子どもとアニメ映画見るならレンタル店よりもアマゾン動画配信サービスがおすすめ!

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

私こう見えても週最低2本はレンタル店で映画借りて見るんです。まぁ本当に映画好きの方にとってはひよっこかもしれませんがw

さらに、うちの娘はディズニーやしまじろうが大好きで、これまたゲオで週2~3本借りてました。

でも、我が家はお小遣い制なので、私にとってDVDやブルーレイのレンタル料は結構な負担(笑)

この記事を書くきっかけになったのが、実は近所のゲオのレンタル料金の実質値上げがあったからです。

今まで新作以外はすべて80円だったんですが、今回の料金改定で準新作は150円になってしまいました…

これがきっかけで、動画配信サービスを検討してみることになったのです。

調べてみると、なんで今まで動画配信サービス使わなかったんだろうというくらいメリットが満載でして。

特にアニメなど子ども向けの動画配信は最強なんじゃないかと思うくらいです。

というわけで、今回は「子どもとアニメ映画見るならレンタル店よりもアマゾン動画配信サービスがおすすめ!」と題して、アマゾンプライムビデオについてお話したいと思います。

動画配信サービスのメリットとは?

いったんアマゾンプライムビデオの話は置いといて、まずは動画配信サービスのメリットからお話します。

■返す手間がない

仕事で遅くなった日や雨の日など、レンタルビデオって返すのが面倒だったりしませんか?

最近はポスト返却サービスもありますが、そもそも料金が割高だし結局外に出なければなりません。

動画配信サービスであれば返却する手間がありませんね。

■返却期限がない

定額プランで見れるものは、基本的に視聴期限がありません。

私も好きなシリーズものの映画があるのですが、毎回レンタルするのはもったいないので重宝してます。

■延滞料がない

ゲオやTSUTAYAって、延滞料が半端ないですよね。(1日360円とか)まぁ旧作はそれで利益を得ている部分もあるのでしょうけど…

借りたのを忘れていて、旅行先で気づいた時の悲壮感たるや…(笑)

動画配信サービスなら延滞料金はありません。

■いつでもどこでも見れる

車や電車の中、もしくは出張中のホテルなどでも見れるのは便利ですね。

■レンタル中ということがない

「見たいと思ったらレンタル中だった…」誰しも一度は体験しますよね。動画配信サービスなら借りることができなかったということがありません。

■レンタル落ち・マニアック作品が見れる

レンタル店だと場所も限られていますので、古い作品は在庫がない場合が多いです。

逆に、昔の名作やマニアックな作品も動画配信サービスなら探しやすいのはメリットですね。

なぜアマゾンビデオなの?

動画配信サービスが便利なのはお分かりいただけたと思いますが、では、なぜ子どもにはアマゾンビデオがおすすめなんでしょうか。

確かにdTVやHuluなど動画配信サービスは群雄割拠状態ですが、論より証拠ということでこちらの表をご覧下さい。

■子ども向け動画配信比較表

※スマホだとどうしてもはみ出してしまうので、ご覧になる場合は横にしてください。

動画配信サービス dTV Hulu U-NEXT アマゾンプライム
月額料金 500円 933円 1990円 325円
画質 SD/HD/4K HD フルHD/4K SD/HD/4K
ディズニー ○(有料) △(少ない) ○(有料)
ピクサー ○(有料) ○(有料)
ジブリ
アンパンマン
イルミネーション ○(有料) ○(有料)
ドリームワークス ○(有料) ○(有料) ○(有料)
しまじろう
ドラえもん
ポケモン
名探偵コナン(TVシリーズのみ) ○(有料)
ドラゴンボール
プリキュア
クレヨンしんちゃん(TVシリーズのみ) △(期間限定)
仮面ライダー ○(有料) ○(有料)
戦隊シリーズ △(少ない)
機関車トーマス △(少ない)
君の名は ○(有料) ○(有料)

※配信作品は時期により異なる場合があります。

※有料作品は、月額料金とは別に料金が発生します。

※アマゾンビデオは年間プラン3,900円(税込)、月間プラン400円(税込)となります。

ほら、もう説明しなくてもわかりますよね(笑)

一般の映画に関しては他のサイトでたくさん比較されているので今更ここで語るまでもないのですが、少なくても子ども向け映画・TV番組の配信に関してはアマゾンの一人勝ち状態なんです。

レンタル店と差は、有名どころだとジブリとクレヨンしんちゃんくらいでした。

アマゾンビデオのすごいところはそれだけじゃない!

アマゾンビデオのすごいところはそれだけじゃありません。

アマゾンプライムをお使いの方はなんとなくお分かりかと思いますが、これ、あくまでサービスの一部なんです。

■アマゾンプライムの主なサービス

  • アマゾンの配送料が無料になる
  • 1~2時間で品物が届く、プライムナウも無料で使える(一部地域のみ)
  • アマゾンプライムミュージックで100万曲が聴き放題
  • オンラインストレージサービスのプライムフォトは5Gまで無料

細かいサービスはもっとたくさんあります。

当然、他の動画配信サービスは”動画配信”がメインですが、アマゾンビデオは”アマゾンプライム”のサービスの一部でしかないのです。

月325円でこれだけのサービスですから、単純にアマゾンの配送料だけでも元が取れそうな気がします。

もちろん、アマゾンユーザーじゃなくても動画配信サービスとしては最安値なので十分お得ですね。

ストリーミングだと容量が心配…

でね、動画配信サービスの方が便利なのは私もうすうす気づいてはいたのですが、最大のネックがストリーミングだったんです。

ストリーミングはデータを読み込みながら動画が見れる便利な機能ではあるのですが、スマホやポケットwi-fiで視聴するとあっという間に通信制限かかります。

かと言って、家の無線LANやフリーwi-fiだけでは使い勝手が悪すぎます。

実は、私も今回使ってみて初めて知ったのですが、動画配信サービスはストリーミングだけではなくダウンロードができるのです。

ダウンロードが使えるなら通信速度を気にすることなく視聴できますし、スマホやパソコンの容量が気になる方は、前述のアマゾンフォトで保存もできます。

だいたい2時間の映画であれば5分前後でダウンロードできるので、私はコンビニでコーヒーを飲みながらフリーWi-Fiスポットで落としています。

スマホなどにダウンロードすれば持ち運びできますので、旅の際お子さんと一緒に映画を見るなんてこともできますね。

TVで見るときは?

ご自宅のTVで視聴するときは、以下の付属機器が必要です。

  • Fire TV Stick
  • Amazon Fire TV
  • スマートテレビ
  • ブルーレイレコーダー・ゲーム機(PS4、WiiUなど対応機種のみ)

TV単体とネット回線だけでは見れないので注意が必要です。(スマホやタブレットで視聴する場合は何の機器も必要ありません)

上記の機器をどれもお持ちでない方は、FireTVstickが一番手軽に視聴出来る方法です。

アマゾンで販売しているFireTVstickは、パソコンの起動や余計な設定が一切不要でHDMIにスティックを刺すだけで使えるので便利です。

音声入力やパッケージ画像を見ながらすばやく検索できます。

初期投資は5000円前後かかるものの、アマゾンビデオを解約しても使えるので※1、TVの視聴をメインに考えていらっしゃる方は検討してみてはいかがでしょうか。

※1アマゾンビデオだけでなくYouTubeやHuluなどの動画サイトもこれ一台で視聴できます。

ただし、FireTVstickは4Kや有線LANに対応していないので、その場合はAmazon Fire TVの購入をおすすめします。

こちらは、9000円前後しますが、ご家庭で4Kが楽しめるなら手頃な初期投資ではないでしょうか。

アマゾンビデオのデメリットは?

ここまでメリットしかお話してなかったので、アマゾンビデオのデメリットもお話したいと思います。

とは言っても、もともと配送無料の付属のサービスみたいなものですから特に大きなデメリットはないですねw

■動画のラインナップは少なめ

子供向けのアニメを除く動画のラインナップは、他の動画配信サービスより少ないです。

dTVやU-NEXTは12万コンテンツ、Huluも5万コンテンツ以上ですが、アマゾンビデオは3万5千と若干劣ります。

と言っても、有名どころの映画は揃ってますので、一度無料体験などで確認してみても良いかもしれませんね。

■ジブリは配信なし

アニメファンとして、ジブリシリーズが見れないのはかなり痛いですね。

しかし、表をみればわかる通りアマゾンビデオ以外の動画配信サービスもジブリは扱っていませんが…

やはりジブリは権利関係が厳しいのでしょうか。

■コナンシリーズが有料

映画も大ヒットしているコナンシリーズですが、なぜかアマゾンビデオだけ有料でした。

まぁコナンだけ見たいって方は少ないと思いますが、コナンファンは要注意ですね。

■無料から有料の切り替えに注意

これもアマゾンビデオに限らずなんですが、30日の無料お試し期間を過ぎると、自動で有料にアップデートされます。

それでも、有料期間内に一度も使わずに解約すれば料金は発生しませんが、1度でも使用すると更新されてしまうのでキャンセル忘れに注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

前項でも少しお話しましたが、30日間の無料お試しキャンペーンがあるので、使い勝手や配信している動画の種類など気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

また、「子どもだけでなく自分も映画を楽しみたい!」なんて方は、業界最大級の15万コンテンツ配信で月々500円のdTVもおすすめです。

こちらも1ヶ月の無料お試し期間があるので、一見の価値アリですね。

この記事が参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東京在住、元スノーボードインストラクターという一風変わった肩書きを持つ35歳のサラリーマンで、子育てと父親のあり方について考える子育てプロデューサー。 独身時代から多趣味なことが災いし、子どもが生まれたあともしばらくは自分中心の生活を続けていましたが、ある出来事をきっかけに改心して、今では娘と過ごす時間を一番に考え充実した毎日を過ごしています。