収益以外にブログを書く8つのメリットとは

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)
この記事はこんな方によく読まれています

  • ブログで副業って何かスキルアップするの?
  • ブログを続けてよかったことはある?
  • 長くブログ運営しても、失敗したら何も残らないでは?

こんにちは。

一日1~2時間の作業で月20万円前後の収益を得ている副業ブロガー。「ニッチジャンルで安定的に稼ぐブログ理論」を提唱しているユキスキです。

ブログってなかなか結果(収益)が出ないので、モチベーションが下がることも多いと思います。

確かに、収益って大きなモチベーションになるのは確かです。

しかし、こと副業でいえば、仮に収益0でも生活に困ることはありませんし、むしろそれ以外のメリットも大きいんですよ。

この記事を最後まで読んでいただければ、仮にブログ運営が失敗しても、得るものがあることをお分かりいただけると思います。

ブログを書く収益以外のメリット

私も5年前にブログを始めた時は、「月1万円でも小遣い増えたら嬉しいな~」なんて、下心ありありで運営してたんですが(笑)

当然、最初の数ヶ月なんて1円にもならないわけで…よく自分でもモチベーション保てたなぁと思うんですが、今考えると収益以外にもたくさん成長できたと実感しております。

■ブログを続ける収益以外のメリット

  1. 文章力が上がる
  2. 情報がインプットされる
  3. 友達が増える
  4. 仕事の依頼がある
  5. タイピングが早くなる
  6. そのまま日記になる
  7. ポートフォリオになる
  8. マーケティング力が身につく

ほら、こんなにあるんですよ。

だから、仮に1年間続けてまったく収益が無くても、無駄になることなんてありません。

では、次項から順に深堀していきたいと思います。

文章力が上がる

ブログを続けていくと、文章力が圧倒的に上がります。

私の本業は会社員なんですが、メールの本文や各種書類、果てはお詫び状まで(笑)スラスラ書けますよ。

文章って、慣れてくると頭の中で構成(起承転結)がパッと浮かぶので、めちゃくちゃ早いです。

特にアフィリなんかやってると、どうしたら読者が購入したくなるか心理的な誘導方法も考えるので、人を引き込む文章を作ることが可能になります。

情報がインプットされる

今まさに、このブログを更新している理由が「情報がインプットされるから」なんです。

たとえば本を読んでて「いいこと書いてあるなぁ」と感じても、思っただけじゃすぐ忘れちゃうんですよ。

「インプット大全」という本にも書かれていた通り、脳裏に焼き付けるならアウトプットが一番なんです。

ですので、当ブログは自分の考えを整理するために使ってる部分もあります。

もちろん、私の得た知識が1人でもお役に立てたら、それはそれで嬉しいですけどね!

友達が増える

このブログとは別に趣味で作ったブログがあるのですが、更新を続けていると同じジャンルのブロガーさんと仲良くなったりします。

それこそ仕事も住む場所もバラバラなんですが、オフ会したりして親交を深めていますよ。

大人になると圧倒的に出会いは減りますし、日常生活では絶対出会わないであろう人達とつながるのはとても嬉しいですね。

ブログを続ける上でのモチベーションにもつながります。

仕事の依頼がある

私の場合、5,000PVを超えたあたりから、ちょくちょく仕事の依頼を頂くようになりました。

実際私が頂いた執筆依頼です↓

ライター、広告記事掲載依頼、有名になれば書籍の執筆依頼もあるでしょう。

私はライターとしても仕事を受けており、全体収入からすれば微々たるものですが、リスクを分散するうえでも役に立っています。

ただし、広告記事の掲載依頼は自分が本当に良いと思ったものだけを紹介しましょう。

以前、使ってもいないサービスを広告して大炎上した芸能人いましたよね。

収益とブログの信頼性は表裏一体です。

タイピングが早くなる

物理的に、タイピングが早くなります。

私は、ブログどころかパソコン自体苦手だったんですが、今では会社の誰よりもタイピングが早いです。

そりゃそうですよね。一日何千文字も打ってりゃ、その辺のサラリーマンには負けません(笑)

そのまま日記になる

5年前のブログ見ると、

「1分でも時間を無駄にするな!」とか「自分を変えるのは行動」なんて熱いこと言ってました(笑)

今のゆるゆるな自分を見たら、過去の自分はどう思うでしょうかw

学校の卒業文集とかと一緒で、たまに過去のブログ記事を見るとその時の自分の心境を知れてほっこりします。

ブログはポートフォリオになる

少なくても、フリーランスのライターで生きていくならブログは必須だと思います。

私も外注ライターを使うときありますが、無料サービスでもブログがあったほうが依頼しやすいです。

ワードプレス使えるとさらに良いですね。

ライター以外にも、動画編集、エンジニア、イラストレーター等、ブログをポートフォリオにしておけば、仕事を受注するうえで圧倒的に有利ですね。

マーケティング力が身につく

普通にライバルとかニーズを検索していると、WEBマーケティングスキルが身に付きます。

仮にアフィリエイトで成功しなくても(成功していればなおさら)、そういったスキルはどんな会社でも重宝されますよ。

また、基本的にマーケティングスキルはいろいろなジャンルで応用できるので、私自身本業でも役に立っています。

まとめ

会社員の副業って、それこそブログ、転売、アルバイト、FX、動画編集、プログラミング等いろいろあると思います。

でも、収益以外のスキルで言ったら、ブログには他の副業を圧倒する大きなメリットがあります。

私も、5年間だらだらブログ続けてますが、いろいろな面で成長できたと実感していますよ。

確かに収益がモチベーションの維持には役立ちますが、それ以外のメリットも考慮すればブログ運営スキルが無駄になることなんてありません。

ぜひ、継続してブログを書いていただければと思います。

アフィリエイトで稼ぐ方法については、下記の記事も参照ください。

ではでは、さようなら~


スポンサーリンク




ライバル不在のニッチなジャンルで継続的に10万円を稼ぐブログ理論(有料ノート)

少ない作業時間でも収益をあげることができるブログ運営理論です。

今回、5年間ブログを運営してきて、自分の理論に自信が持てたので有料で公開することにしました!(前半の8,000文字は無料で読めます。)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

38歳サラリーマンで1児の父。会社での給与がなかなか増えないので、小遣い稼ぎのつもりでブログを開始する。「ニッチブログで小さく稼ぐ理論」を提唱しており、現在はGoogleアップデートの影響を受けづらくライバルが少ないジャンルで月間20万円前後を安定的に稼ぎ出しています。