面白いほど売れる!アフィリエイト記事の書き方

この記事はこんな方によく読まれています

  • ブログで紹介している商品がぜんぜん売れない…
  • ブログアフィリエイトで商品・サービスを販売するコツが知りたい!
  • 読者はどういう心理状態で購入するの?

こんにちは。

一日1~2時間の作業で月20万円前後の収益を得ている副業ブロガー。「ニッチジャンルで安定的に稼ぐブログ理論」を提唱しているユキスキです。

本題に入る前に、記事の信頼性を担保するために、私の収益を一部公開します。

収益は有料ノートで公開しているため、今回は楽天アフィリエイトだけお見せしますが、アマゾンも同じくらい稼いでます。

今回の記事を真似ていただければ、少なくとも毎月このくらいの収益を得ることができます。

ところで、「ブログは儲かるって聞いたのに、アフィリエイト商品が売れない…」なんてお嘆きの方も多いのではないでしょうか。

実は、アフィリエイト記事には書き方の「型」が存在します。

その「型」通りに書いていけば、自然と商品・サービスは売れていくのです。

最後までご覧いただければ、売れるアフィリエイト記事を書く事ができるようになりますよ。

アフィリエイト記事の書き方は7つのプロセスを意識する

突然ですが、ご覧頂いている皆さんは、ユーザーが商品を購入するまでのプロセスって考えたことありますか?

もしご存知なければ、当然商品なんて売れるわけがありません。

路上でいきなり声かけられ、「ダイエットサプリ買いませんか?」って言われても買いませんよね(笑)

でも、もしかしたらあなたもブログアフィリエイトで同じことをやっているかも…

冒頭でお話しした通り、アフィリエイト記事で購入してもらうには「型」があります。

■アフィリエイト記事の「型」

  1. 記事全体のダイジェスト(リード文)
  2. 問題提起
  3. 体験談を語る
  4. 問題を放置したときの不利益を語る
  5. 解決策を明示する
  6. 解決できる根拠を明示する
  7. 今購入すべき理由を語る

これ、別に私が考えたわけではなく、昔から使われてきたセールステクニックです。

たとえば、TVショッピングを見てください。基本的にこの流れで番組は製作されています。

また、私の本職は法人営業ですが、新入社員のときの研修でも、同じようなセールステクニックを教え込まれました。

あえて「型」を壊すベテランアフィリエイターもいますが、0→1にするなら、まずはこのプロセスに沿って執筆しましょう。

アフィリエイト記事の例文

初めに、ダイエットサプリを例に、簡単なアフィリエイト記事を作ってみました。

夏って薄着になる季節ですよね。それなのに、このポッコリお腹…

私もよく友人に海へ誘われていましたが、太っているのがコンプレックスでいつも断っていたのです。

でも、せっかく異性と出会いのチャンスなのに、みすみす逃すのはもったいないですよね。

それに、太ったままだと、健康にもよくありません。

そこでオススメなのが、ユキスキサプリです。

毎日これを飲めば、体の代謝が良くなり、健康的に脂肪を減らすことができます。

実際、ユーザーの9割が、1ヶ月以内に効果を実感してます。

今月中のご注文で、1ヶ月分のサプリを無料サービス。

さらに、効果が無ければ全額お返しします。

ぜひ、これを機会にユキスキサプリをお試しください!

なんか薬機法に引っかかりそうな文章ですが…(笑)

このように、7つのプロセスに当てはめるだけで、誰でも簡単に売れるアフィリエイト記事を書く事ができます。

次項から、7つのプロセスについて、順番に解説していきます。

記事全体のダイジェスト(リード文)

まずは、リード文から。(長くなるので、例文では割愛しました。)

この記事にはどういったことが書かれていて、どういった悩みを解決することができるのか、簡潔に述べます。

実はリード文ってものすごく大事なんです。

だって、いきなりストーリーの分からない映画見ませんよね。

必ず、パンフレット、CM、インターネット、口コミなどで、どういった映画なのか情報を仕入れるはず。

逆にいうと、事前にどういったストーリーか分からない映画なんて誰も見ません。

アフィリエイト記事も同じ。

最初に記事内容のダイジェスト版を見せることで、読者がその先を読んでくれるようになります。

リード文の書き方については、下記の記事に詳しく書いていますので、合わせて参照ください。

問題提起

夏って薄着になる季節ですよね。それなのに、このポッコリお腹…

まずは、問題提起から。起承転結の「起」になる部分ですね。

以前も記事にしましたが、読者は何かしらの悩みを抱えているから検索するわけです。

だから、問題を明確化してあげる必要があります。

逆に、しっかり問題を浮き彫りにしないと、読者はすぐ離脱してしまいます。

問題提起とは、読者と同じ悩みを共有する通過儀礼なのです。

ここで注意したいのが、一口に「痩せたい」と言っても、人によって理由は様々だということ。

ダイエットであれば…

  • 夏に向けてスリムになりたい
  • 異性にモテたい
  • スポーツの記録アップを目指したい
  • 健康診断で太り過ぎと言われた
  • 体重は適正だが、内蔵脂肪が気になる

年齢、性別、痩せたい理由など、ペルソナ(ターゲット)を明確にしてから問題提起してみましょう。

当たり前ですが、ターゲットがずれていると商品は売れません。

体験談を語る

私もよく友人に海へ誘われていましたが、太っているのがコンプレックスでいつも断っていたのです。

TVショッピングでも、「山下さんが1ヶ月試してみました!」みたいなのありますよね。

同じように、アフィリエイト記事で自身の体験談を語るのは、以下の効果があります。

  • 読者の共感を呼ぶ
  • 記事にリアリティを持たせる
  • 記事にオリジナリティが出る
  • 記事の信頼性が構築される

もしくは、あなたが専門家であれば、自身の実績と改善方法を語ってもいいでしょう。

このように、アフィリエイト記事は、「何が書いているか」はもちろん「誰が書いているか」も重要な要素です。

もちろん、慣れてくれば、体験談がなくてもリアリティのある記事を書く事はできます。

しかし、アフィリエイト初心者の方は、自身の体験を元に執筆することをおすすめします。

問題を放置したときの不利益を語る

でも、せっかく異性と出会いのチャンスなのに、みすみす逃すのはもったいないですよね。

それに、太ったままだと、健康にもよくありません。

実は、読者の中には、問題を放置したときの不利益に気づいて無い方もいます。

ですので、必ず記事の中で、不利益を明確にしてあげる必要があります。

■太っていることの不利益

  • 血圧が上がる
  • スポーツで記録が伸びない
  • 異性にモテない
  • だらしなく見られる

ここで、読者が気付かなかった不利益を教えてあげると、危機意識を煽り、商品の購入率が高まります。

解決策を明示する

そこでオススメなのが、ユキスキサプリです。

毎日これを飲めば、体の代謝が良くなり、健康的に脂肪を減らすことができます。

読者の危機意識が高まったところで、解決策を明示してあげます。

ここで注意したいのが、売りたい商品をゴリ押ししないこと。

たとえば、ダイエットにしたって様々なやり方があります。

読者も馬鹿ではないので、サプリだけをゴリ押しすれば、きっとあなたの記事を怪しむでしょう。

まずは、様々な解決方法を明示してあげる。

そのうえで、読者がダイエットサプリを購入したくなるようなセールスライティングが重要です。

例文

有酸素運動は続けるの難しいですよね。食事制限だと、我慢するの辛くないですか?

だから、ダイエットサプリがおすすめなんです!

解決できる根拠を明示する

実際、ユーザーの9割が、1ヶ月以内に効果を実感してます。

当然ながら、痩せますって言われて、そのまま信じる人は少ないですよね。

だから、この項でしっかり解決できる根拠を明示してあげます。

■解決できる根拠

  • 成分・効果
  • 類似製品との比較
  • 使用者の感想
  • 使用者のアンケート・統計

もちろん、自身の経験を語ってもいいですが、それだけでは信ぴょう性がありません。

第三者の意見・感想や、時にはデメリットも明示してあげると、より記事の信頼性がアップします。

今購入すべき理由を語る

今月中のご注文で、1ヶ月分のサプリを無料サービス。

さらに、効果が無ければ全額お返しします。

ぜひ、これを機会にユキスキサプリをお試しください!

TVショッピングではお馴染みですね。期間限定で煽り、全額返金で購入のハードルを下げます。

以前記事にしましたが、基本的に人間って行動しない生き物なんですよ。(行動回避の法則)

ですので、いくらその商品がお得でも、そのままでは購入しない読者が多いのです。

そこで、期間限定や全額返金で購買欲を煽るんですね。

■購入を煽る方法

  • 今買わないと売り切れる可能性があります!
  • 限定値下げなので、今が購入のチャンス!
  • 人気商品で、現在も品薄です!
  • 昨年モデルにつき、在庫限りです!
  • 先着100名様限定です!

行動回避の法則については、下記の記事も参照ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後に今回の記事をまとめてみたいと思います。

①アフィリエイト記事の書き方には「型」がある。

②記事全体のダイジェスト(リード文)

→続きが読みたくなる、リード文を書く

③問題提起

→読者の悩み(課題)を明確にしてあげる

④体験談を語る

→アフィリエイト記事は、誰が書いているのかも重要な要素

⑤問題を放置したときの不利益を語る

→読者が気づいていない不利益を教えてあげる

⑥解決策を明示する

→売りたい商品をゴリ押ししない

⑦解決できる根拠を明示する

→主観ではなく、第三者の意見・データを取り入れる

⑧今購入すべき理由を語る

→購入を迷っている読者の背中を押してあげる

 

私も最初の頃は、「型」を意識しながら執筆してました。

慣れてくると、自然に「型」通り書けるし、自分流にアレンジしても売れるようになります。

とりあえず、売上を0→1にしたいなら、「型」を意識して執筆してみましょう!

必ず商品が売れるはずです。

ではでは、さようなり~


スポンサーリンク




ライバル不在のニッチなジャンルで継続的に10万円を稼ぐブログ理論(有料ノート)

少ない作業時間でも収益をあげることができるブログ運営理論です。

今回、5年間ブログを運営してきて、自分の理論に自信が持てたので有料で公開することにしました!(前半の8,000文字は無料で読めます。)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

38歳サラリーマンで1児の父。会社での給与がなかなか増えないので、小遣い稼ぎのつもりでブログを開始する。「ニッチブログで小さく稼ぐ理論」を提唱しており、現在はGoogleアップデートの影響を受けづらくライバルが少ないジャンルで月間20万円前後を安定的に稼ぎ出しています。