激安Bluetoothイヤホンって実際どうなの?半年間使ったみた感想レポートします【JPRiDE-JPA2】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

この記事にたどり着いたということは、今まさにBluetoothイヤホンを検討中という方も多いと思います。

しかし、アップル純正イヤホンを筆頭に、ソニー、オーディオテクニカ、BOSE等有名ブランドは平気で1万円を超えてくるものばかりです。

当然、私のような極貧の人間は、激安ブランドしか選択肢がないのですが…

らくスノ
音質や使い勝手はどうなの?すぐ壊れたりしない?

なんて、不安があるのも事実。そうです、とにかくお金がないので1円も無駄にしたくないのです(笑)

というわけで、今回は私のように1円も無駄にしたくないという読者の方のために、実際に激安Bluetoothイヤホンを購入してみたので、使ってみた感想をレポートしたいと思います。

なぜBluetoothイヤホンを買おうと思ったのか

なぜBluetoothイヤホンを買おうと思ったのかというと、私はずっとiPhoneユーザーなんですがイヤホンはずっと付属のアップル純正品(有線)を使っていました。

しかし、iPhoneのイヤホンあるあるなんですが、使っているうちに片方だけ音がしなくなるんですよ(笑)

らくスノ
特に何をしたってわけではないんですけどね…

別に落としたり水没したわけでもないのに、突然片方だけ聞こえなくなるんです…まさにホラーですw

というわけで、今回も壊れてしまったので家にあるイヤホンを探したんですがイヤホンジャック用のケーブルしかない。

そうです、iPhoneがライトニングケーブルを採用してからイヤホンジャックがなくなったので、家に大量に残っているアップル純正イヤホンは一切使えなくなりました。

一応iPhoneを購入した時に互換用のイヤホンジャックがあったんですが、どうやら失くしたみたいです(笑)

結局、再度購入することにしたんですが、私はあることを考えいました。

らくスノ
せっかく買い換えるなら、有線ではないBluetooth対応イヤホンを買おうかな!?

Bluetoothイヤホンって何?

Bluetoothイヤホン、随分偉そうな名前がついてますが要はワイヤレスイヤホンのことです。

わずらわしいコードが無いので、日常使いはもちろん、スポーツシーンでも大活躍!

また、「コードがバッグに引っかかって、耳から取れちゃった」なんて経験誰しもありますよね。

女性なら髪の毛に絡まってしまうことも…でも、コードレスならそういった心配もありません。

さっそくネットショップで探してみるが…

以前からアップルのコードレスイヤホンは気になってはいたのですが、なかなか購入する機会に恵まれませんでした。

それが、今回良いタイミングで壊れたので、Bluetooth対応イヤホンを購入することにしたのです。

しかし、ネットショップの値段をみて驚愕しました…

らくスノ
1万8千円…俺の2ヶ月分のお小遣いじゃないか!

そうです。アップル純正のBluetoothイヤホンは、実勢価格1万8千円前後します。

これではとても手が出ません。そんな時、ふと目についたのが激安のBluetoothイヤホンだったのです。

分離型と一体型がある

楽天やアマゾンで探すと、それなりに安いBluetoothイヤホンも出てきますが。それ以前に、アップル製品と同じような左右分離型と、コードで繋がった左右一体型があることを知りました。

出典:https://item.rakuten.co.jp/fridstore/j0000150/

しかし、確かに分離型のほうが使い勝手は良さそうですが、電池の持ちが悪かったり、紛失しやすいという意見もありました。

らくスノ
電池の持ちは重要だしなぁ~やっぱり左右一体型にしよう!

というわけで、左右一体型で激安ブランドを探してみました。

でも、確かに値段だけでいうと1000円を切るブランドもあったのですが、レビューがなかったり評価が悪かったり…

なかなか思うようなイヤホンがない中、ついに値段が安くて評価の高いブランドを発見したのです。

JPRiDEというブランドを購入してみた

インターネットで激安のBluetoothイヤホンを探していると、JPRiDEというやたら評価の高いブランドが目につきました。

  • アマゾンで2600レビューの星4
  • ヤフーショッピングで600レビューの星4.2
  • 楽天で1060レビューで星4つ

コメントも細かくチェックしましたが、サクラとも思えない内容だったので本当に評判は良いようです。

らくスノ
しっかしJPRiDEなんてブランド…全然聞いたことない(笑)

どうやら、インナーイヤホンタイプのようです。

んで、やたら高性能を謳っているのですが、正直AACだのチップセットだのまったく意味が分かりませんw

しかし、それでも8時間連続再生と防水防塵性能があるようなので、書かれていることが本当なら合格点ではないでしょうか。

値段も、2,999円となかなかお買い得。※セール期間等もあるため、実際の価格と異なる場合があります。

らくスノ
でも、確かに値段はめちゃめちゃ安いけど、これ大丈夫なの…w

しかし、どうせアップルの純正イヤホン(有線)を買ってもそのくらいはします。

小遣い制の私にとって2,999円も大金ではありましたが、清水の舞台から飛び降りるつもりで購入を決めたのです。

さっそく家に届いた!

というわけで、注文から2日後家に届きました。

らくスノ
注文画面に「注文殺到につき、発送まで中3~5日かかります」なんて言ってたから結構時間かかるのかとおもいきや、意外と早かったなぁ。

実はこのブランドを選んだ理由が、Bluetooth以外に有線イヤホンとしても使用できるので、パソコンなど他の電子機器との相性が良さそうだったからです。

らくスノ
セット内容も充実しているね!

右側にリモコンが付いているので、いちいちiPhoneで操作しなくても、早送りやボリューム調整ができます。

まぁその辺は、アップルの純正イヤホンで慣れているので特に気になりませんでしたが、一番の問題は音です。

らくスノ
これで音がガビガビだったら嫌だな…

低音も高温もしっかりクリアな音

しかし、僕の考えは取り越し苦労でした。

もう、お世辞、おべっか、商売抜きで音はめちゃめちゃ良いです!

高温はしっかりクリアに、低音は鼓膜を揺らすような重低音で臨場感たっぷり。

とりあえず、私の中ではコーン(Here To Stay)、リンプビズキット(Rollin’)、スリップノット(My Plague)、この3曲の低音が再現できたら合格なんですが(笑)

はっきり言って1万円超の有名メーカーのイヤホンよりも完成度は高いです。

それから、ジョージ・ウィンストン(Longing/Love)、スティーブ・アオキ(I Love It When You Cry)、でんぱ組.inc(ギラメタスでんぱスターズ)など色々なジャンルを聞きましたが、どれも良い音が再現されてました。

確かに、アップルの純正イヤホンも完成度は高いのですが、構造の問題なのか低音が弱く、なにより音漏れが激しい…

その点、JPRiDEなんて聞いたことないメーカーですが、インナーイヤホンとの相性もあいまって上質な音が聴けました。

「このイヤホンで満足できない人は、日頃どんな高級イヤホンで聴いてるの?」ってレビューがあったくらい満足度の高いBluetoothイヤホンです。

その他の機能は?

その他の機能はどうでしょうか。

まず、激安の割にはオプションがたくさんあるので、例えばインナーイヤホンもサイズが選べて重宝します。

また、フックも付いているので、ランニングやウォーキングでもずれ落ちる心配がありません。

私は元スノーボードインストラクターなんですが、スノボやスキーで使用しても問題ないですね。

イヤホンはマグネットでできているので、外した後首元に留めておけるのが地味に便利な機能です。

有線と違って落としても気づかない可能性が高いですが、これからイヤホンが外れることがありませんね。

デメリットは?

ドキドキしながら買った、初めてのBluetoothイヤホンですが、音もよく機能も想像していた通りだったのでおおむね満足です。

しかし、良いことばかりではありません。デメリットも見えてきたのでレポートしたいと思います。

■充電しなければいけない

このメーカーに限らずなんですが、コードレスイヤホンの最大のデメリットはやはり充電でしょう。

そもそも有線であれば充電は必要がないわけで、最初は面倒に感じます。

また、こまめに充電するクセがつくまでは、出先で電池切れなんてことがしょっちゅうでした。

■落としても分からない

有線だったときは、本体に取り付けておきさえすれば落とすことはありませんでした。

しかし、iPhoneと完全に分離しているので、落としても気づかないというデメリットがあります。

■電池切れの時のアナウンス

これってJPRiDEだけなんですかね…電池がなくなりそうなのを警告してくれるのはいいのですが、30秒に一回くらい「PowerLow…」って機械的な女性の声が永遠に流れます。

当然ながら、音楽を集中して聞くことができません。

「もう、いつ充電が切れてもいいから、警告は1回だけでいいよ!」っていうのは私だけではないはず(笑)

■ボリューム調整時の機械音

例の本体右側についてるボリュームや再生/停止ボタンなんですが、押した時の「ピッ」という音のボリュームが大きい…ちょっと耳障りですね。

レビューにも同じ意見が多く見受けられたので、ここは無音で良いと思いました。

■電池は8時間ももたない?

販売サイトでは8時間使えるとのことでしたが、体感だと5~6時間に感じます。

もちろん、5~6時間ぶっ通しで聴いていたわけではないですし、時間が経つとバッテリー容量が減るのは理解できるのですが…

これは他のメーカーにも言えることだと思いますが、販売サイトの充電時間はMAXだと考えないほうが良いかもしれませんね。

半年間使った感想は?

とはいえ、これが1万円以上のイヤホンだったら文句もあるのですが、激安の2,999円ですからね。

デメリットと天秤にかけても、メリットの方が大きいと思います。

実際、この記事を書いている現在、購入してから半年経過しましたがまったくトラブル無しです。

出勤時はもちろん休みの日も使用していますが、ほぼ毎日使用しても壊れる気配を微塵も感じさせません。

JPRiDEは1年間メーカー保証、30日返品可能を掲げていますが、やっぱり自信の表れなんですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

初めて購入したBluetoothイヤホンでしたが、個人的にはとても満足です。

むしろ、どこの業種でもブランド代ってあるわけで、1万円超えのイヤホンも実際の原価は安いんだろうな~なんてやらしいこと思ってしまいます(笑)

それくらいJPRiDEの完成度が高いってことですね。

私はこのメーカーの人間でもなければ、品質保証なんて一切できませんがw

初めてBluetoothイヤホンを購入される方には、超オススメな逸品です。

ぜひ、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東京在住、元スノーボードインストラクターという一風変わった肩書きを持つ35歳のサラリーマンで、子育てと父親のあり方について考える子育てプロデューサー。 独身時代から多趣味なことが災いし、子どもが生まれたあともしばらくは自分中心の生活を続けていましたが、ある出来事をきっかけに改心して、今では娘と過ごす時間を一番に考え充実した毎日を過ごしています。