【なぜ韓国人は日本に固執するのか?】韓国人と日韓関係について話したら本質が見えてきた

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

先日、プライベート親しくさせてもらっている韓国人の方と食事する機会があったので、国家間の問題などけっこう踏み込んだ話もしてきました。

その中で、大変興味深いお話を聞くことができたので、今日はその時のお話をしようとおもいます。

※韓国に対する個人的見解が多分に含まれていますが、あえて裏取りはしておりません。必ずしも記載していることが正しい情報とは限りませんので、あらかじめご留意ください。

ソウル生まれの韓国人キムさん

私は数年前に仕事で知り合った韓国人のキムさん(仮名)とプライベートでも仲良くさせていただいています。

キムさんは某韓国系IT企業のデザイナーで、在日ではなく、ソウル生まれソウル育ちの韓国人。

7年ほど前からIT企業の日本法人で働いており、現在も都内在住です。

週末は趣味で子ども向けのイラスト教室も開いているそうで、私も娘がもう少し大きくなったらお世話になろうと思っています。

その日は19時に都内の焼肉店で待ち合わせ。

らくスノ
キムさん!どうもお久しぶりです~
キムさん
らくスノさん!会いたかったですよ~

キムさんは日本に留学経験もあるうえに7年も住んでいるので日本語はペラペラ、中国語も話せるということで日本語も怪しい私とは対象的です(笑)

この焼肉店はキムさんおすすめのお店で、経営者も知人の韓国人とのこと。

キムさん
私は新大久保に行かないですね。あそこはただの観光地ですよ、韓国人はトッポギなんてあまり食べないですし。

そうです、実はこの焼肉店も新大久保のコリアンタウンではありません。

らくスノ
確かに日本人だって、寿司ばっかり食べてるわけではないからな(笑)

本場韓国風の焼肉は美味しい!

そうこうしているうちに注文した肉が運ばれてきましたが、私の足くらいあろうかという巨大な骨付きカルビ(笑)

らくスノ
一口サイズにカットしたものが出てくるんじゃないんだ…というか、この骨付きカルビどうやって焼くの…?

はい、完全に頭が混乱しております…そうなんです、どうやって焼いていいか分かりません。

…と思いきや、ハサミを持って現れた韓国人の店員さんが、慣れた手つきで肉をカットしていきます。

らくスノ
そりゃそうだよな、完全にテンパってしまったよ(笑)

そして、鉄板の上にこれでもかと肉を敷き詰める店員さん。

らくスノ
超うまそ~

そして、焼けた肉にタレをつけて普通に食べようとすると…

キムさん
らくスノさん。韓国ではね、必ずサンチュに巻いて食べるの!
らくスノ
へぇ~これが本場の食べ方なんだ、だから店員さんがナムルやらネギやら野菜をいっぱい持ってきたのか!

サンチュに焼肉や野菜をたっぷり巻いて食べるのが本場の食べ方らしいのですが(サムギョプサル風?)、確かにめちゃめちゃ美味い!

手巻き寿司や生春巻き、トルティーヤに近い感覚なんですかね。

そんなこんなで、ほどよくお酒も入り軽い話題からだんだんと深い話になっていきます。

日本と韓国の諸問題について

いくら友人とは言え「親しき仲にも礼儀あり」、さすがに話題が政治問題になるとドキドキです。

しかし、私が考えは杞憂でした。

なぜかというと、キムさんは合理主義のうえに、超親日派だったからです。

―竹島(独島)の問題はどう思いますか?

あんな小さな島ひとつで両国の仲が悪くなるのは忍びないですね。

韓国が自分たちのものと主張するなら、堂々と国際司法裁判所に提訴すれば良いだけの話。

両国の合意が無いと、国際司法裁判所へ提訴することができません。日本は竹島の領土問題に関して紛争を付託することを提案しましたが、韓国側が拒否しています。

―慰安婦問題に関してはどうですか?

真偽のほどはともかく、当事者じゃない人に謝罪を求めても意味がないですよ。

あとは、このあいだの慰安婦問題日韓合意もそうですが、当時の行為について日本でも真摯に謝罪したいと思っている人がいるわけですから、その気持ちは韓国人も素直に受け止めるべきだと思います。

あんな大使館や領事館の前に慰安婦像建てたり、大統領が変わって合意を一方的に破棄されたら日本だって感情的になるでしょ。

補足

日本のスタンスとしては、1965年の日韓基本条約をもって国家間の一切の請求問題は解決済みとしています。

らくスノさんを含め日本人に勘違いして欲しくないのは、あんなこと(慰安婦像設置)してる韓国人は本当に一部の人間だけですからね。

韓国にとって日本は巨大な市場を持つ魅力ある国なのに、こんな非合理的なこと(反日)で悪感情を持たれ、みすみすビジネスチャンスを逃している。

独島(竹島)や銅像と日本市場どちらを取るんだって話ですよ、韓国人はもっと冷静になるべきです。

らくスノ
なるほど、ビジネスマンらしい考えだなぁ

韓国人が考える母国の嫌いなところとは

前項のキムさんの意見は、韓国人の中でも希有な例だと思います。

おそらく日本と韓国の間で問題が起こるたびにビジネス上で損失を被っているのでしょう、韓国人にも関わらずかなり痛烈に自国を批判していました。

しかし、キムさんが母国韓国批判する根本的な原因は、別のところにありました。

それは、韓国の徴兵制度です。

はい、現代日本人にとってはすでに馴染みのない徴兵制度ですが、韓国人男性には2年間の兵役があります。

キムさん
らくスノさん、私は人生の大事な2年間を兵役によって無駄に過ごしました。

う~ん、私は軍隊なんて入ったことがないので、かける言葉がみつかりません。

韓国では、大学に在学中に休学して入隊するパターンが多いとのこと。

なぜかというと、兵役を終えていないと就職できないらしいのです。

らくスノ
確かに入社したあと兵役で2年も休まれたら困るもんなぁ…
キムさん
らくスノさん。2年あったら留学したり専門学校で学んだり、いろいろなことができるわけです。家族や恋人とも別れて暮らさなければならない、こんな無駄なことありますか?
らくスノ
確かに、20代前半の2年はめちゃめちゃ貴重ですね…

でも、韓国は恐ろしい隣国といまだに休戦中なのです。

 

韓国はいまだ休戦中にある

そうなんです、韓国は北朝鮮とあくまで休戦中であり(朝鮮戦争休戦協定)平和条約を結んだわけではありません。

いつ戦争が起こってもおかしくないので韓国には徴兵制度が残っているわけです。

キムさん
でもね、らくスノさん。戦争は職業軍人に任せておけば良いのです。わざわざ男子全員を徴兵することなんてないのですよ。

キムさんは、すでに兵士数に物言わせた戦争は過去のものであると言っているのです。

現代では数万、数十万の軍団同士が戦闘するなんてことは起きないと言われています。

あまりにもハイテク兵器が発達しているうえに、それを操作したり対抗するには、にわか仕込みの兵士をかき集めても役に立たないからです。

ローン・サバイバーというアメリカの映画をご存知でしょうか?

アメリカが誇る精鋭特殊部隊ネイビー・シールズによるアフガニスタンにおけるターリバーン指導者暗殺作戦中に起きた、ネイビー・シールズ史上最大の悲劇といわれるレッド・ウィング作戦を、実際に作戦に参加し、ただ一人奇跡の生還を果たした元隊員マーカス・ラトレルの手記『アフガン、たった一人の生還』を原作に映画化。

引用:ウィキペディアより

主人公を含め、メンバーの4人はアフガニスタンの敵中に取り残されるわけですが、100人を超えるタリバン兵と互角に戦うのです。

いくらアメリカの精鋭部隊とはいえ、100人対4人ですよ!

しかも、アメリカ兵の1人は生還しています。

もう戦争はとっくに兵士数の時代ではなくなっているのです。それでも兵士数をやたら誇張してくるのが北朝鮮という国ですが…

合理的なキムさんが、徴兵制不要説を唱えるのも無理はありません。

韓国の政治家もこの辺の事情はわかっているはずですが、それでも徴兵制をやめないのは国威発揚や愛国的な意味合いが強いんでしょうか…

だから息子は日本で育てたい

キムさんはすでに7年以上も日本に住んでいて、奥さんも韓国人ですが日本で出会って結婚しています。

お子さんも日本で生まれているそうです。

今後も韓国へは帰らず、お子さんも日本で育てたいとのこと。

キムさん
私は日本に来て差別なんて受けたことは無いですよ!

それは日本人として嬉しい限りです、やはり十把一絡げに特定の人種や国籍を批判するのは私も反対ですから。

個人的には韓国人になんの恨みも無いですし、私ももっと両国が仲良くできればと思っています。

キムさん
だから、息子は徴兵制の無い日本で育てたいのです。

アメリカのような生地主義ではなく、血統主義の日本で両親が外国人の場合、日本国籍を取れるのかどうか私には分かりません。

しかし、キムさんの気持ちは痛いほど分かります。

自分が徴兵制度で嫌な思いをしたので子どもには同じ思いをさせたくない、親として当然の考えですね。

日本が羨ましいからライバル心を燃やしている!?

最後にキムさんは、なぜ韓国人がここまで日本に対して固執するのか教えてくれました。

キムさん
GDP世界3位の超大国日本、韓国はどう頑張っても抜けないわけです。徴兵制もない豊かで平和な国。結局本心は日本人が羨ましいんですよ、一種の妬みです。

※あくまでも、キムさん個人の感想です。

キムさん
たぶん、日本が三流国家だったら、独島(竹島)だ慰安婦だなんて言っていないと思います。

なるほど。確かに韓国人に限らず、人間ってそういうところあるよなぁ…

やっぱり学校でも会社でも、イケメンで頭脳明晰、スポーツ万能の奴がいたら粗探しするかも(笑)

キムさん
軍事的にも経済的にも、もう非合理な感情論はやめて、もっと仲良くしないといけないんですよね。特に隣があんな国家なわけですし。

本当に同感です。

最後に硬い握手を交わして、内容の濃い食事会は終了しました。

日本人も冷静に考えるべき

キムさんは記事にすることに関しても快く承諾してくれましたが、これだけは強調してくださいと言われました。

植民地支配はすでに過去のもの、ほとんどの韓国人は日本人に何かされたなんて経験は無いわけです。

政治家やマスコミによる極端な反日教育によって感情的になっているだけ。

しかも、実際行動に出ているのは本当に一部の人間、だから日本のテレビや新聞で報道されていること(反日運動)のみを切り取って韓国人の総意と思わないでください。

先のヨン様ブームで韓国経済が潤ったことも事実、だから今の日韓関係を残念に思っている韓国人も大変多いです。

最近はサード配備で中国との関係も怪しくなり、中国人観光客も減少しました。ですので、もともとマナーの良かった日本人観光客が戻ってくることを願う韓国人が多いそうです。

キムさん、私も全く同意見です。

そして日本人も少し冷静にならなければいけないですね。

「竹島問題、慰安婦像…韓国は本当にムカつく!」

日本人もマスコミ報道のみで反韓感情を抱くのは、いささか早計ではないでしょうか。

キムさんのように、日韓関係を改善したいと思っている韓国人も多いことを、ここに強調しておきたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

同じ民族なのに南北に分断されている事実、そして今も続く休戦状態と徴兵制。

私はあらためて日本に生まれたことを感謝しました。

そして、この先何百年経っても隣国であることに変わりは無いのですから、少しづつ両国の関係が改善することを願わずにはいられません。

最後に、キムさん本当に答えにくい質問まで丁寧に回答くださりありがとうございました。

この記事が参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東京在住、元スノーボードインストラクターという一風変わった肩書きを持つ35歳のサラリーマンで、子育てと父親のあり方について考える子育てプロデューサー。 独身時代から多趣味なことが災いし、子どもが生まれたあともしばらくは自分中心の生活を続けていましたが、ある出来事をきっかけに改心して、今では娘と過ごす時間を一番に考え充実した毎日を過ごしています。