PV数を上げたいなら毎日ブログ記事を更新(UP)してはいけない理由とは?

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

最近ブログイップスに陥っています(笑)

とにかくキーボードのタイピングが進まない…

それなりにネタはあるのですが、書き始めると自分の納得できる内容には程遠く最終的にはどの記事も途中で放置。

そんな時は、もう割り切ってブログを更新するのをやめています。

せっかく皆さんが何かのご縁でこのサイトにたどり着き、貴重な時間を使ってこのブログをご覧いただいてるのに、自分の納得できない記事をUPするわけにはいきません。
そんなこんなで悩んでいた時…突如神の啓示があったのです。

らくスノ
そうだ、記事が書けないことを記事にしよう!

まさにコロンブスの卵(笑)

というわけで、今回はPV数を上げたいならブログは毎日更新しない方が良い理由についてお話ししたいと思います。

 

 

はじめに

冒頭でお話した通り、私は最近ブログイップスです。

イップス(Yips)は、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、自分の思い通りのプレーができなくなる運動障害のことである。本来はゴルフの分野で用いられ始めた言葉だが、現在ではスポーツ全般で使われるようになっている。

引用:ウィキペディア

はい、完全に私の造語なんですが(笑)意味はなんとなくご理解いただけると思います。

ブログ運営になじみの無い方は、「ブログなんて、そんなに難しいことを考えず、日々あったことを気軽に書いてくものじゃないの?」なんて思うかもしれませんが、実はそうではないのです。

そもそも、どこの馬の骨だかわからない奴の日記ブログなんて誰が読みますか?って話ですよね。

芸能人でもスポーツ選手でもない、私のような者のブログ(しかも匿名)なんて本来誰も読みません(笑)

無名の一般ブロガーの記事を読んでもらうには、ひたすら上質な記事を発信していくしかないのです。

 

もちろん、PV数なんて気にしないなら良いんですがね、だいたいそんな人は数ヶ月でブログ辞めます。

ブログはPVが増えないとモチベーションも上がりませんので、今後真面目に運営していくなら記事を毎日更新するのはおすすめできません。

では、なぜPV数を上げたいならブログ記事を毎日更新してはいけないのでしょうか?

次項から順を追って解説させていただきます。

 

質の低いコンテンツ(記事)を量産してしまうから

毎日更新してはいけないシンプルにして最大の理由が「記事の質が低下する」ことです。

よく、

「初心者ブロガーは毎日更新すべき!」

「初心者は3ヶ月で100記事をめざそう!」

なんて記事を見かけますが、私はとても合理的な考えとは思えません。

裏を返せば、どんな記事だって毎日更新すべきってことですよね。

はっきり言って毎日ブログ記事をUPするなんて目標は立てない方がいいです。

そもそも、誰が毎日更新しなきゃいけないなんて決めたんでしょうか?

毎日更新なんてことをやってしまうと、上質な記事を書くことが本来の目的なのに、いつの間にか内容を妥協してでも無理矢理UPして、記事を増やすことに満足を覚えてしまうのです。

少なくても個人で運営しているブログで、無尽蔵にネタが生まれるなんて人はいないですよね。

時にはブログを更新する手を止めて、校正、加筆、情報収集やネタを探す時間も必要です。

 

毎日ブログ書いた方が文章力がつくでしょ?

「毎日ブログを更新したほうが、ライティングスキルが身につくよ!」

こういった類の記事もよく見かけますね。

誤解の無いように言っておきますが、私は決して記事を書く事自体を反対しているわけではありません。

むしろ、初心者の方ほど時間がある限り「書いて、書いて、書きまくる!」べきなんです。

私が警鐘しているのは「ブログを書く事」ではなく「ブログを更新(UP)」すること。

どうも、記事をUPすることに主眼を置いている方が多いですが、ブログがPVを集めるのに必要なものは記事数ではなく内容です。

 

例えば、両者まったく同じ内容でも、10日間で書き上げた1記事と、それを分割して毎日UPした10記事ならどちらのPV数のほうが多いでしょうか?

当然、1つの記事にまとめたもののほうがPV数は多くなりますね。

ですから、毎日薄い内容の記事を更新するのではなく、下調べから構成まで推敲を重ねた上でボリュームのある記事をUPしたほうが、結果的には検索順位が上がり多くのPV数を獲得することができるのです。

 

記事数を増やすことが検索順位を上げることではない

実際、検索順位からアクセス数を比較したとき興味深い結果が出ています。

1位が全体の34.35%を占めています。

表示回数が10,000回あったとしたら3,435回ものアクセス数を
1位のサイトが獲得することになります。

2位だと16.96%⇒1,696回
3位だと11.42%⇒1,142回

4位以下は1ケタとなり、11位以下(2ページ目以下)は
ほぼ1%未満です。。。

同じ1ページ目だとしてもいかに上位表示が重要か
お分かりいただけると思います。

このデータに基づくと上位3サイトが全体のアクセス数の
6割強を占めることになります。

引用:世界へボカンより

この結果から導き出された答えは、検索順位10位以下のコンテンツを量産するより、更新する頻度が遅くても3位以内を狙えるような記事を書くべきなんです。

まさに急がば回れということ。

 

文字数=検索順位と言っても差し支えない!?

また、多くのブロガーさんが言っているように、文字数は検索順位を上げる基準として大変重要です。

当然、一日にかける文字量なんて決まっていますから、毎日更新となると少ない文字数でUPすることになるでしょう。

しかし、まったく同じ内容の記事でも1000文字の10記事よりも、10000文字の1記事のほうが強いわけです。

より具体性のある文字数という見地からも、毎日記事を更新することの暗愚さがお分かりいただけると思います。

とにかく、ブログ始めた頃は記事数を増やすことだけに注力してしまいがちですが、そうならないように気をつけましょう。

グーグルとしては、「長文=検索上位」を否定しています。しかし、質の高い記事を書くならある程度長文になるのは自明の理。いずれにしろ、あくまで長文が上位表示されるのは結果論であり、長文だから上位表示されるわけではないことは補足しておきます。

 

直帰率やセッション時間の問題

細かい話で言うと、質の低いコンテンツを量産していると直帰率(次の記事に行かずそのまま離脱する確率)が上がったりセッション時間が短くなることになります。

どんなに優良なコンテンツでもページ分けすると、とたんに次ページに飛ぶ人が少なくなるといいます。

ましてや、質の低いコンテンツを量産して直帰率やセッション時間の数字が悪くなると、検索順位に影響があると言われています。

Googleの検索エンジンはAIではないので、こういった数字の積み重ねで記事の善し悪しを判断するからです。

 

SNSのフォロワーが読んでくれてるよ?

ブログの集客は検索エンジンがメインになりますので、SNS集客はPV数で見ると微々たるものです。

いくらツイッターやフェイスブックのフォロワーがいるといっても、有名人でないなら1000人前後が関の山ですよね。

しょせんすべてのフォロワーが記事を読んでくれたとしても、1000PV…月たったの3万PV。

それに、リア友は義理で読んでいるだけの場合が多いので、ビジネスにもならないですし、興味がなければ途中で飽きられて見られなくなります。

確かにSNSで拡散されて、いわゆるバズることもあるかもしれませんが、そんなスーパーマリオのスターを取った時のような状態は狙ってできるものでもないですし、長くは続きません。

あくまで、優先順位的にはSNSのバズ狙いよりも、検索エンジンで上位表示されるような記事を量産しなければならないのです。

 

でも、プロブロガーさんでも毎日更新している人いるよ?

ではここで、日本を代表する2人のプロブロガーのスタンスの違いから毎日更新する愚を述べてみたいと思います。

正直、私のような一兵卒が劉備と曹操のようなお二人を紹介するのは、とても緊張するのですが(笑)

まず、毎日数記事を更新しているブロガー代表まだ東京で消耗してる?のイケダハヤト(通称イケハヤ)さん。毎日楽しく読ませて頂いてます!

そして、1記事に膨大な時間をかけるブロガー代表ヨッピーのブログのよっぴーさん。電車の中で笑わせないでください(笑)

今回の記事とは直接関係ないのですが、このお二方のパクリコンテンツ騒動でのスタンスの違いが面白かったので、今回対局にあるブロガーとしてご紹介させていただきました。

まず、記事を量産するタイプのイケハヤさんですが、ブログは100万PV以上あると言われています。

「なんだ、記事を量産しても成功しているじゃないですか!」

いえいえ、これを安易に真似たら100%失敗します。

記事を量産することによってPVを増やすなら、圧倒的なライティングスキルと最先端の情報、なにより知名度がないとダメなんです。

私はイケハヤさんを有名人枠だと勝手に解釈してます。

内容的には日記に近いですが、有名人だからファンや信者、炎上させようとして虎視眈々と狙っている人も集まってきますね(笑)

そして、なにより被リンクが半端じゃなく多い。※被リンクは検索に強くなります。

逆に無名ブロガーが、「35年ローンなんてバカじゃない?」とか「VALUはすごいよ!」なんて1000文字くらいで声高に叫んでも誰も読みません…というか、検索で上位表示されません。

 

ですので、もし真似をするなら、ヨッピーさんのようなコンテンツ作りをおすすめします。

僕は記事書くってなったらカメラマン連れて何時間も撮影して記事に落とし込んで、ってやるし

引用:ヨッピーのブログより

別にネタ系の記事を書けと言っているのではなく(笑)しっかり推敲を重ねたコンテンツの方が上位表示される可能性が高いうえに、検索流入からのファンを獲得することもできるからです。

 

トレンドブログはどうなの?

そもそも、私の中ではトレンドブログをやる選択肢自体がないのですが…(笑)

流行りものから芸能人のゴシップまで扱うトレンドブログは毎日の更新が必須ですが、競争が激しく仕事量も多いうえ、ペナルティをくらうおそれがあるので私はまったくおすすめしません。

そして、何より楽しくない…

 

上質な記事なら、弱小ブログでも上位に食い込める!

これは身を持って体感しましたが、私の運営している被リンクがほとんど無い弱小ブログでも、最近は専門業者が運営するサイトを押し退けビッグワードで上位表示される機会が増えてきました。

やはり前項までに説明したことを意識してやってきた成果だと思っています。

結局、被リンクが無いからとか、運営期間が短いなんていうのはGoogleの判断基準の一部に過ぎないので、たとえ1記事だけでも唯一無二の独創的な優良記事だったら、理論的には上位表示される可能性があるということです。

ですので「記事数=PV数」という短絡的な考えは捨てて、今一度コンテンツの質の向上を意識しながら記事を書いてみてください。

きっと良い結果が生まれるはずです!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

やや、問答風の記事になってしまったので、最後にもう一度まとめてみます。

 

毎日記事をUPしてはいけない理由

  1. コンテンツの質が低下する
  2. ライティングスキルを上げるにはひたすら上質な記事を書く事であって、記事数を増やすことではない
  3. 記事数を増やすことがPV数を上げることではない
  4. 文字数を増やすことは、SEO対策として有効
  5. プロブロガーがやっているからといって、安易に真似すべきではない
  6. PV数を増やしたいならSNSではなく、検索エンジン対策を重視すべき
  7. 優良なコンテンツなら、記事数を増やさなくてもビッグワードで上位に食い込める

「毎日更新している=質の低い記事を量産してるって考えは短絡的すぎないか?」

そういったご意見もあると思います。

確かに、質の低い記事というのは語弊があるかもしれません。

しかし、私が言いたい質の低い記事の本質は、グーグルが評価しないということなんです。

 

これは感覚ベースになってしまいますが、だいたい毎日更新されているブロガーさんは日記調になることが多いですね。

なにせ取材や裏取り、検証する時間もないわけですから。

前項で私が述べたように、日記調の記事で検索上位に表示させるのは困難と言わざるを得ませんので、そこに圧倒的な知名度がないと成功は難しいでしょう。

アメブロの芸能人ブログが良い例です。

あの芸能人ブログの内容を一般人が書いても誰も見ませんよね。

芸能人ブログを訪れる人は、上質なコンテンツを求めているわけではなく、興味本位や単純にその人のファン・信者なので、そもそもブログを見る目的が違います。(ファンにとってはそれが上質なコンテンツなのかもしれませんが…)

 

それに、キーボードで入力できる文字数は限られると思うので、物理的にも1日でたくさんの情報をひとつの記事にまとめることは困難でしょう。

ですから、グーグルはその記事をあまり重要視せず、上位表示させないわけです。

これが、私の言う質の低い記事の本質です。

 

最後に、偉そうに書いている私も、実は常に悩みながらブログを書いています(笑)

やっぱり、ネタが思い浮かばなかったり、思い通りの記事が書けないとイライラもしますし…

もし、そういった事態に陥った場合は、必ず「妥協した記事をUPすることが、PV数を上げることじゃないぞ」と自戒するのです。

そして、そんなモチベーションの時はいくら時間をかけても良い記事は書けないので、ブログの更新を止めて情報収集の時間だと割り切るようにしています。

また、ブログ以外のことで時間を使うのも良いですね、結果的にそこから新たなネタが生まれるかもしれません。

この記事が参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 最近ブログを始めたばかりで、「ブログ運営」のカテゴリを熟読して勉強させていただいています。読みやすく分かりやすく、為になる記事をありがとうございます。

    • こんにちは、らくスノです。
      コメント頂きありがとうございます!
      私の記事がお役に立てたようで光栄です。
      ご覧のように好きなことを書いているだけの雑記ではありますが、
      今後も不定期に情報発信していきますので当ブログをよろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    東京在住、元スノーボードインストラクターという一風変わった肩書きを持つ35歳のサラリーマンで、子育てと父親のあり方について考える子育てプロデューサー。 独身時代から多趣味なことが災いし、子どもが生まれたあともしばらくは自分中心の生活を続けていましたが、ある出来事をきっかけに改心して、今では娘と過ごす時間を一番に考え充実した毎日を過ごしています。