穂高岳を登山したら完全にファイナルファンタジーの世界だった話【上高地のパンフレットの山編】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

もうすぐ会社が5日間の夏休み!

妻と子どもも実家に帰るということで、久しぶりに一人の時間を満喫できます。

らくスノ
折角なんで一人旅でもしたいなぁ…

ついでにブログネタになるようなところへ行きたい(笑)

鍋割山で鍋をする…

蝶ヶ岳をチョウのコスプレしながら登る…

… … …う~ん、我ながらつまらん(笑)

 

 

 

ん…おおこれは!

出典:JTBホームページより

はい、観光パンフレットなどでお馴染み長野県の上高地でございます。

透きとおる川、雄大な山々、本当に素晴らしいというのが写真を見れば分かりますね。

らくスノ
でも、上高地行ってきましたなんてブログ、腐るほどあるだろ…

 

 

ん、待てよ…

このパンフレットを見て以前から疑問がありました。

らくスノ
あの後ろに写っている山登れないのかな?

 

 

!!!!

 

 

それだーーーーー!

 

神の啓示が降りてきた瞬間です(笑)

はい、というわけで後ろに写っている山に登れるのか、無謀にも1人で実験してまいりました!

 

 

とりあえずあの山なんて言うの?

調べたら穂高岳って言うみたいです。

マンガ「岳」の舞台のひとつで、百名山にも選ばれている由緒ある山。

なんと標高は3190mと日本で3番目に高く、難易度・体力ともに最高難度の★3でした(笑)ちなみに富士山は難易度★1

穂高岳を含め、北アルプスは登山家の聖地のような場所なのだそう。

らくスノ
てか、辺境中の辺境じゃん。

…大丈夫かな。

 

 

 

上高地到着

はい、夏休みを利用してど平日にやって参りました上高地!

今回も単独登山でございます。

なぜ単独登山なのかは聞かないでください(笑)

上高地まではバスタ新宿夜発の深夜バスを利用してやってきました。

やっぱり山登りは朝から出発しないとね!

さすがに人気観光地の上高地ですが、ど平日の早朝(5時)ですからほとんど人は歩いていません。

 

 

 

これこれ、パンフレットの景色!

これ見れただけでも感動ですよ…いやいや目的はそれじゃない(笑)

らくスノ
大ボスはあの後ろの山だ!

 

 

 

いざ出発!

というわけで、いざ出発です!

ちょっと分かりづらいのですが、地図の左下が上高地で時計回りに1泊2日で周る計画です。

 

 

 

と言ってもスタートは観光地なので、最初の1時間はハイキング。

超きれいな湿地帯を歩いていきます。

わざわざ海外の自然遺産なんか見に行く必要ないですよ、日本にもあるんですね〜素晴らしい景観が。

 

 

 

そして、歩いているとだんだん自分がファイナルファンタジーの主人公になったんじゃないかと思えてきます(笑)

引用:© 1992スクエア・エニックス/ファイナルファンタジーⅤ

 

 

 

険しくなってくる山道

って、余裕かましていられるのも最初の1時間だけでした…

なんてったって難易度★3つですから、ミシュランだったらすごいことですよ(笑)

とりあえず、前衛の前穂高岳を目指します。

 

 

 

山道というより河原だなこりゃ(笑)

 

 

 

このスプーンでえぐったようなカールというやつは氷河の侵食でできたらしい。

 

 

 

それでも岳沢小屋っていう山小屋までは、ファイナルファンタジーⅤで飛竜草を取りに行くようなノリを楽しんでいたわけです。

引用:© 1992スクエア・エニックス/ファイナルファンタジーⅤ

 

 

 

らくスノ
ほら、もう上高地があんなに遠くに!

ここまで3時間、前穂高岳まではあと3時間歩かねばなりません。

 

 

 

ようやく前穂高岳へ

こうやって登っているとですね、あれが頂上かな(写真右上)なんて思って歩くわけですが…実は頂上じゃないんです(笑)

これって人生と似ていませんか?

徳川家康は「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。」なんて言葉を残していますが、まさにその通りだと思います。

らくスノ
一歩一歩ゆっくりでも着実に登っていけば、確実に頂上にたどり着く。それは人生も一緒じゃないか

疲れでフラフラになっていると、私も悟りが開けそうな感覚に襲われるんです。

はい、確実にやばいやつです(笑)

 

 

 

 

登山道も、もはや道ではなくなってます。

写真で険しさが伝わらないのが残念…

 

 

 

時計は13:00、少し開けた紀美子平という場所に到着して、ここでやっとこさお昼ご飯。

正直めちゃめちゃ時間が押しているのであまりゆっくりもできないのですが、ひとときの安らぎを味わいます。

他の登山者も休憩していますね。

言わば、ここは最後のセーブポイント…ここから先はボス戦あるのみ!

引用:© 1992スクエア・エニックス/ファイナルファンタジーⅤ

 

 

らくスノ
待ってろよ、穂高岳!

はい、興奮しておりますが私は単独登山です、誰とも共有できません(笑)

 

 

 

でも、なんで紀美子平なんて言うんでしょう?

大正時代、今田重太郎は前穂高岳と上高地を結ぶ岳沢に安全な登山のできる道の建設にとりかかりました。妻と幼少(5歳)の紀美子をともなっての工事でした。険しい前穂高岳の山腹に小さな平地を見つけてテントを張り、その中に紀美子を寝かせて夫婦は工事にいそしんだのです。

引用:穂高岳山荘刊/槍穂高詳細図より

これ簡単に書いてますけど、この場所は険しい上に危険なので、とても幼児が行くような場所じゃないですよ…

重太郎さんどんだけハードボイルドな子育てなんですか!?

少なくても現代だったら虐待と疑われてもしようがない(笑)

ちなみに紀美子さんは23歳の若さで亡くなられたようで、そのあとから紀美子平と呼ばれるようになったみたいです。

切ない物語があったんですね…

 

 

 

てなわけで紀美子平から30分、本当に死ぬ思いで前穂高岳頂上にやってきました!

 

 

 

頂上でラグナロク獲得。ちなみにタイマーでの撮影。

目標の奥穂高岳まではあと2時間の距離です。

 

 

 

いざ頂上(奥穂高岳)へ

さぁパンフレットの山へはもうすぐです。

って、今自宅でコーヒー飲みながらのんきに書いているので気楽に言ってますが、この時はすでにひざも腰もボロボロ。

満身創痍でした。

でも、ここで止まっていては遭難の恐れもあるしかえって危険、意地でも進むしかありません。

 

 

 

らくスノ
もう、パンフレットの山なんかどうでもいい…

ネタで始めた企画でしたが、当初の目標はどこへやら…

山に登るだけでも大変なのに、ましてやよろい着てモンスターと戦うわけでしょ…やっぱりファイナルファンタジーの主人公にはなれんわ(笑)

でも、すごく幻想的な風景だと思いませんか?

ここは間違いなく日本なんですよ、なんかそう考えると不思議な感覚になりますね。

 

 

 

おぉあれは!?

らくスノ
今度こそ頂上じゃないか?

何度となく見かけた頂上もどき(笑)

今度は頂上であってくれ、じゃないともうヘトヘトで心が折れそう…

最後の力を振り絞ります。

ん、何か人工物が見える…

 

 

やったーあれこそまさしく頂上だ!!!!!!!!

 

 

ついに穂高岳登頂!

というわけで時刻は16:50、登山開始から約10時間でついに頂上に到着!

いや~なんとかやり遂げました。

もう素直に言っちゃいます。

こんな思いつきのくだらない企画でしたが、さすがにこみ上げるものがありました!

 

 

 


そうです、ここにいるんです!

 

 

 


ここです!

 

 

 

皆さん勘違いしないでください。

あの光はアルテマウェポンではありません、ただの30過ぎのおっさんです(笑)

でも、ここまで来れた自分を褒めたいと思います、本当に良かったです。

それでは、また…

いやいや、これで終わりじゃない、まだ下山があるじゃないか!

 

 

 

穂高岳山荘でテント泊

頂上から本日の宿泊予定地である穂高岳山荘までは30分、もう頂上からも山荘が見えているんですよ。

まぁあとはひたすら下るだけなんですが…実は下りの方が足の負担が半端じゃない。

ひざが笑うどころか、爆笑してるって言えば伝わりますかね?(笑)

 

 

しかも、ここからがまたワールドオブファイナルファンタジーの竜の渓谷のような険しさで、ヘルメットはマストです。

 

 

そして、、、

やっと、やっと、やっと、やっと×1万回…やっとですよ、本日のテント泊をする穂高岳山荘に到着。

すでに時計は17:30、これは登山としてはかなり遅いです。

普通は14時くらいにはテント張っているくらいじゃないといけません。行動計画が甘かったです…反省

日暮れ前にはなんとしても到着しなければならなかったので、とにかくほっとしました。

 

 

 

…と、休むまもなく、山荘に届けを出して指定の場所にテントを張ります。手前のモンベルが私のテント

穂高岳は中部山岳国立公園内にありますので、指定場所以外勝手にテントを張ることができません。

 

 

 

そして、最後に雲海に沈む夕日。ちなみに写真は日の出です。すみません、夕日撮り忘れちゃったのでイメージです。

大好きなコールドプレイを聞きながら見る夕日は格別です。

 

 

なんと、この日はブロッケン現象や超綺麗な天の川、夏の大三角形、オリオン座も見れました!写真が綺麗に取れなかったのが残念…

なんか、途中までこんなバカな企画を考えたことにかなり後悔しましたが…(笑)

それこそ11時間歩かないと行けない場所で激レアな景色が見れたので、心から良かったと思います。

 

 

 

とは言え、ここは標高3000m。谷間風がすごいし寒くて寝れないわ~

ぜんぜん休めないよ…夜まで過酷(笑)

ご来光を見ながら我れ思う

時刻は4:30。

人間てすごいですね、すごい寒くて足も顔もキンキンに冷えていたのですが意外と爆睡できた(笑)

温度は計っていないのですが、真夏でも頂上は5度くらいだそうです。おまけに風がすごい!

 

 

 

せっかくなんでテント場から20分くらいの涸沢岳っていうのに登ってご来光を見ました。

中央のとんがっている山が、アルプス一万尺の歌で有名な槍ヶ岳です。

 

 

 

山小屋はあんな急峻なところにあります。両サイドは崖です。

 

 

 

登ってみて分かりました、これはファイナルファンタジーⅤでは無い…ドラクエⅢのネクロゴンドだと(笑)

引用:© 1988スクエア・エニックス/ドラゴンクエストⅢ

 

 

だってマジでいそうですもん、バラモス。

引用:© 1988スクエア・エニックス/ドラゴンクエストⅢ

しまった、ラーミアの曲をiphoneに入れとくべきだった…

こんなくだらないことを考えながら下山開始です。

 

 

涸沢を目指して下山開始

時刻は5:30。

さぁテントをたたんで、北アルプス登山の起点として有名な涸沢を目指し下山開始です。

ここから涸沢までは約4時間の行程。

と言っても、相変わらずのクリフハンガーっぷり(笑)

 

 

すみません、被写体がいないとスケール感がわかりづらいので、勝手に撮らせてもらいました。

これ、登るより下る方が100倍怖いんですよ…

 

 

ここも壮大な景色、中心に見えるのが涸沢です。

 

 

 

らくスノ
さぁもう少しだぞ、がんばれらくスノ!

しかし、昨日は11時間歩きっぱなしでしたので、ぜんぜんひざや腰が回復してません。

早くもひざが半笑いくらいになってます(笑)

 

 

もうあんな遠くに頂上が、だいぶ下ってきました。

らくスノ
涸沢までもう少しだ〜!

涸沢まで行けばあとはハイキングみたいなもの、自分を奮い立たせます。

 

 

涸沢から上高地、そして伝説へ

 

やったー、やっと下界に降りてきた!

9:30分、ついに涸沢に到着です。

さすがに北アルプス登山の玄関口、混雑しています。

雄大なネクロゴンド…もとい北アルプスに抱かれた涸沢は母のような優しさを感じます。

 

 

 

ちなみに、無雪期の涸沢は上高地から6時間くらいで来れるので、登山初心者にもオススメの場所です。小学生でも行けます

らくスノ
紅葉もめちゃめちゃ綺麗なんですよね~

私も娘がもう少し大きくなったら涸沢でテント泊してみたいです。

 

 

 

というわけで岩場の連続で張り詰めていた心にも余裕ができたので、上高地までのんびり下っていきます。

梓川で汗ばんだ体を拭いて、お昼にします。

上高地に来て初めてのんびり食事ができました(笑)

こんなところで食事ができるのは、本当に贅沢です。

 

 

 

時刻は15:00。

ついに上高地到着です!

らくスノ
もう体はボロボロだけど、本当に楽しかった~!

 

 

らくスノ
観光客の皆さん、後ろの山見てください。私昨日あそこに行ってきたんですよ!

歩いている観光客の方に、思わずそんなこと話しかけそうになるくらい興奮してました(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

検証結果としては、すげぇ辛いけど登れます(笑)

なんか、本当に人間界から離れすぎててファイナルファンタジー感やドラクエ感めっちゃ味わえました。

そのくらい秘境です。

それにしても達成感が半端ないですね、人間としてもひと皮むけた気がしますし登って良かったです!

くだらない企画でしたが、これに懲りずまたいろいろ挑戦してみたいと思います。

参考になれば幸いです。

※おもしろおかしく書いていますが、装備、行程等とても入念に計画しております。ご自身のスキルや体力に合わせた登山を心がけてください。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東京在住、元スノーボードインストラクターという一風変わった肩書きを持つ35歳のサラリーマンで、子育てと父親のあり方について考える子育てプロデューサー。 独身時代から多趣味なことが災いし、子どもが生まれたあともしばらくは自分中心の生活を続けていましたが、ある出来事をきっかけに改心して、今では娘と過ごす時間を一番に考え充実した毎日を過ごしています。