【ワードプレス】プラグインの入れ方とは

この記事はこんな方によく読まれています

  • プラグインって何?
  • どうやって入れるの?
  • プラグインの注意点は?

こんにちは。

  一日1~2時間の作業で月20万円前後の収益を得ている副業ブロガー。「ニッチジャンルで安定的に稼ぐブログ理論」を提唱しているユキスキです。

「ワードプレス導入したけど、プラグインの入れ方が分からない」なんて方も多いと思います。

今回の記事では

  • プラグインの意味
  • プラグインの入れ方
  • 注意点

についてお話ししたいと思います。

この記事を読んでいただければ、簡単にプラグインが使いこなせるようになりますよ!

プラグインって何?

プラグインとは、ワードプレスの機能を拡張するためのシステム。

ワードプレスが世界中で愛される理由のひとつが、このプラグインというわけです。

車のカスタムをイメージしていただくとわかりやすいですね。

なにもしてない段階のワードプレスは、いわばノーマル車。でも、快適に乗るならカーナビやフロアマット・スピーカーなどが必要かもしれません。

同じように、ワードプレスをもっと快適に使うなら、プラグインを導入する必要があります。

でも安心してください。一部を除き基本はすべて無料、しかも使い方も簡単です。

プラグインの入れ方

では、どうすればプラグインを入れることができるのでしょうか?

まず、ワードプレス管理画面の「プラグイン」→「新規追加」を選びます。

さらに「キーワード」を入力し、目当てのプラグインが出てきたら「今すぐインストール」。最後に有効化すればOKです。

インストールしたプラグインは、管理画面の「インストール済みプラグイン」で確認できます。簡単でしょ?

プラグイン使用の際の注意点

プラグインを使用する際は、いくつか注意点があります。

プラグインを間違えない

プラグインによっては似たような名前がたくさん出てくるときがあります。

実は、わざと有名なプラグインに似た名前をつけることによって、ミスリードを誘っている場合もあるんですね。

プラグインを間違えると、機能が享受されないどころか不具合を起こす可能性もあります。くれぐれも間違えないように注意してください。

プラグインは、名前だけでなく有効インストール数やロゴも合わせて確認しましょう。

大体の場合、有効インストール数が多いものが本物です。

定期的に更新

プラグインは定期的にバージョンアップしますので、必ず更新しましょう。更新しないと、ウイルスに感染したり管理画面を乗っ取られることも…

更新すべきプラグインがある場合は、管理画面の「プラグイン」の横に数字が現れます。

更新すべきプラグインに通知が来ているので、更新を選択してください。

または、管理画面の「更新」から、プラグインの一斉更新も可能です。

プラグインを入れすぎない

プラグイン同士の相性が悪いと、お互いに干渉して不具合を起こす可能性があります。

便利だからといってなんでもかんでもインストールしないよう、プラグインは必要最低限にしてください。

初期設定で入っているプラグインはどうするの?

ワードプレスでは、初期設定の時点ですでに「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」「Hello Dolly」という2つのプラグインが入っています。

「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」はスパムから守るために必要なので、そのまま有効化しましょう。

「Hello Dolly」はワードプレスのジョークみたいなプラグインなので(笑)早々に削除してください。

管理画面の「インストール済みプラグイン」から不要なプラグインを探し、削除をクリックするだけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

文中で説明したとおり、プラグインを入れすぎると不具合を起こす可能性があります。

ですので、バラバラに導入するよりは、必要なものだけ一気に入れたほうがいいです。

必要なプラグインに関しては、別の記事にまとめています。プラグイン同士の相性や動作チェックもしてますので、安心して導入してください!

ではでは、さようなり~


スポンサーリンク




ライバル不在のニッチなジャンルで継続的に10万円を稼ぐブログ理論(有料ノート)

少ない作業時間でも収益をあげることができるブログ運営理論です。

今回、5年間ブログを運営してきて、自分の理論に自信が持てたので有料で公開することにしました!(前半の8,000文字は無料で読めます。)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

38歳サラリーマンで1児の父。会社での給与がなかなか増えないので、小遣い稼ぎのつもりでブログを開始する。「ニッチブログで小さく稼ぐ理論」を提唱しており、現在はGoogleアップデートの影響を受けづらくライバルが少ないジャンルで月間20万円前後を安定的に稼ぎ出しています。