【保存版】ライターが教えるブログ記事の書き方基本ルール

この記事はこんな方によく読まれています

  • ブログ記事の書き方に基本ルールはあるの?
  • ライターさんはどういった順序で記事を書いているの?
  • ブログ記事はどのような構成で書けばいいの?

こんにちは。

一日1~2時間の作業で月20万円前後の収益を得ている副業ブロガー&ライター。「ニッチジャンルで安定的に稼ぐブログ理論」を提唱しているユキスキです。

今回の記事の信ぴょう性を担保するため、私の実績を軽く紹介したいと思います。

上の写真はメインブログのアナリティクス画面です。もっとも閲覧数を稼いでるページは、一記事で月間15,000PVあります。

また、大手企業の依頼でライターとしても活動しています。

そもそも、ブログ文章の書き方にはルールが、読まれる記事には一定の法則があります。

映画と一緒。見づらい字幕や画面、山場のない平坦なストーリーだったらどうでしょう?

お客さんははすぐに寝るか席を離れてしまいますよね。

今回はブログの書き方の基本から、読者が無意識に読み進めてしまう理想的な文章構成のコツまで、私のすべてを暴露しちゃいます。

有料にしたいくらいの記事なんで、ブログで結果が出てない方は心してご覧ください(笑)

ブログの書き方基本ルール

ブログ記事には書き方に一定のルールが存在します。

なぜなら、記事の内容以前に、文章の読みやすさを担保しなければならないからです。

それに、読みづらい記事はSEO的にもよくありません。

悪い例

お年玉で一万円を貰ったんです。だからAmazonで¥8000の商品を買ったんです。お釣りが2,000円だったんです。

内容はともかく、超絶読みづらいですよね(笑)もちろん、個人ブログであれば、ルールを守らなくても誰も文句は言いませんがw

これは、企業から報酬を得ているライターにも共通するルールですので、覚えておいて損はないでしょう。

意外と知らないことも多いと思いますので、初心者ではないブロガーさんもぜひご一読ください。

表記の基本ルール

まずは、表記の基本から。項目別に説明していきます。

ちなみに、絶対こうじゃなきゃいけないということではありません。文章によっても違うので、臨機応変に対応してくださいね。

■文体

基本は「です、ます」。ただし、話口調で書くなら「ですよ、ますね」など、語尾につけてもOK。

■固有名詞は短くしてOK

固有名詞は敬称、尊称を省略したほうが読みやすくなります。

例)株式会社ユキスキ(以下ユキスキ)、ブトロス・ガーリ元国連事務総長(以下ガリ氏)、ユキスキ(以下Y)

■一般に浸透している外来語は基本的にカタカナ表記

例)Amazon→アマゾン、iPhone→アイフォーン

■英文は斜字体。読み方と意味を併記してあげると親切

例)evidence(エビデンス。根拠・証拠の意味)

※ただし、基本的に難しい英語は使わないほうが無難です。

■数字は半角

例)✖1→○1

■ヶ所、個などは文章内で統一する

✖1ヶ所、二箇所、三ヶ所→○1ヶ所、2ヶ所、3ヶ所

■英文は半角、日本語は全角スペース

例)✖ワードプレス 基本→○ワードプレス 基本

■西暦、価格表記、階数、年齢等の表記は一致させる

例)✖1万円で8,000円の商品を買った→○1万円で8千円の商品を買った

✖2階から3Fに上がった→2階から3階に上がった

■文章内の送り仮名は一致させる

例)問合せ→問い合わせ、お話→お話し、申込→申し込み

■会話や強調のかぎかっこは「」だけ

✖『ピザ』、”ピザ”→○「ピザ」

■漢字の送り仮名はひらがな表記

例)

  • 致して→いたして
  • 下さい→ください
  • 良い→いい
  • ~の事→~のこと

■読み方の難しい漢字は使わない(もしくはふりがな)

例)

  • 概ね→おおむね
  • 庇う→かばう
  • 予め→あらかじめ
  • 所謂→いわゆる
  • 如何→いかが

■語尾はできるだけ断定する

✖~みたいです、~じゃないですかね→○~です

■!や?は使い過ぎない

✖今日は友人と久しぶりの食事!超楽しみです!どのくらい合ってないかな?1年ぶりくらいでしょ?

改行・句読点は適度に挿入

続いては文章の基本ルールです。のちのちリライトするのは面倒なので、最初から覚えておくことをおすすめします。

■改行は2行以内に収める(ブロックエディターの場合)

今はほとんどの読者がスマホでブログを見てます。ですので、スマホファーストで文章を構成しましょう。

たとえば、ワードプレスのブロックエディターであれば、2行以内に改行するのが望ましいです。

スマホで見ても、2行以内に収めれば、ほどよく改行されてますね。

■読点は一文に対して2ヶ所まで

句読点は2ヶ所以内に収めましょう。なぜなら、句読点が2ヶ所以上になると、送り仮名が多く読みづらい文章になってしまうからです。

句点は「。」読点は「、」のこと。

文章が長くなりそうな場合は、句点でいったん休みを入れます。

例文)

✖今日は晴れていたので、朝から洗濯をして、その後、カフェでブログ書こうと思ったのですが、急に両親から連絡があり実家へ向かいました。

○今日は晴れていたので朝から洗濯をしました。その後、カフェでブログを書こうと思ったところ、両親から連絡があり実家へ向かいました。

同じ語尾が続かないようにする

これ、私も無意識にやってしまうのですが、「~です」「~ます」「~した」「~しょう」などの語尾が連続しないようにしましょう。

例)

✖カフェでブログを書こうと思ったのですが、家にパソコンを忘れてしまったのです。

○カフェでブログを書こうと思いましたが、家にパソコンを忘れてしまったのです。

色や太字、フォントサイズの使い方

色や太字、フォントサイズに関しては、大前提として読者が読みやすいことを基準に使ってください。

悪い例)

今日は晴れていたので朝から洗濯をしました。そのあと、なんとまーくんから電話が。

「もしも~し!超久しぶりなんだけど!」

「お前変わってないよね(笑)」

ほら、とっても読みづらいですよね(笑)これだと、本当に強調したい文章が伝わらなくなってしまいます。

正直、過度な強調やフォントサイズの変更は自己満足でしかありません。せめて、各見出しに対して1ヶ所にしておきましょう。

■赤文字、太文字

私は、基本的に赤文字太文字しか使いません。なぜなら、色を使いすぎると読みづらくなるからです。

赤文字・太文字の使い方ルール

  • 太文字→強調に使う
  • 赤文字→注意に使う

また、リンクテキストは青色が基本。リンク以外の文章にブルーを使うのはご法度です。

■アンダーライン

アンダーラインは好みの問題ですが、どちらにしろ、あまり多用しないほうがいいでしょう。

各見出しに対して、一ヶ所が目安です。

■フォントサイズ

フォントサイズも、ネタ記事以外は初期設定のまま変えないほうがいいです。

今は、ほとんどの方がスマホでブログを読みます。だから、フォントが大きいと読みづらいんですよね。

枠や吹き出しの使い方

悪い例)

ゆき子「ブログ記事の書き方のコツ教えてください!」

ユキスキ「ブログ記事を書くコツは、読者の悩みにフォーカスすることです」

良い例)

ゆき子
ブログ記事の書き方のコツ教えてください!
ユキスキ
ブログ記事を書くコツは、読者の悩みにフォーカスすることです

どうでしょう、会話文は「」より、吹き出しのほうがインパクトがありますよね。

悪い例)

※すべての方に当てはまることではありません。

良い例)

すべての方に当てはまることではありません。

注意書きや補足も、色つきの枠に入れたほうが目立ちます。

【動物の名前】

  • キリン
  • ゾウ
  • ライオン
  • クマ

また、箇条書きの補足説明を枠で囲ってもいいですね。

このように、文字だけの羅列(られつ)より、枠を付けてあげたほうが読みやすくなります。

ブログ記事の書き方

ブログ文章の基本をご理解頂いたところで、実際に記事を書いてみましょう。

とはいえ、いきなりブログ初心者の方が、思いつきで文章を書いてはいけません。

もちろん、有名人・芸能人などある程度ファンが担保されているなら別ですが、無名の一般人がその書き方をすると100%失敗します。

今回のご紹介する文章構成は、私がほとんどの記事で使っているテンプレです。

このテンプレで30万PVまで伸ばしたといっても過言ではないので、ぜひ真似ていただければと思います。

タイトルを決める

まずは記事のタイトルを決めましょう。

タイトルはSEOにも関わる重要な部分ですので、キーワードから選定することをおすすめします。

今回の記事のメインテーマから離れてしまうので、タイトルに関しては別記事にしました。

タイトル・キーワード選定については下記を参照ください。

タイトルに沿って見出しをひたすら箇条書き

タイトル(キーワード)が決まったら、見出しを箇条書きしていきます。

いわゆる骨格作りですね。

この作業の良いところは、出先で見出しを思いついた時などにも、さっとメモが取れることです。

記事の全体像を把握するためにも、本文を書く前に見出しを考えることが重要になります。

ブログ記事は、下記の順番で構築していきます。

  1. 問題提起
  2. 結論
  3. 理由
  4. デメリット
  5. 次の記事への誘導

慣れてくれば、この流れに沿わなくてもいいのですが(結論を最後まで引っ張ったり)、最初はこのテンプレをベースに執筆していくことをおすすめします。

もしかすると、初心者の方はここまでの作業が無駄に感じるかもしれませんw

でもね、初心者の方が思いつくままに書いていくと、突然話が飛んだり前後関係が無茶苦茶で読みづらい文章になってしまうんですよ。

少なくても、副業としてブログを成功させたいのなら、まずはこの順序で執筆したほうがいいです。

というわけで、次項からは「ブログ運営をおすすめする記事」という想定で、実際の文章を交えながら説明していきたいと思います。

問題提起

まずは、冒頭の問題提起から。ポイントは4つあります。

  • 冒頭文で自己紹介
  • 導入文で読者を共感させる
  • 目次(見出し)で記事の内容が分かるように
  • 親近感の重要性

次項から順番に深堀していきます。

冒頭文で自己紹介

例文

会社員のかたわら10万PVを誇るブログを運営している、ブログスペシャリストのりょうちゃんです!

先週は子どもが熱を出してしまいブログを書く時間もなかったのですが、おかげさまで回復しました!​

※ちなみに、この例題の文章はフィクションです。

まずは、冒頭文ですね。

私の場合、最初に軽い自己紹介を入れています。

どこの馬の骨ともわからない人の文章より、軽く実績を紹介しておいたほうが記事の権威性が増しますよね。

※冒頭の自己紹介が重要な理由については、下記の記事を参照ください。

また、「ブログスペシャリスト」とか、肩書きを作っておくと、覚えてもらいやすいですね。

ゆき子
私、肩書きや資格なんてないですよ?
ユキスキ
いえいえ、そんなもの自分で作ってしまえばいいんですよ(笑)

もちろん、医師じゃないのに医者って言ったら詐欺ですが、もともと「ブログスペシャリスト」なんて職業・資格は無いわけですから問題ありません。

また、「子どもが熱~」部分は、ペルソナに合わせた小話を入れることによって、親近感を持ってもらう狙いがあります。

ただし、あまり長くだらだら書いてしまうと離脱される恐れがあるので、2行くらいで完結にまとめてください。

※ペルソナについては下記の記事を参照ください。

導入文で読者を共感させる

例文

みなさんブログって言うと、「面倒」とか「自分にはできない」なんて思ってませんか?

僕も最初は同じことを思っていました…でも、実は誰でもできちゃうんです!

さて、ここからが本題となる問題提起。

この記事を読んでいる時点でブログに興味はあるわけですから、そこから発生する悩みや疑問を解決してあげる必要があります。

「面倒」「自分にはできない」→私もそうでした

ここでも読者に共感して親近感を持ってもらい、さらに

実は誰でもできちゃうんです!

この文で、問題が解決できることをアピールします。

冒頭文って、映画でいえばダイジェストみたいなもの。記事を読んだらどんな利益が得られるか、いかに短い文章で伝えるかが重要です。

例文では簡単に書きましたが、悩みが深ければ箇条書きにしても良いでしょう。

とにかく、冒頭では「共感」「解決できる」という2点を踏まえて、記事を構築していきます。

目次(見出し)で記事の内容が分かるように

例文

  1. ブログが誰にでもできる理由
  2. どこでも書ける
  3. 収益を得ることも可能
  4. ブログのデメリット
  5. まとめ

みなさんも、本を買うとき、とりあえず目次だけ確認することはありませんか?

同じように、ブログも目次を見るだけで記事内容が分かるようにするのがポイントです。

実際、読者によっては目次を見て欲しい情報があるか判断します。目次を分かりやすくしておかないと、この時点で離脱される可能性も…

また、H2、H3タグにはキーワードを入れておきましょう。SEO的に有利です。

親近感の重要性

ゆき子
さっきからやたら「親近感」って言ってるけど、いったいなんですか?

そう感じた方も多いと思いますが、実は親近感ってすごく大事なんですよ。

たとえば、あなたがユニクロへ買い物に行くとして、

  • 同年代の男性or女性が店員のユニクロ
  • おじいさんが店員のユニクロ

どちらのユニクロのほうが買いやすいですか?

申し訳ないですけど、おじいさんのお店はそもそも入りづらいですよね…これが親近感の正体です。

心理学的に言っても、人間は自分に近い人の意見を信じやすいのです。だから、要所要所で親近感がわくような文章を添えるわけなんですね。

結論

続いては、結論部分です。ポイントは3点。

  • 記事の結論を一言で述べる
  • 話ことばでOK
  • 箇条書きで見やすさアップ

では、順番に説明していきましょう。

記事の結論を一言で述べる

例文

なぜ、ブログは誰にでもできるのでしょうか?それは時間・場所を選ばないからです。

さて、冒頭文が終わったら次は結論です。ここで違和感を持たれた方も多いと思います。

「いきなり結論から言ってしまうと、そのあとの文章を見てくれないのでは?」

だって、映画でも小説でも結論は最後ですよね。

では、なぜブログに限っては結論を先に言うべきなのか。

それは、結論を後回しにすると離脱される可能性が高いからです。

そもそも、小説やドラマと違い、隙間時間でサクッと見れるのがブログの魅力。理由ばかり述べて、なかなか結論にたどり着かなかったらどうでしょうか?

おそらくほとんどのユーザーは途中で離脱するはず。検索エンジンに戻られるのは、SEO的にもよろしくありません。

ですので、「冒頭文(ダイジェスト)のあとは結論から!」。

これがブログの大原則となりますので、必ず覚えておいてくださいね。

話しことばでOK

例文

「ブログなんて更新する時間がない」っていう気持ちも分かりますよ~

そもそもなんですが、ブログではどんな言葉遣いが良いと思いますか?

  1. 「~だから、~である。」
  2. 「~ですから、~です。」
  3. 「~なので、~ですよね。」

内容にもよりますが、基本的には3のように友達へ話しかけるような言葉遣いでOK。

なぜなら、丁寧すぎる言葉遣いは相手と上下関係や距離を生んでしまうからです。

例文

ブログは時間・場所を選ばず更新でき、なおかつ、育児中の女性や会社員の男性にとっても最適なツールと言える。

この文章、なんか偉そうだし距離を感じますよね(笑)

もちろん、政治や社会情勢に関してだったり、あえてこういった言葉遣いをすることによって権威性を持たせる効果もありますが、ブログ慣れしてないうちは使わないほうが無難です。

箇条書きで見やすさアップ

例文

ブログを始めるメリットは、

  1. 場所を選ばない
  2. 好きな時に書ける
  3. 収入を得ることができる
  4. 文章力がアップする
  5. 社会のことに詳しくなる

次項から詳しくお話していきます。

論拠となる理由がたくさんある場合は、結論部分で箇条書きをすることによって分かりやすくなります。

もちろん、目次をみればある程度内容は分かると思います。でも、あらためて文中でも理由を箇条書きしてあげると、より記事に引き込まれやすくなります。

理由

結論のあとは、その理由を述べます。ポイントは4点。

  • 説得力のある理由を述べる
  • 比較、引用で記事の信頼性がアップ
  • 例え話で分かりやすい文章に
  • 写真・イラストを適度に使う

順番に解説していきます。

説得力のある理由を述べる

例文

子育てとか、通勤電車の中でも更新できますよね。もちろん、旅行にだって自由に行けます!

結論を書いたら、次は理由を述べて論拠を固めていきます。

「結論を聞いてなんとなく理解できたけど、さらに詳しく理由を聞いてみたい」と思わせたら勝ち。

もちろん理由付けが弱すぎると「このブログはあまり役に立たない」という烙印を押されてしまいます。

結論で気を引いたら、説得力のある理由で読者を納得させましょう。

比較、引用で記事の信頼性がアップ

例文

私はブログを電車の中で書いてます。手が空いた時に書けるので誰でもできますよ。

引用:ジャッキー田中のブログ理論より

比較、引用は、理由の説得力を増すための手段として有効です。

ライターだけがそう思っているわけではなく、「他の人も同じことを言ってますよ~」という印象を与えることができます。

内容によっては、統計などを引用すると、より信ぴょう性が増します。

例文

たしかに、ツイッターやフェイスブックという手段もあります。しかし、記事が蓄積されないので、ブログのほうがおすすめです。

よく、横にタバコを置いて大きさを比較することありますよね。

ブログの論拠も一緒で、比較対象があったほうが、そのメリットがどれだけすごいことなのか理解しやすくなります。

例え話で分かりやすい文章に

例文

ブログは貯金みたいなものです。どんどんお金(記事)がたまって、やがてそれが資産となります。

伝わりやすい文章といえば、例え話も効果的。

特にライトユーザーに説明するときは、なるべく専門用語を使わずに例え話で伝えたほうが理解しやすいですね。

例文

GDPを動物に例えると、アメリカがライオン、中国が虎、日本はヒョウくらいのイメージです。

どうでしょう。こうやって例えてあげたほうが理解しやすいですよね。内容が難しかったり、複雑な記事であるほど例え話は有効です。

写真・イラストを適度に使う

記事には、適度に写真・イラストを入れてみましょう。理由は3つあります。

■信ぴょう性を高める

「2ヶ月で10kg痩せました!」って文章だけで信じる人はいませんよね(笑)写真は、まさに「証拠写真」になるのです。

■読者に臨場感を持たせる

旅行やイベントなど、写真を掲載したほうが、より現場の雰囲気を想像しやすくなります。

■ちょっとした休憩

私は、長い記事ほど上のようなイラストを挟んで、心を楽にしてもらってます(笑)

必ずしも写真が必要ない記事でも、適度に写真・イラストを挟むと、読者がひと呼吸おくことができます。

デメリットの書き方

例文

ただし、ネタを考えるのが大変です。かと言って、適当な文章を書いてもファンが逃げていくだけ。

だから、日頃から雑誌等で情報収集しておくことをおすすめします。

理由の項では、どうしてもメリットばかり語ってしまいがち。でも、うまい話ばかりする人を読者は簡単に信用してくれません。

そこで、記事には必ずデメリットや反対意見を入れましょう。

デメリットも包み隠さず書く事によって、「この人は正直に話してくれている」と、記事の信用度が一気に増します。

だから、デメリットをおそろかにしてはいけないのです。

ただし、デメリットだけ羅列すると、悪い部分が強調されてしまいます。

ですので、必ずデメリットのあとには解決方法やフォローを入れるようにしましょう。

また、ちょっとしたテクニックですが、あえて一部の読者を切り捨ててしまう方法もあります。

「反対意見もある→こういった方はやらないほうが良い」

確かに、一部のユーザーを切り捨てるのはデメリットでもありますが、その分ブログの信頼性を高めることができるのです。

次の記事へ誘導

最後は次の記事への誘導です。

そもそもあなたなら、読者は何をもって満足したと思いますか?

実は、読後の行動で読者の満足度を測ることができます。

■満足したと思われる読者の行動

  • ページを閉じる
  • 広告をクリック
  • ブログ内の関連記事をクリック
  • ブックマークする

■満足してない読者の行動

  • 検索エンジンに戻り、再度グーグル検索する

SEO的には、ブクマやページを閉じてもらうだけも十分なんです。

でも、一番は広告をクリックしてもらう、もしくは関連記事をクリックしてもらうのがベストですよね。

ですので、読後の読者を放置せず、上手く誘導しなければいけません。

広告、もしくは次の記事への誘導

例文

初心者の方がブログを始めるなら、ワードプレスがおすすめです。

→広告リンク

ブログ運営に関してはこちらの記事も参照ください。

→関連記事のリンク

広告や関連記事の誘導方法に関してはいろいろやり方がありますが、私はあえてゴリ推ししないセールススタイルです。

だって、自分が強引にセールスされたら嫌じゃないですか(笑)ユニクロをみてください。接客しなくてもみんな買っていくでしょう。

ここで購入してくれないなら、まだまだ説得材料が足りなかったということ。記事に納得すれば、セールスしなくても勝手に購入してくれます。

しかし、説得できなかったからと、ただ読者が離脱するのを指を加えて見ているのは愚の骨頂。

こういった場合、なぜ読者が購入してくれなかったのかを考えます。

  • まだ、読者の悩み・疑問がすべて解決してない
  • 他のブログサービスも比較したい

ここまで読者の考えを読んで、関連記事のリンクを貼るわけです。

校正

校正とは、誤字・脱字のチェックのこと。はい、私が一番苦手な分野です(笑)

新聞社・出版社によっては校正部がありますが、もちろんブログは自分で見るしかありません。

しかし、本来自分で書いたものを自分で校正するほど危険なものはないんです。

人間には思い込みがあるので、誤字脱字や文章の脈絡がおかしくてもスルーしてしまうんですね。

ユキスキ
しょせんブログなので、そんなに正確性を求める必要もないですが…

私の場合、完成から日をあけて校正するようにしています。なぜなら、脳内が一度リセットされた状態で校正できるからです。

また、ノートパソコンで校正したあと、改めてスマートフォンで校正します。

不思議なもので、ノートパソコンで見ていると気づかなかった点も、スマホだと多数発見できるんですよね。

また、スマホで見たときの写真や改行のレイアウトもチェックできます。

まとめ

ゆき子
えっ!ブロガーさんって、ここまで考えて記事書いてるの?
ユキスキ
「私には無理~」って思ったでしょ(笑)

少なくてもブログで成功したいと思うなら、このくらい考えて執筆しないと収益は得られません。

でもね、面倒だなんて思うのは最初だけですよ。執筆していくうちに自然と書けるようになります。

ぜひ、この記事を参考にして、執筆いただければと思います。

ライティング全般に関しては、下記の記事も参照ください。


スポンサーリンク




ライバル不在のニッチなジャンルで継続的に10万円を稼ぐブログ理論(有料ノート)

少ない作業時間でも収益をあげることができるブログ運営理論です。

今回、5年間ブログを運営してきて、自分の理論に自信が持てたので有料で公開することにしました!(前半の8,000文字は無料で読めます。)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

38歳サラリーマンで1児の父。会社での給与がなかなか増えないので、小遣い稼ぎのつもりでブログを開始する。「ニッチブログで小さく稼ぐ理論」を提唱しており、現在はGoogleアップデートの影響を受けづらくライバルが少ないジャンルで月間20万円前後を安定的に稼ぎ出しています。