○万PV突破したから、アクセスアップの方法を教えます…って本当なの?検証してみた

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

よく「○○万PV突破したから、アクセスアップの方法を教えます。」みたいな記事あるじゃないですか。

でも、実際運営してみてここは違うぞなんてこともあったので、記事にしてみようかなぁなんて思った次第です。

いえいえ、このブログじゃないですよ…だって、まだ1万PVも行ってないですから(笑)

メインブログ達は感情抜きで運営しているので、このブログでガス抜きですw

以前記事にもしたんですが、私は基本的に運営報告などでPV数・収益は発表してないんです。

8PV達成!?私がブログのPV数を発表していない7つの理由

でも、こういう記事ってブログで頑張ろうって方の役に立つことは確かなんですよね。

ですので、今回に限りメインブログのPV数を公表しようと思います。

私のある特化型ブログの月間PV数は、1年3ヶ月の運営期間で24万4400PV、記事数は120。

収益は月間15万円くらいですかね。

この時点で、「なんだ、お前のPV数こんなもんか」と思われたら申し訳ないのですが(笑)運営する上で、重要なこととそうでないことがだいぶ分かってきたので備忘録も兼ねてまとめてみました。

ブログを運営されている方にとっては役に立つ情報だと自負してますので、最後までお付き合いください。

特化型ブログを運営してます

現在、私はこのブログとは別に、いくつか特化型ブログを運営してます。

特化型とはゴルフならゴルフだけ、スマホならスマホだけ…一つのテーマで記事を書いていくブログのことです。

以前記事にしたんですが、PVを集めやすいので趣味・仕事である程度知識のある方は特化型ブログがおすすめですね。

特化型と雑記ブログどっちが集客できる?開始3ヶ月のPV数を比較してみた

後述しますが、雑記は数をこなさないとPVという意味では厳しいと思います。

まさにこのブログのことですが(笑)まぁいいんです、徐々には伸びているのでのんびりやります。

というわけで、次項からアクセスアップの方法について順番に検証したいと思います。

1日1記事、とりあえず100記事を書くはホント?

大うそです(笑)

そもそも、記事数増やせばPV上がるなんてありえません。

このブログでも散々言ってますが、量よりも質…というか本当は両方w

実際私は24万PVを120記事で達成してます。

その中には3万文字くらいの記事もありますが、やっぱりそうやって情熱注いで書いたものだと単体で1日700PVくらいあります。

さすがに3万文字書くのに1週間以上かかりましたがw1記事で700PVですよ。

それなら中途半端に数だけUPするより、1記事に入魂したほうがいいですよね。

よほど有名なブログでなければ、数だけでPVを稼ぐのは不可能です。

PV数を上げたいなら毎日ブログ記事を更新(UP)してはいけない理由とは?

トレンドを追いかけてアクセスUPはホント?

いわゆるトレンド記事ですね。

これはホントといえばホントですが、個人的にはおすすめしません。

トレンド記事は更新スピードが命ですが、私は副業でやっているのでそもそも使い捨て記事を書くほど時間がありません。

何よりPVや収益が安定しないので、だんだん運営が辛らくなると思いますよ。

それよりも、ウィキペディアのように普遍的な内容を構築していく方が、爆発はないですが安定的にPVが伸びるのでおすすめです。

とはいえ、ガジェット系の新作紹介記事をいつも参考にしている矛盾した自分がいます(笑)運営はしたくないけど…

ブログ記事には3つのタイプあるよ!副業にしたいなら情報構築型がおすすめ

3ヶ月はPVが伸びないはホント?

これはホントです、ただし3ヶ月とは限らないですけど…

というか、超有名ブロガーでもUPしたての記事は上位表示されません。

確かに書いているジャンルにライバルが少なければ、3ヶ月以内にPVが爆発する場合もあります。

しかし、ライバルが多いジャンルなら、いくら内容が良くても3ヶ月以上PVは増えません。

実際私のブログのPV数が爆発したのは半年後でしたから、自分の記事が正しいか、方向性を変えたほうがいいのかどうかいつも自問自答してましたね。

まぁ他のブロガーさん達も言ってる通り諦めずに続けた人が勝ちます、常に自信を持って書いていくことです。

私はやらなかったですが、方向性に迷ったらどこかのサロンに入ってブロガー仲間に見てもらうとかコンサルをお願いしても良いかもしれません。

無料ブログより有料ブログはホント?

これはまぁ…ホントかな(笑)

とは言っても、コンテンツが良ければ無料ブログサービスでもアクセスは集まってきます。

はてなやアメブロのように横のつながりが強く、アクセスを集めやすい無料ブログサービスもありますしね。

無料ブログがダメな理由は収益と巡回率の悪さ(離脱率が高い)です。

そもそも広告を自由に貼れないですし、しまいには無料ブログサービスの広告に収入を奪われます。(まぁそれで無料ブログサービスを運営しているので、否定するつもりはまったくありませんが…)

それに、アメブロなんて自分の記事に他人のブログやら企業広告が貼られまくってるので巡回率が悪すぎます。

要は、自分のブログの関連記事を読まずに離脱してしまうんですね。

少なくてもPVや収益をメインに考えているなら、有料でのブログ運営をおすすめします。

自己ブランディングが必要はホント?

これはウソです。

まぁ顔出ししてブロガーとして有名になるやり方もアリだとは思いますが必須ではありません。

それに、よほどとがった意見じゃないと見向きもされません。

「毎日満員電車に乗ってストレス貯めながらサラリーマンやるなんて拷問でしょ!」

「低収入、低学歴で童貞なんて生きてる価値がない!」

こういった類の発言をされている有名ブロガーさんよく見かけますよね。

いち読者としては、これくらい言って炎上してくれないと面白くないんですよ(笑)

自己ブランディングを中心にPV、収益を上げるなら、過激な発言とアンチにも動じない鋼の心臓を持ちましょうw

ターゲット選定をしっかりやるはホント?

これはホントですね…というかめちゃめちゃ重要です。

別に記事ごとにターゲットを変えても良いのですが、誰に向けて発信しているのかというのは常に意識しないといけません。

例えば、野球のハウツーに関する記事を書くとして、ターゲットが「経験者」と「初心者」でも全然変わってきますよね。

そもそも野球ハウツーの内容以前に、「シートノックのコツ!」ってタイトルつけても、初心者はその「シートノック」っていう専門用語がわからないんですよ。

これ、リアルでの対面指導だったら「シートノックってなんですか?」って聞けるんですけど、ブログは一方方向の情報発信ですから誰もツッコミ入れてくれません。

結果、ターゲットが野球初心者なのに、「初心者に優しくないハウツー記事」になってしまい、アクセスが集まらなくなります。

アクセスが伸びないブロガーさんって、内容以前にターゲット選定ができてない場合が多いですね。

読者に見やすいサイトデザインにするはホント?

これはホントですが…まぁ普通にテンプレ使えばOKです(笑)

「あのブログ、デザインが良いから見に行く!」なんて人は皆無ですよね。

サイトデザインなんてテンプレそのままでOK、だって大事なのはコンテンツ(中身の記事)ですもん。

たまにおしゃれな写真使ったトップ画面とかありますけど、かえって表示が重くなるのでおすすめできません。

好きでサイトデザインをいじる分には構いませんが、それでアクセスが上がるわけでは無いのでほどほどに

横のつながり、ブロガー友達が必要はホント?

これはNOですね。

というか、私はブロガー友達いませんw

おそらく、SNSでの拡散や挫折しそうになった時に励ましてもらうなんて効果があると思うのですが、私から言わせれば他人に頼らないとできないくらいなら成功もありません。

…でも、本音を言うとリアルでも付き合えるブロガー友達超欲しかったんです(笑)でも、特に横のつながりもないままここまで来てしまいました。

こんな私ですがコツ教えて欲しいとかあれば、フェイスブックでもツイッターでもお気軽にフォローしてください!

SNSを有効に使うはホント?

これはウソです。

だって私はSNSほとんどやってないですもん(笑)一応公式ツイッター、フェイスブックあるんですが…

本音を言うと、SNSの有効活用方法がよくわからないまま24万PVまで来てしまいました。

まぁ今後はSNSも活用していきたいという意思はあります。

SEO対策が必要はホント?

これはウソですね。

だってGoogle検索の本質なんて誰も分かってないんですよ、あくまで経験則で言ってるだけ。

特に初心者の方は「SEO対策ができてないからアクセスが伸びない…」なんて考えに陥りがちですが、少なくても24万PVまでなら特に対策しなくても達成できます。

しつこいようですが、SEO対策する余裕があるならまずはコンテンツの充実を図りましょう。

被リンクやらサテライトサイトやら、そんなものはある程度収益・PVを達成してから考えても遅くはありません。

SEO知識は不要!?ブログ初心者が検索上位を狙えるたった一つの方法とは

記事タイトルはSEOを意識しなければいけないはホント?

これはホントです。

ただし、勘違いしているブロガーさんも多いのですが、Google検索エンジンではなく読者がクリックしたくなるような記事タイトルを心がけてください。

一昔前ならいざしらず、今のGoogle検索エンジンは優秀ですので、タイトルに検索ワード入れたくらいじゃ表示されません。

この場合のSEOとは、読者がクリックしてくれることによって検索エンジンの評価を上げるという意味です。

逆に検索エンジンに上質なコンテンツだと評価されれば、タイトルにまったく含まれていない文中の意外なワードで上位表示されることもあります。

繰り返しますが、今時タイトルに検索ワード入れただけじゃ表示されません、大事なのはコンテンツ(内容)です。

関連記事を貼るはホント?

いわゆる内部リンクですが、これはホントというか超重要!

単純に巡回率があがりますし、底辺ブログの場合上質な被リンクがつくことはまず無いので、関連記事を内部リンクで繋げて行くことによって検索エンジンの評価が高くなります。

あっこれって前項で否定したSEO対策になるのかなぁ(笑)私はこんなのSEO対策でもなんでもないと思っているのですが…

ある程度まとまったら、トップ画面などでまとめ記事を作るのも良いですね。

アクセス解析が必要はホント?

これはホントですね。

とは言っても、アナリティクス分析とか細かいことではなく、人気の記事を調べて更に関連記事を追加していきます。

人気のない記事の関連記事を書いてもアクセスは伸びませんからね。

だから、単純にPV数を増やすっていうなら、本来はそんなに難しいことはないのです。

でも、時にはアクセスのなさそうな記事を書くこともあります。

例えば、ちょっと言葉は悪いですが「アクセスのある客寄せ記事」と「アクセスが少ない物販のクロージング記事」とか。

副業で広告収入を狙っている方は、このあたりのテクニックを磨かないと10万円超えは厳しいかもしれませんね。

アドセンスは儲かるはホント?

う~ん、微妙(笑)

これ、ほんとにジャンルによるのですが、私は現在2万円程度。(全体の収入の十分の一くらい…)

2万円ですごいと思っているようなら、それはたぶんブログ初心者です。

24万PVあって2万円って、専業の人が聞いたら笑われますよ…マネタイズ下手すぎみたいな。

だって、たかだか5万PVで毎月40万を稼ぎ出すブロガーさんもいらっしゃるんです。

で、何が言いたいかというと、ブログを始めたばかりの初心者の方でも、広告収入を得たいならアドセンス以外のマネタイズも常に考えておくべきなんです。

アドセンスの審査通過して「やったー!」じゃなくて、たとえ今はまったくアクセスがなくても、アマゾンの物販一つでも必ず貼ってください。

副業で稼ぎたいのに、24万PVあって2万円では割に合わないですし…

それに、いざアクセスが増加した時に貼ろうと思っても、何百という記事を一から修正するのは不効率ですよね。

【グーグルアドセンス審査合格】16のウワサはウソ?ホント?私はこれにダマされた!

一週間にたった3時間の作業で稼げるはホント?

「一週間にたった3時間の作業だけで稼げる!」この見出し気になりますよね(笑)

実はこれホントなんです。

ただし一回稼げるブログやサイトを構築したらの話ですが…

例えば、個人でウィキペディアみたいなサイトを作って広告貼ったら、10年以上収入に困ることはないでしょう。

実際、私のブログは2ヶ月くらい放置していますが、毎月10万円以上の収入があります。

でもね、この「一週間にたった3時間の作業だけで稼げるサイト」を構築するのがとても大変なんですよw

だって、プロアフィリエイターから100万円稼ぐサイトをもらったら、しばらくは誰でも週3時間の作業で稼ぐことができますよ。

そして、ブログで稼いでいる人はプロ野球選手などと一緒でごく一部なんです。

だから、「ブログで自由を手に入れたい」とか「ブログ副業で月10万円稼ぎたい」なんて方は、甘く見ないほうが良いですね。

とりあえず1年間無収入でも頑張れる気概があれば、ぜひチャレンジしてみてください!

そして、そんな根性のあるブロガーさんとぜひ友達になりたいので、SNSフォローもお待ちしております(笑)

ブログビジネス今から始めても遅いでしょ?いえ、まだまだ市場は伸びますよって話

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私が今までメインブログを運営してきて経験したことを率直に書いてみました。

今はメインブログ以外の収入源を増やすために、いろいろ模索中です。

なにしろ、サラリーマンやりながら子育てしているので時間がありませんw

らくスノ
アイデアはいっぱいあるんですけどね~

また、ブログ運営で感じたことがあれば不定期で報告したいと思います。

ちなみに、このブログを参考にしちゃダメですよ~好きなこと書いてるだけのガス抜きブログですから(笑)

この記事が参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東京在住、元スノーボードインストラクターという一風変わった肩書きを持つ35歳のサラリーマンで、子育てと父親のあり方について考える子育てプロデューサー。 独身時代から多趣味なことが災いし、子どもが生まれたあともしばらくは自分中心の生活を続けていましたが、ある出来事をきっかけに改心して、今では娘と過ごす時間を一番に考え充実した毎日を過ごしています。