リンク切れを通知してくれるプラグインBroken Link Checkerの使い方

こんにちは。 

一日1~2時間の作業で月20万円前後の収益を得ている副業ブロガー。「ニッチジャンルで安定的に稼ぐブログ理論」を提唱しているユキスキです。

ゆき子
記事の中で友達のブログを紹介します!
ユキスキ
それなら、Broken Link Checkerのプラグインも導入しておきましょう

みなさんも他の人のブログを紹介したり、ニュース記事を引用したいなんて時ありますよね。

そんな時におすすめなのが「Broken Link Checker」。記事が消されるとリンク切れを通知してくれるプラグインです。

リンクが切れるとどうなるの?

ゆき子
リンクが切れるとどうなるの?
ユキスキ
簡単にいうとブログの評価が下がります…

リンクと言うのは、下記のようなものです。

ユキスキブログ

引用:ユキスキブログ

他のブログ記事を紹介したり、広告を掲示したり、引用したりするときに使います。

他のブログ記事を拝借する際は、引用と書いてリンクを貼るのがルール。そうしないと盗作になってしまいます。

このように、リンクを設置してクリックすると指定したページに飛びます。

でも、リンク先の記事を削除されたらどうなるのでしょうか?当然目的の記事を見ることができませんよね。

たとえば、みなさんが北海道で有名なジェラート屋さんの記事を見ていたとします。

北海道産の牛乳を使った本格的なジェラートのお店!ぜひ足を運んでみてください。

詳しい住所はお店のホームページを参照ください→「○○ジェラートホームページ(リンク)」

でも、リンクを押したらすでに削除されていた記事だったらどうでしょう?

完全に迷子になってしまいますよね。

そうなると、検索エンジンも「このブログは不完全だから評価を下げよう」ということになるのです。

読者の目的は達成されないわけですから当然ですよね。

リンク切れを放置しておくことは、結果的にブログの評価を下げ検索結果で上位表示されなくなってしまいます。

だから、常にリンク切れはチェックしておく必要があるのです。

とはいえ、いちいち定期的にリンクが切れてないか点検することなんてできませんよね。

そんな時におすすめなのが「Broken Link Checker」というプラグインというわけです。

Broken Link Checkerの使い方

では、「Broken Link Checker」をインストールしてみましょう。

Broken Link Checker

上記をコピペしてプラグインを検索。

「Broken Link Checker」が現れたら、インストール・有効化してください。インストールが終わるとリンクチェックは自動的に開始されるので、設定はこれにて完了です。

なぜかまったく同じ名前の偽プラグインが現れる時があります。間違ってインストールしないように注意。

本物のプラグインはインストール数がけた違いに多いので、迷ったら「有効インストール数」を確認してください。

リンクエラーをチェックしてみよう!

ゆき子
リンクエラーはどうやってチェックするんですか?
ユキスキ
管理画面から簡単にチェック可能です

リンク切れは管理画面で簡単にチェック可能です。

「ツール」→「リンクエラー」にリンク切れの数が掲示されます。

さらに「リンクエラー」をクリックすると、リンク切れの記事を編集可能です。

①リンク切れのURLです。

  • URLを編集…URLを正しいものに変更できます。
  • リンク削除…その名のとおりリンクを削除します。(文字は残ります)
  • リンクエラーではない・無視…リンクエラーでないときはこの項目をクリック。
  • 再確認…リンク切れの再確認をおこないます。

たまにリンクエラーではないのにエラー表示される場合があるので、一度確認してから修正しましょう。

②エラーの種類です。

  • 402…有料サイトなのでアクセス制限されている状態です。
  • 403…アクセス制限しているURLに表示されます。
  • 404…削除されたページに表示されます。
  • サーバーが見つかりません…文字通り、相手のサーバーが見つからない状態です。

③リンク切れのテキスト。

④リンク切れしている記事のタイトル。ここから記事を編集することも可能です。

リンク切れを見つけたらどうすればいいの?

リンク切れを見つけたら、新しいURLを貼り直すか削除するしかありません。

①リンク切れが表示されているURLで再度検索をかけてみる。(リンク切れを起こしてない場合もあるので、念のためチェック)

②リンク切れを起こしていなければ、「リンクエラーではない」をクリックして終了。

③リンク切れを起こしていたら、同じページがないか検索してみましょう。(URLを変えただけで同じ記事が存在する可能性があります)

④同じ記事が存在しなければリンク自体を削除します。

これで、一連のリンクチェック作業は終了です。

まとめ

ゆき子
ブログに来てくれる読者のためにも、リンク切れは良くないということですね
ユキスキ
リンク切れは読者の満足度を下げるので、定期的にチェックしましょう

いかがでしたでしょうか。

リンク切れがあると、記事の信ぴょう性自体を疑われる可能性もあります。

まぁ単純にリンク切れが貯まってくると編集が面倒っていうこともありますが(笑)できれば定期的にチェックすることをおすすめします。

必須プラグインは下記の記事にまとめていますので、合わせて参照ください。

ではでは、さよならっきょ!


スポンサーリンク




ライバル不在のニッチなジャンルで継続的に10万円を稼ぐブログ理論(有料ノート)

少ない作業時間でも収益をあげることができるブログ運営理論です。

今回、5年間ブログを運営してきて、自分の理論に自信が持てたので有料で公開することにしました!(前半の8,000文字は無料で読めます。)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

38歳サラリーマンで1児の父。会社での給与がなかなか増えないので、小遣い稼ぎのつもりでブログを開始する。「ニッチブログで小さく稼ぐ理論」を提唱しており、現在はGoogleアップデートの影響を受けづらくライバルが少ないジャンルで月間20万円前後を安定的に稼ぎ出しています。