あなたが社畜かどうか簡単に分かる質問とは

この記事をお読みいただければ、こんなことが分かります

  • あなたが社畜かどうか
  • 社畜の定義とは?
  • どうすれば社畜から抜け出せるか?

こんにちは。

一日1~2時間の作業で月20万円前後の収益を得ている副業ブロガー。「ニッチジャンルで安定的に稼ぐブログ理論」を提唱しているユキスキです。

企業の奴隷として働かされている会社員を「社畜」なんて言いますが、世間でもすっかり言葉が定着しましたよね。

まぁロバート・キヨサキの「金持ち父さん、貧乏父さん」をみれば、会社員がいかに搾取されているか分からないでもありません。

とはいえ、労働者がいなければ経済は回らないわけですから、すべての会社員が社畜だとはまったく思いません。そもそも私自身が会社員ですしw

ところで、言葉の意味は知っていても、実際、自分が社畜かどうかなんて分かりませんよね。

実は、あなたが社畜かどうか簡単に分かる質問があるんですよ。

あなたが社畜かどうか簡単に分かる質問とは

ずばり、その質問とは「今すぐ会社を辞めることができるかどうか?」ということです。

どうです、即答でYESと言える方はどれくらいいるでしょう。

正直、答えに窮したり、今すぐ辞められないという方は完全に社畜です。

「会社の仕事内容・給与には満足してるし辞める理由がない!」

いえいえ、問題の本質は今の会社に対して満足しているかどうかでは無いのです。

たとえば、

  • 明日希望しない部署に人事異動を言い渡されたら?
  • 上司にパワハラ・セクハラを受けたら?
  • 会社の業績が悪く、来年度から減給されたら?

だれも、「うちの会社はそんなことない!」なんて言い切れないはずです。

要は、ご自身が会社にイニシアチブ(主導権)を握られてる以上、社畜もしくは社畜予備軍ということになります。

労働時間が長くても社畜ではない

「労働環境が悪いとか、労働時間長いのは社畜なのでは?」という意見もあるかと思います。

しかし、労働環境が悪いとか労働時間が長いからといって、必ずしも社畜ではありません。

なぜなら、好きでその環境に身を置いてる人も一定数いるからです。

たとえば、スタートアップの会社などで「3年間休みなしで働いた」なんて話を耳にしますよね。

でも、その人たちは無理やり働かされていたのでしょうか?

いえ、必ずしもそうではないですよね。本当に好きで働いている人を社畜とは呼びません。

要はご自身に仕事の選択権がないことが問題なのです。

質問にYESと答えた理由は?

逆に、「すぐに会社を辞められる?」という質問にYESと答えた方は、どのような理由があるのでしょうか?

①スキル・コネクションがあるから、どこでも生きていける

これが一番理想ですね。会社に依存しないスキル・コネクションを持っていれば、理不尽な要求をされてもNOと言えます。

②若いから他の転職先を探すことができる

30歳までなら、わりとノースキルでも転職は可能です。実際、私も20代で異業種に転職経験があります。

③お金があるから、副業で稼いでいるから生活に困らない

とりあえず、明日会社をクビになっても、当座のお金はあるので生活には困らない。特に副業がある程度軌道に乗ってる方は、いつ会社を辞めても問題ありませんね。

私の場合は、①③が当てはまります。フリーランスになっても、ライターはもちろんWEBマーケティングや動画編集の心得もあるので、普通にやっていけると思います。

このように、もし質問に対してNOだった方は、今一度ご自身のスキル・キャリアプランを考え直したほうがいいです。

今の会社が好きか嫌いかは置いといて、常に「辞めても構わない」と思うくらいの状態にしておかないと社畜からは抜け出せません。

私は上司に3度辞めると言った

ここで、私の実体験をお話したいと思います。今の会社で7年ほど働いてますが、三度辞めると言ったことがあります。

※中途で入社した会社です。

①本社移転

一度目が、入社2年目に本社が移転になったことです。家から遠くなるので辞めると言いましたが、昇給してくれたので受け入れました(笑)

②面倒なクライアントの担当になりそうだった

むちゃぶりすることで有名なクライアントの担当になりかけました。担当になるなら辞めると言ったところ、話はお流れになりました。

③子どもの進学

我が家は共働きなので、子どもがもう少し大きくなるまではどちらかが在宅してないといけません。

進学に際し、今の労働条件だと厳しいので辞めると言ったのですが、私の意見が反映されて時差出勤が許可されました。

社畜とは自分の意見が簡単に主張できない人のこと

私の経験を踏まえても、会社に依存しないことがどれだけ大事かお分かりいただけたかと思います。

「社畜」とは、自分の意見が簡単に主張できないこと。

逆に、社畜じゃない人は、会社にたいして自分の意思をいつでも貫くことができます。

私も別に今の会社が嫌いなわけではないのですが、辞めるつもりで強気に交渉したところ、結果的に自分の意思を反映してもらうことができました。

しかし、「辞められないから」と、すべて会社の指示通りにしてたらどうでしょう。今頃は相当ストレスを抱えていたと思います。

だから、常に自分の意見は言えるくらいの体制は整えておいたほうが、セクハラ、パワハラ、長時間の残業、人事異動等…いざという時に交渉負けしません。

第一、我慢して働くなんてお互い不幸じゃないですか。

もし会社の業務が気に入らないなら辞めればいいし、会社側も必要のない人材なら、これを機に整理できてWINWINですよね(笑)

会社に依存しなければ、ほとんどの労働問題は解決する

よく「不当に解雇された」とか「不要な業務を延々とやらされた」なんてニュースになってますよね。

これって、不当な扱いをされた時点で自分から辞めてれば、すぐに解決できたと思いませんか?

会社が悪いのは分かります。しかし、私から言わせるとその会社に依存せざるを得なかった労働者にも問題はあると思いますよ。

「沈まぬ太陽」は、JALの労働組合役員だった方の経験をベースに描かれた小説。

主人公がJALとの労働問題によって左遷されてしまうという物語です。

まぁ30年以上前の話なので、当時の時代背景もあるのかもしれませんが、私からすれば、なぜそこまで苦しい思いをして会社にしがみつくのか理解できません。

特に現在は終身雇用なんてとっくに崩壊しているわけですから、一刻も早く会社に依存しないスキルを磨いていきましょう。

まとめ

最後にもう一度聞きます。

「あなたは今すぐ会社を辞めることができますか?」

答えがNOだった方は、間違いなく「社畜」か「社畜予備軍」です。今一度ご自身のキャリアプランを考え直した方がいいでしょう。

別に、本業以外のスキルを学んだところで、マイナスになることなんて一切ないわけですから。

会社が副業禁止?

いえいえ、自慢じゃないですが私の会社も副業禁止ですよ。それこそ「バレたら辞めればいい」くらいの勢いでやってます(笑)

そもそも公務員以外は副業をしても法的に問題無いわけですから、堂々としていればいいのです。

まぁしっかり確定申告していれば、まずバレませんけどね。

別に私が収益を得ているブログビジネス以外にも、せどり、youtube、投資、動画編集、プログラミング等…いろいろある訳です。

今からやっても遅いなんてことはないので、ぜひ気軽に挑戦してみましょう!

ではでは、さよならっきょ~


スポンサーリンク




ライバル不在のニッチなジャンルで継続的に10万円を稼ぐブログ理論(有料ノート)

少ない作業時間でも収益をあげることができるブログ運営理論です。

今回、5年間ブログを運営してきて、自分の理論に自信が持てたので有料で公開することにしました!(前半の8,000文字は無料で読めます。)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

38歳サラリーマンで1児の父。会社での給与がなかなか増えないので、小遣い稼ぎのつもりでブログを開始する。「ニッチブログで小さく稼ぐ理論」を提唱しており、現在はGoogleアップデートの影響を受けづらくライバルが少ないジャンルで月間20万円前後を安定的に稼ぎ出しています。