マンションor一戸建て選ぶならどっち?悩むなら極限まで悩むべき!【戸建購入奮闘記③】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

前回の中古or新築?私が新築を選んだ理由とFPに相談した経緯とは【戸建購入奮闘記②】に引き続き、私の新築戸建を購入するまでの経緯をお話したいと思います。

前回までのあらすじ

3人家族だった我がらくスノ一家は、ひょんな事から家を購入することになり、中古マンションを見学するがなかなか良い物件が見つからない。

ターゲットを新築物件に切り替えて探そうとするが、今度は返済が不安だと妻からストップが。

そんな時現れたファイナンシャルプランナーという救世主に助けてもらい、返済やライフプランも明確になり、新築物件の購入に向けて動き出すのであった…

マンションそれとも戸建?

前回、やっとこさ新築物件の的を絞り探し始めたわけですが、その前に解決しておかなければならない問題がありました。

それは、

マンションか?戸建か?

ということです。

しかし、私達家族の住んでいる賃貸マンションは、都心につながる地下鉄2路線と私鉄2路線が乗り入れするターミナル駅。

とてもじゃないですが、戸建なんて高嶺の花だと思っていました。

ちょうど住んでいる賃貸マンションの付近に新築分譲マンションを2棟発見したので、とりあえず見学へ行ってみることに。

設備の進化に驚く!

見学に行って妻とびっくり!

  • オートロック
  • 自宅ドアがカードキー
  • 床暖房
  • 自動お湯はり(風呂)
  • 食洗機
  • 浴室乾燥
  • ディスポーザー

ネタでしょ?って思われるかもしれませんが、マジです(笑)

そもそも、今住んでいる賃貸マンションも築20年以上、私の実家のマンションに至っては築35年以上です。

ウワサには聞いていましたが、上記のシステムがあるような家に住んだことはありません。

家のシステムもそうなんですが、室内も進化していました。

不動産会社
段差のないベランダですので、お子さんも安心です。
らくスノ
ほう、確かに…
不動産会社
2LDKなんですが、ドアをスライドさせて収納すると6畳の部屋が10畳のリビングと合体します、これで来客が多くても対応できますよ〜
すご〜い、憧れのホームパーティもできる!

もう、営業の方の手のひらで転がされまくりです(笑)

マンション2棟見学に行っただけでお腹いっぱいになって帰ってきました。

家族会議

帰ってから、さっそく娘を寝かせ家族会議です。

家族会議って言っても妻しかいませんが(笑)

条件的には2棟とも近かったので、あとは物件価格だけでした。

より駅に近いマンションが500万円ほど高かったのです。

らくスノ
ねぇどっちが良かった?
私はどっちでもいいよ、あとはあんたに任せる!
らくスノ
おい、そんな無責任な…

いざ自分に全権が委ねられると、とたんにプレッシャーが重くのしかかります。

大企業の社長や、一国のリーダーは、いつもこういった重圧を抱えているのでしょうか?

どちらのマンションも、今の賃貸の設備に比べたら天国です。

でも私には、またまた引っかかる部分が出てきてしまったんです。

 

やっぱり戸建てがいい!

私の優柔不断な性格が、ここでもまた出てきてしまいました。

らくスノ
やっぱり戸建てがいいな〜

なんて、思い始めちゃったんです。

私の実家はマンションでしたので、一戸建て、特に階段に憧れを抱いていたんです。

これは実家がマンションだった方にしか分からないかもしれませんが、やっぱり小さくても自分だけの城が欲しい!

はい、完全に自分のエゴです(笑)

そのほかにも理由はありました。

  1. 生活音(特に子ども)を気にしなくて良い
  2. マンションよりも部屋が広い
  3. 駐車場が無料

結論を言ってしまうと、”生活音気にしなくて良い”というのは大正解でした。

私も小さい頃、よく両親に「家では静かに歩きなさい!」なんて怒られました。

今3歳になった娘は、ジャンプはするわ、大声で叫ぶわでめちゃくちゃですが(笑)それでも戸建ですので、騒音に関しては安心感があります。

あと、いつかは車を買って家族でピクニックでも行きたいなぁと思っていたので、駐車場があることも魅力でした。※いまだに車は買っていません…

物件探しはタイミングが大事

すでにゴールテープは見えていたのに、ふりだしに戻りました…妻も呆れ気味です。

やっぱり一生の買い物です、ここで妥協したくなかったのです。

しかし、ここで物件の神が私に舞い降りました!そんな神がいるのかわかりませんが(笑)

なんと、この地域では珍しく、大規模分譲建売住宅の販売広告を発見しました。

3LDKで駐車場付き、ターミナル駅から徒歩8分!

らくスノ
単独でその地域に引っ越すと近所付き合い大変そうだけど、分譲なら安心だね。

後から知ったのですが、すでに広告を出す前にほとんど完売していたとのことで、運良く私が最後の1棟を手にしました。

ただし、決して運が良かっただけではなく、約3ヶ月間毎日いろいろな物件紹介サイトを見ていましたので、新しい広告の発見が早かったことも理想に近い物件に巡り会えた理由です。

あと、毎日物件情報を見てると、素人なりになんとなく良い物件が分かってくるようになるんですね。

これは物件を探す上で非常に大事なことだと思いました。

しかし、問題が2点ありました。

まず金額に関して、この地域の相場としてはかなり安いものの、それでも予算を少しオーバーしていたこと。

そして、2点目が線路に近いことでした。

物件の住所を調べてみると3m先がすぐ線路…

らくスノ
これは騒音のせいで相場よりもやすいんだな

さすがに素人でも、なぜ相場より安かったか容易に想像できました。

”不動産に掘り出し物は無い”というのは本当だと思います。

こんな良い条件なのに、この家だけ最後に残ったのがなんとなく分かった気がしました。

いざ物件見学へ

物は試し、物件情報だけ見てモヤモヤしてるくらいならと、見学へ行くことになったのです。

そして、実際に見てみるとイメージ通りで妻も私も気に入りました。騒音以外は…

やはり窓を開けると電車の通過音が気になります。

らくスノ
騒音さえなければ即決するのになぁ…

この不動産業者はテレビCMも流している大手で、土地の購入、設計・施工から販売まで全て自社及びグループ会社でおこなっています。

見学に行った時点でまだ内装はできていなかったのですが、家を見たあと不動産会社の営業の方が施工会社のショールームまで車で案内してくれました。

そして壁紙やフローリングの色について、施工会社の担当者がていねいに説明をしてくれたのです。
私ら夫婦はグループ会社という事を全く理解しておらず、「施工業者と不動産会社の連携すごいなぁ」なんて感心してました(笑)

今考えると、やはり大手のほうが良い意味でマニュアル化されているので安心感がありますね。

家のことを考えると夜も眠れず

見学に行ったら一発で気に入りました、まさに一目惚れです(笑)

妻も満足そうでした、電車の騒音問題を除いて…

不動産会社のオフィスに戻ると、さっそく営業マンがプッシュしてきます。

不動産会社
こんな物件もう2度と出ないですよ!最後の1棟ですし、とりあえず申し込みしてはどうですか?
らくスノ
いや、やっぱり一生の買い物ですし、すぐにはジャッジできません。一回家に帰って考えます。
不動産会社
他にも問い合わせがきているので、次に来るときには完売しているかもしれませんよ?

でた~必殺の営業トーク!

でも他の方のブログで予習はしていたので、この殺し文句には騙されません(笑)

らくスノ
売れちゃったら運がなかったと諦めますよ。やっぱり勢いで買うものではないので…

これ、ほんとに本心で言いました、だってウン千万円ですからね。

実際にウン千万円の札束を見せられたら、誰でもちゅうちょするでしょう。

やっぱり、ここは一回冷静になるべきです。

てなわけで、その日は申し込みをせず、1週間後に不動産業者とまた会う約束をしたうえで帰宅しました。

しかし、それから夜も眠れない日々が続きます…

とにかく住宅の騒音問題に関する本やブログを読みあさり、付近の線路で騒音(デシベル)計測したりもしました。※計測するアプリがあります。

…でも、結局騒音ってその人しだいなんですよね。

同じ音でも、うるさいと言う人もいれば、そうではない人もいる。

そして、もうこんな良い物件は巡り会えないと確信しました。

らくスノ
まぁ今住んでる賃貸マンションも国道沿いでうるさいし同じ条件でしょ!

最終的に、「駅近(しかも4路線)で、夢の一戸建て」のメリットが「騒音で窓が開けられない」デメリットを凌駕し、ついに購入することに決めたのです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

もう本当に最後は倒れるかと思いました(笑)

そのくらい悩んだので…

でも、これから物件を購入される方に一言いわせてください。

絶対極限まで悩むべきです!

これは精神論なんかではありません。

だって、自分にとって完璧な物件を買える人ってそうはいないと思います。

「駅から遠いんだよな~」→自転車を購入する

「隣接している道路の交通量が多くて騒音が気になる」→道路側に家具を配置する

「家の裏手が雑木林で虫が多そう…」→害虫対策をしっかりやる

そういったマイナスポイントから起こりうる問題をあらかじめシミュレーションしておくと、実際にそうなった時も冷静に対処できます。

逆に勢いで購入してしまうと、後から「こんなはずじゃなかったのに…」なんて思ってしまうのです。

他の方のブログを見ると、その傾向が強かったです。

まさに”後悔先に立たず”ですよね。

 

また、自分のどうしても譲れない点と物件のマイナスポイントをノートに書き出して、天秤にかけてみるのも良い方法です。

譲れない点→駅近、妻と私が通勤で使える駅、一戸建て、駐車場

マイナスポイント→騒音で窓が開けられない、ベランダが狭い

私の場合騒音が一番のネックでしたが、それでも物件見学の時、3階はあまり音がしなかったので最終的にはその点は妥協しました。
しかし、まだ全ての問題が解決したわけではありません。

予算の問題が残っていますので、次回人気の新築戸建を200万円値引できた理由とは!?申込みから売買契約へ【戸建購入奮闘記④】で続きをお話したいと思います。

参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東京在住、元スノーボードインストラクターという一風変わった肩書きを持つ35歳のサラリーマンで、子育てと父親のあり方について考える子育てプロデューサー。 独身時代から多趣味なことが災いし、子どもが生まれたあともしばらくは自分中心の生活を続けていましたが、ある出来事をきっかけに改心して、今では娘と過ごす時間を一番に考え充実した毎日を過ごしています。