SEO知識は不要!?ブログ初心者が検索上位を狙えるたった一つの方法とは

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

ブログ開始11ヶ月目にして、初めて狙っていたアフィリのワードで検索1位になりました。(このブログではありません)

今まではアドセンスのみに頼っていたのでアフィリでの収入が徐々に増えていくのは嬉しいのですが、上位を獲得してやっと気づいたことがあります。

らくスノ
初心者が検索上位を獲得するなら、SEO対策より○○やった方が絶対良いね!

そうなんです、実は私SEO対策ほとんどやってません(笑)

SEOの知識が無いということもありますが、それよりまずは記事の質に力を入れようと思ったからです。

結果がついてこなければ、その時考えようとひたすら記事を書いてきました。

では、なぜそんな私が検索上位を獲得することができたのでしょうか?

今日は「SEO知識は不要!?ブログ初心者が検索上位に入るたった一つの方法とは」と題してお話したいと思います。

 

はじめに

私はこのブログとは別にスノーボードの特化型ブログを運営しています。

開始2ヶ月目から徐々にアドセンスでの収益は増えていったのですが、もっと特化型ブログを有効に使いたいと思っていたのです。

らくスノ
収益をアドセンスだけではなく多角化したいなぁ

ビジネスの世界ではリスクヘッジとでも言うのでしょうか、1つの柱がコケても第2第3の収入源があれば安定した収益が望めます。

正直、アドセンスの収益では限界があるので、次に挑戦するのはアフィリエイトと決めていました。

しかし、アフィリエイトで収益を得るには検索で上位表示されないと話になりません。ジャンルにもよると思いますが…

ここから、検索で上位表示させるための試行錯誤が始まりました。

 

ビギナーズラックはかなりあった

ブログを運営していると、まぐれ当たりで検索上位に食い込むことはありました。

しかし、その記事はそもそも狙って上位に表示されたわけでもなく完全に棚ぼたです(笑)

ですから、なぜ上位表示されたのか理由を知らなければ、アフィリで収益を得るなど夢のまた夢。

それからインターネットの情報をもとに試行錯誤を繰り返した結果、ある結論に至りました。

検索上位に入る方法、それは記事のボリューム(文字数)です。

 

苦節11ヶ月、ついに狙っていたワードで1位を獲得

下記は、シークレットモードで検索した結果で、私のサイトが1位になっています。

そもそも、スポーツのジャンルは1ワード、2ワードで検索する人は少ないので、3ワードでも十分検索流入があります。(上記の記事はミドルワードでも3位以内に入っていますが)

例えばサッカーシューズを購入するとしましょう。

「サッカー シューズ」なんて検索すると、お手入れ方法やらジュニアシューズやら関係ないサイトが出てきてしまいます。

そこで、大体の人は3ワードくらいは平気で重ねて検索するのです。

「サッカー シューズ 人気」「サッカー シューズ ブランド」など…

ですので、この記事も非常に多くのアクセスを頂いております。

 

外部リンクやH1見出しでのSEOじゃない?

いえいえ、残念ながら現時点で外部リンクは54。※サーチコンソール調べ

しかも、ほとんど自分のはてブのリンクという…(笑)

それに、たった54のリンクで上位表示されるほどドメインパワーが上がるなんてことはまずありません。

 

では、H1見出しのタイトルなのか?

いえいえ、グーグル検索を舐めてはいけません(笑)もう、H1タイトルのSEOなんてほとんど意味ないと私は思ってます。

上質な記事でしたら、文中のキーワードでも検索エンジンが拾ってくれますから。

逆にタイトルに色々なワード詰め込んでも、内容が伴わなければ絶対に上位表示されません。

狙っているワードの単語だけを、不自然にならないように入れるのが最良の方法でしょう。

 

1記事入魂、記事数より文字数

では、なぜ記事のボリュームが大事なんでしょうか?

誤解を恐れずに言うと、グーグルが検索エンジンは「文字数が多い=上質な記事」という傾向が強いです。

そして、これはどんなSEOよりも有効な対策と言えます。

建前としては、たった1行の方程式でも人類の誰も解いたことのない未知のものであれば上位表示されるはずですよね。

数学上の未解決問題(すうがくじょうのみかいけつもんだい)とは未だ解決されていない数学上の問題のことである。

引用:ウィキペディアより

しかし、実際そうはなりません。ドメインパワーが無い場合

 

ですので、もし上位表示を狙うのであれば単純にライバルより文字数を増やせば良いのです。

私が以前からお話しているように、記事数を増やしても検索上位は獲得できません。

ライバルに検索順位で勝つには、記事数ではなく文字数を増やさなければならないのです。

しかし、ただ闇雲に薄い内容を書き連ねても意味はありません。

 

記事を増やせばPVも増えていくのでは?

確かに、毎日がむしゃらに記事を書いて行けば徐々にPV数も増えていくでしょう。

しかし、それはとても不効率であると言わざるを得ません。

実際に長文記事と毎日更新した短文記事ブログのPV数を比較した結果、長文記事が勝ったというデータもあります。参考資料:ハウトゥアフィリエイトより

なぜ長文のブログのほうがPV数が多いか、長文=検索上位とするなら自ずと答えは出てきます。

表示回数が10,000回あったとしたら3,435回ものアクセス数を
1位のサイトが獲得することになります。

2位だと16.96%⇒1,696回
3位だと11.42%⇒1,142回

4位以下は1ケタとなり、11位以下(2ページ目以下)は
ほぼ1%未満です。。。

同じ1ページ目だとしてもいかに上位表示が重要か
お分かりいただけると思います。

このデータに基づくと上位3サイトが全体のアクセス数の
6割強を占めることになります。

引用:https://www.s-bokan.com/blog/seo/access-analysis/difference-access-count-ranking.html

つまり、1日10000アクセスあるワードだったら、検索1位が約3400PVを持っていきます。

対して、10位以下は100PVも獲得できないかもしれないのです。

ということは、10位のブログはあと34記事書かないと1位のブログにはPV数で追いつくことができません。

もうお分かりだと思いますが、34記事書くくらいなら検索上位を狙ったほうが効率が良いと思いませんか?

そうです、PVを上げたいのなら”急がば回れ”。

記事数よりも検索上位を狙えるような文字数を意識して記事を書いてみてください。

次項からは、具体的に初心者が検索上位をとる方法について解説いたします。

 

ライバルをリサーチしてみる

では、具体的に文字数で検索上位を獲得する方法を解説いたします。

まず、狙ったワードを検索してライバルになりそうなブログ、サイトをリサーチします。

楽天やヤフー、アマゾンなどの販売サイトやリスティング広告は除外してください。

 

そして、検索上位に表示されているブログ・サイトの内容と文字数を把握するのです。

例えば、サッカーシューズのアフィリでしたら検索上位サイトの目次などを参考に内容と文字数をメモします。

【約10000文字】

  1. サイズ選びのコツ
  2. プレースタイルごとのスパイクの違い
  3. インターネットで購入する際の注意点
  4. おすすめモデル紹介(アフィリ)
文字数はざっくり把握できれば大丈夫です。

この時点でサイトの作りや情報量で勝てないと思ったら諦めましょう。

 

検索上位を狙える記事を書いてみる

続いて、実際に記事を書いてみます。

ただし、前述の通り文字数だけ闇雲に増やしても上質な記事を書くことはできません。

では、記事の質を維持したまま、文字数を増やす方法とはなんでしょうか?

それは、関連情報を紐付けることです。

 

先ほど例とした検索上位のサイトが参考になります。

いきなり「サッカーシューズおすすめモデル」なんて記事を書いても、ものは売れません。

実店舗で店員さんが勧める方法と同様、

「どんなサイズを選べばよいか」

「ポジション、プレースタイルはどうか」

など、疑問に思うことを順番に消化していき、最後におすすめのモデルを紹介するとスムーズに購入につなげる事ができますし、グーグルが(長文になったことで)上質なコンテンツと判断し検索上位に表示される可能性がぐっと高くなるのです。

ですので、サッカー関連販売カテゴリーで上位を目指すなら、大前提として検索上位サイトの情報量は補えるような文章を書きましょう。

その上で、さらに「お手入れ方法」や「そのモデルを使用している選手」など追加情報を盛り込み、文字数や情報量が検索1位サイトを超えてくると、検索上位が見えてきます。

  • サイズ選びのコツ
  • プレースタイルごとのスパイクの違い
  • インターネットで購入する際の注意点
  • 購入後のお手入れ方法※追加情報
  • 各ポジションを代表する選手と使用モデル※追加情報
  • おすすめモデル紹介(アフィリ)
当たり前ですが、コピーコンテンツは絶対NGです。

文章まで読んでしまうとどうしても文脈が似てしまうので、私の場合は目次しか参考にしません。

 

私別にアフィリやってないんだけど…

いえいえ、別にアフィリをやっていないブログでも、この検索上位を狙える方法を試すことはできます。

例えば、旅行記。

検索すると「○○行ってきました~」なんて記事は溢れてますよね。

そこで、旅行記本文では検索上位のサイトと同等の文字数を保ちつつ、ライバル記事が載せていない混雑状況や公共交通機関の案内、食事場所などの情報も入れてみましょう。

ひと工夫で、断然上位を狙える確率が上がります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

もちろん検索エンジンはそんなに単純なものではありません。

しかし、それと同時に完璧なものでもないのです。

結局SEOに詳しい方でも検索エンジンの本質は知らないわけですから。

 

実はこのSEO対策を思いついたのは、主に”はてブ”界隈で行われていた「マンガ」検索争いからです。

この「マンガ」という超ビッグワードでしのぎを削るブロガーさん達を目の当たりにして、単純に「文字数=情報量=上質な記事」なんじゃないのかという結論に至った次第です。

 

そもそもこの法則で記事を書いても上位表示されるためには数ヶ月かかりますし、必ずしも成功するという保証はありません。

しかし、ブログ初心者が訳もわからず闇雲に記事を重ねて行くよりは、少なくても何か指標があったほうが良いですよね。

なにより完全に初心者だった私が、この法則で上位検索できる事実を証明しました。

ぜひ初心者ブロガーさんは、このSEO対策を試していただければと思います。

この記事が参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東京在住、元スノーボードインストラクターという一風変わった肩書きを持つ35歳のサラリーマンで、子育てと父親のあり方について考える子育てプロデューサー。 独身時代から多趣味なことが災いし、子どもが生まれたあともしばらくは自分中心の生活を続けていましたが、ある出来事をきっかけに改心して、今では娘と過ごす時間を一番に考え充実した毎日を過ごしています。