでしょうか?

場所を選ばずゲームも動画も情報が無限に出てきます、飽きがありません。

それこそyoutubeなんて、関連動画がいくらでも出てくるわけで…

 

また、意外と抑止力となっていたのが立ち上げまでの時間。

コンセントを差し込み、DVDを選んで入れるなんて動作が意外と面倒で抑止力になってました。

スマホは起動ボタン一発ですから、その機動性があだとなっているのです。

子どもの安全が守れなくなる

前述の通り、駅や公園で子ども放ったらかしにして、スマートフォンに夢中になっている親を見かける機会は多いと思います。

スマートフォンに夢中になっているあまり、公園の遊具から落ちたり、交通事故に遭う可能性は誰も否定できません。

そして、さらに驚くべきことに”歩きスマホ”ならぬ”ベビーカースマホ”なんてのも見かけることがあります。

もはや空いた口がふさがりません。

ちょっと言葉は悪いかもしれませんが、感覚的にはパチンコに夢中で子どもを放置している親と一緒ですよ。

子どもが将来スマホに依存してしまう

そして最も憂慮すべき点が親がスマホ子育て、スマホ子守りに頼りきってしまうと、将来子どもが依存してしまう可能性があるということです。

まず、下記のグラフをご覧下さい。

■スマートフォン保有率の推移

出典:警視庁ホームページより

小学生から高校生までのスマートフォン保有率の推移を表したものです。

やや古いデータですが、すでに高校生の約90%がスマホを所持しているということになります。

■携帯電話やインターネットへの依存状況

出典:警視庁ホームページより

高校生の約80%が依存気味なんです。

「いや、スマホは勉強にも使えるよ!」

「調べ物でもしているんじゃない?」

本当にそうでしょうか?

■毎日のように使うサイト

出典:警視庁ホームページより

はい、みんなほとんどゲームや動画サイト、SNSしかやってません(笑)

 

親だったら誰しも自分の子どもがこんな状況になるのは嫌でしょう。

でも、実際は子育て、子守りでスマホを見せているんですよね?

子どもをこんな環境に置いているのに「うちの子は依存しない!」なんて誰が言えるのでしょうか。

子どもをスマホ依存させないためにできること

スマホ依存へのプロセスの第一段階は”習慣化”です。

  • エレベーター待ちでスマホを見る
  • トイレでスマホを見る
  • 食事中にスマホを見る

これがだんだん状態化すると依存症になります、お酒やタバコなどと一緒ですね。

幼少期からスマホ子育て、スマホ子守りに頼っていると、子どもが自然とこのプロセスに組み込まれてしまいます。

 

では、子どもを依存させないためにはどうしたらよいのでしょうか?

答えは簡単、

  • 子どもにスマホを見せない
  • 子どもの前では自分もスマホを使わない

この2点だけ改善してください。

このルールを守るだけで自然と子どもに接する機会も増えますし、自分自身もスマホ依存から脱却出来るのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私は以前、幼児の絵本の読み聞かせに関して記事にしました。

この記事の中で私は、”親が強制しなくても勉強する子どもは、幼少期に机で本を読む癖が付いてる”という話をしています。

まさに三つ子の魂百まで、幼少期の癖付けは非常に大事なんです。

逆に幼少期にスマホを使う癖が付いてしまうと、大人になってもその癖は抜けません。

それほど幼児期は大事ですし、スマホ子育て、スマホ子守りは危険ということです。

 

もし心当たりのある方、決して遅すぎるということはありません。

ぜひ、今から改善してみてはいかがでしょうか?

この記事が参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東京在住、元スノーボードインストラクターという一風変わった肩書きを持つ35歳のサラリーマンで、子育てと父親のあり方について考える子育てプロデューサー。 独身時代から多趣味なことが災いし、子どもが生まれたあともしばらくは自分中心の生活を続けていましたが、ある出来事をきっかけに改心して、今では娘と過ごす時間を一番に考え充実した毎日を過ごしています。