アフィリエイト記事のキーワードのずらし方

この記事はこんな方によく読まれています

  • キーワードずらしって何?
  • キーワードをずらす具体的な方法は?
  • 競合が強すぎて、狙ったキーワードで上位表示できそうもない…

こんにちは。

  一日1~2時間の作業で月20万円前後の収益を得ている副業ブロガー。

「ニッチジャンルで安定的に稼ぐブログ理論」を提唱しているユキスキです。

みなさんは「キーワードずらし」ってご存知ですか?

簡単にいうと、ライバル記事が強力で勝てそうもないときに、キーワードをずらして攻めることです。

まぁいきなりそんなこと言われてもわかりませんよね(笑)

この記事を最後までご覧いただければ、キーワードずらしの意味や、具体的な方法について深くお分かりいただけると思います。

キーワードずらしとは?

「キーワードずらし」とは、強豪が強いときに別のキーワードで見込客を集めることです。

たとえば、あなたがサッカーボールを販売したいとしましょう。

しかし、「サッカーボール おすすめ」とか「サッカーボール 人気」といったキーワードの上位は、すでに企業サイトで埋め尽くされています。

これでは、いくら個人で上質な記事を書いても、ドメインパワーで蹴散らされてしまうのです。

そんな時「キーワードをずらし」をおこなうと、競合することなくサッカーボールを探している読者を集客することができます。

※そもそも「キーワードって何?」というかたは、下記の記事を参照ください。

アフィリエイト記事のキーワードのずらし方

「キーワードずらし」する基準としては、

  • 検索1ページ目がほとんど企業サイト(楽天・アマゾン・カカクコム等)で占められている
  • 個人ブログだが、サイト規模・知識量が遠く及ばない

ライバルが強すぎるときに、この戦略が有効です。

具体的なキーワードのずらし方は、5種類あります。

  • 類義語でずらす
  • ネガティブワードでずらす
  • キーワードをもっとピンポイントにする
  • 別のキーワードからずらす
  • 言い換えでずらす

キーワードをずらすだけで、ライバルとのガチンコ勝負を避け、安定した見込客を獲得することができます。

次項から、キーワードのずらし方について、具体的に解説したいと思います。

類義語でずらす

一番ベターなのが「類義語でずらす」方法です。

たとえば「人気」に近い単語と言ったら、どんなワードが思い浮かびます?

  • 流行
  • 売れてる
  • ナンバーワン
  • 好評
  • 評判

ほら、少し考えただけでも、これだけの単語が思い浮かびます。

「サッカーボール 人気」のキーワードがレッドオーシャンであれば、「サッカーボール 評判」とか「サッカーボール 売れてる」などで攻める。

連想ゲームの要領でキーワードをずらすと、うまく競合を避けながら見込客を集めることができます。

ちなみに、類義語は「○○ 類語」などで検索すると、探すことができます。

ネガティブワードでずらす

ネガティブワードで検索する読者って、意外と多いんですよ。

  • サッカーボール 壊れる メーカー
  • サッカーボール 評判 悪い

などがそうですね。

ご覧頂いているみなさんも、購入前に悪評を調べることありませんか?

たとえば、ネガティブワードから集客して、「このメーカーのサッカーボールはすぐ壊れました→こちらのブランドがおすすめです」みたいな文章で読者を誘導すると、どんどん商品が売れていきます。

キーワードをピンポイントにする

ランチェスター戦略でいう局地戦ですね。よりターゲットを絞ることで集客につなげていきます。

たとえば「サッカーボール 人気」というキーワードから、さらにターゲットを絞るとこうなります。

  • サッカーボール 人気 小学生
  • サッカーボール 人気 初心者

「サッカーボール 人気」で記事を作っている大手サイトは、ターゲットが広すぎて細かい需要を満たすことができません。

そこで、よりターゲットを絞ることによって、ニッチな需要を拾うことができるというわけです。

ターゲット選定については、下記の記事も参照ください。

別のキーワードからずらす

完全に別のキーワードから集客する戦法です。

たとえば「サッカーボール 修理」というキーワードで集客して、「修理するなら買ったほうがいいですよ→おすすめのサッカーボール」みたいな文章の流れで商品を販売します。

他にも「サッカーボール 初心者」というキーワードならサッカーボールの需要があるでしょうし、別のキーワードから集客しても思いのほか商品は売れていくものです。

まずは、どんなシチュエーションでサッカーボールが必要になるか考えてみましょう。

さまざまな場面が思い浮かぶはずです。

言い換えでずらす

サッカーボールって、他にどんな言い方ができますかね?

  • 蹴る玉
  • 蹴球
  • 黒白のボール
  • サッカーで使う玉

まぁサッカーボールをたとえにすると、かなり強引ではあるのですか(笑)

ご覧いただいているみなさんも、検索時に適切な単語が思い浮かばないことありませんか?

  • ランドセル→通学バッグ
  • バックパック→アウトドア用リュック
  • ランチョンマット→食器をのせる敷物

このように、言い換えワードで検索する読者も一定数います。

そういった読者を狙って、キーワードをずらす戦略もアリです。

キーワードずらしのデメリット

もちろんキーワードずらしはメリットばかりではありません。下記の3点には注意してください。

■アクセス数が減る

基本的に、狙ったキーワードをずらすということは、アクセス数が減ることを意味します。

ある程度収益が欲しい場合は、その分記事を量産しなければなりません。

■ずらしたキーワードもレッドオーシャンの場合がある

ずらしたからといって、そのキーワードがブルーオーシャンであるとは限りません。

ですので、ずらしたキーワードの需要も必ず確認してください。

せっかく競合を避けて記事を書いているのに、レッドオーシャンに飛び込んでは意味がありませんからね。

■同義語を使っても意味がない

勘違いされている方も多いですが、同義語はグーグルが勝手に変換します。

  • スノボー→スノーボード
  • チャリンコ→自転車
  • ニガウリ→ゴーヤー

このような単語は同じものと認識されますので、キーワードずらしとは言いません。その点はご注意ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後にこの記事をまとめてみたいと思います。

①キーワードずらしとは、競合を避けながら見込客を獲得すること。

②キーワードのずらし方は5種類ある。

  • 類義語でずらす
  • ネガティブワードでずらす
  • キーワードをもっとピンポイントにする
  • 別のキーワードからずらす
  • 言い換えでずらす

③キーワードずらしのデメリット

  • 基本的にアクセス数は落ちる
  • ずらしたキーワードもレッドオーシャンの場合がある
  • 同義語はキーワードずらしとは言わない

 

なかなかアクセスが増えないなんて方。もしかするとレッドオーシャンで戦っていませんか?

企業サイトが牛耳るようなキーワードは、どれだけ質の高い記事を書いても、個人ブログでは太刀打ちができません。

ですので、少しやり方を変えて、ずらしキーワードで攻めることをおすすめします。

アクセスが増える文章の書き方については下記の記事にまとめましたので、合わせてご参照ください。

ではでは、さようなり~


スポンサーリンク




ライバル不在のニッチなジャンルで継続的に10万円を稼ぐブログ理論(有料ノート)

少ない作業時間でも収益をあげることができるブログ運営理論です。

今回、5年間ブログを運営してきて、自分の理論に自信が持てたので有料で公開することにしました!(前半の8,000文字は無料で読めます。)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

38歳サラリーマンで1児の父。会社での給与がなかなか増えないので、小遣い稼ぎのつもりでブログを開始する。「ニッチブログで小さく稼ぐ理論」を提唱しており、現在はGoogleアップデートの影響を受けづらくライバルが少ないジャンルで月間20万円前後を安定的に稼ぎ出しています。