ブログビジネスはあくまで副業にとどめておいた方がいい5つの理由【アフィリ、アドセンス】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

インターネットで”ブログ、副業”なんて検索すると、必ず

「ブログで月収100万円稼げる!」

「1ヶ月3時間の作業で月収30万円!」

なんて言葉が踊っています。

まぁブログやアフィリビジネスが怪しいと言われる所以なんですが(笑)

これ明らかに釣りでしょと誰しも思うのですが、あながちウソでも無いんですよ。

だって本当にそれを実現されている方がいるわけですから。

しかし、これが実現できたとして、私はブログビジネスを本業にすべきでは無いと思っています。

今回はブログビジネスはあくまで副業にとどめておいた方が良い理由についてお話ししたいと思います。

ブログビジネスだけで実際生活できるの?

特にこれからブログビジネスを始めようと思っている方、ハッキリ言います。

月収100万円やある程度不労所得化することは可能です!

もちろんブログだけで生活することもできます。

私もブログビジネスを始める前は「絶対怪しいだろ〜」なんて思っていました。

確かにこのレベルまで行くには、かなり努力が必要ですが可能性は0ではありません。

実際私も別のブログで、ある程度不労所得化できています。

しかし、だからと言ってこれが一生続くわけでは無いのです。

ですから、安易に今の仕事を辞めたり、ブログのみで生計を立てようとするのはおすすめできません。

次項からブログビジネスを専業にしない方が良い理由について具体的にお話します。

社会的地位が低い

  • 月収30万円の公務員
  • 月収100万円のブロガー(アフィリエイター)

社会的に信用があるのはどちらでしょうか?

もちろん公務員ですね。

たとえブログやアフィリで月収100万円稼いだとしても、社会的に見ればアルバイトと大差ないんです。

それどころか、アフィリやアドセンスなんて馴染みの無い人から見れば、

「ブログビジネスは怪しい!」

「情報商材で他人を騙して大金稼いでるんだろう!」

など…

負のイメージが先行しているのが現状です。

まだまだ日本におけるブログビジネスのイメージは良いとは言えません。

もしも、自分の父親がブロガーもしくはアフィリエイターだった場合、堂々と世間に言える人がどれだけいるでしょうか。

社会的地位が低いとどうなるか

社会的地位が低いとはどういうことか。

銀行からお金が借りづらいので、住宅ローンなどはかなり不利です。

厚生年金、共済年金なんてものもありません。

それに、いざブログビジネスが行き詰まって再就職しようにも、

「2年間ブログビジネスで生計立ててました」

なんて面接官に堂々と話せますか。

繰り返しますが、ブログビジネスに馴染みがない一般人からすればアルバイトと同じ扱いなんです。

今後ブログやアフィリで生計を立てる人の地位は向上するかもしれませんが、それにも時間が必要でしょう。

グーグルの依存度が高い

これは、特にブログで生計を立てようとしている方に警鐘を鳴らしたいのですが、検索エンジンだけの集客に頼るのは大変危険です。

実社会でもそうなんですが、利益の大半を大口客1社からの受注に頼っているような会社ってものすごく不安定なんですよ。

その大口客の経営が傾いたり契約を打ち切られたとたん、経営破綻になりかねないからです。

その大口客が、インターネットの世界で言うグーグルです。

グーグルの方針しだいで無収入になる可能性がある

SNSやはてブなどである程度集客は可能ですが、それでも検索エンジンからの流入に比べれば微々たるものです。

やはりメインの集客は検索エンジンに頼ることになるでしょう。

グーグルは頻繁にアップデートをおこない、集客のメインとなる検索エンジンのアルゴリズムを変更します。

と言うことは、アップデートの都度、今までのビジネスモデルが通用しなくなるケースがあるんです。

最近ではキュレーション問題が話題になりました。

今まで稼ぐことができていたブログが、明日には無価値になってしまうんですよ。

これってすごく恐ろしいことだと思いませんか?

例えば、以前はプラットホームだけ作って、あとは外注のライターさんに頼んで不労収入を得るなんてことが可能でした。

しかし、このビジネスモデルもだんだん厳しくなってくるでしょう。

やっぱり魂がこもってない記事って無機質で心に響いてこないんですよね。

グーグル側もそれが分かっているみたいで、そういったサイトは上位に表示されにくくなります。

だから、仮に月収100万円達成しても、不労所得を得ても、それが一生続くとは考えないほうがいいです。

実はトップブロガーやアフィリエイターも本業を持っている

前項の続きになりますが、検索エンジンがどうアップデートしようと、10年以上ブロガーやアフィリエイターで稼いでいる方も存在します。

でも、月収100万円くらい稼いじゃうような人たちもちゃんとリスクヘッジしているんですよ。

「ブログで人生変えよう!」と言っときながら、自分はちゃっかり本業があるんです(笑)

いや、ちゃっかりというかビジネスの世界では複数の収入源を確保するのは常識ですけどね。

アドセンスやアフィリで稼ぎつつ(掛け持ちもあります)、ライター、コンサル、WEBデザイナー、ネットショップ、果ては普通に会社経営していたり。

ブログで収益を上げつつ、リアルのビジネスで集客するためのツールとして利用している方もいますね。

また、社会的に本業を持っていたほうが体裁が良いという側面もあるかもしれません。

背水の陣の由来とは

ここで話題を少し変えます。

今でもよく使われる言葉「背水の陣」の由来をご存知でしょうか。

今から約2200年くらい前の中国の話。

漢の韓信という武将は、当時の戦いの常識ではありえない川を背にして布陣しました。

不利な状況であったにもかかわらず、逃げ場がないと悟った将兵は逆に死に物狂いで戦い、趙の大軍を打ち破ったという故事が「背水の陣」の語源となっています。

しかし、この話には裏があるのです。

実は韓信は負けた場合も想定して、ちゃんと逃げ道も確保していました。

戦いの天才韓信が、国の存亡を賭けた戦いでイチかバチかなんてことをするはずがありません。

引用:ウィキペディア

だから何が言いたいんだって話ですが(笑)

要はブログビジネスのほうが稼げるからとか、不労収入を得て自由になりたいなんて理由で、安易に本業を辞めて「背水の陣」にしてはいけないということです。

ブログビジネスで高収入を得ている方でも、ちゃんと稼げなくなった時の逃げ道は用意しているんですよ。

もちろん有名ブロガーやトップアフィリエイターともなると副業のほうが稼ぎは良いでしょうが、かと言ってブログビジネスだけで食べていこうとするのは無謀でしかありません。

いつ収入がなくなってもいいように、別の収入源を確保することも大事だと思います。

歳をとると続けられない

若いうちは体力もありますし、常に最新情報をキャッチするアンテナを張っていればブログビジネスで無収入になるなんてことはないでしょう。

しかし、これが50歳、60歳になっても続けられると思いますか?

いわば、プロ野球やプロサッカー選手と一緒ですね。

体力やモチベーションにも限界があります。

目先の利益ばかりではなく、将来を見すえるべきです。

本当に頭の良い人はブログやアフィリで稼ぎつつ、しっかりと将来の足場を固めるためにリアルビジネスにも参入してます。

または、ブログビジネスを辞めても食べていけるほど、専門知識やスキルを持った方もいます。

「一生ブログやアフィリだけで食っていく!」なんて幻想は捨てたほうがよいでしょう。

稼げるのは一握り

私の中学校の時の友人に、その地域ではズバ抜けて野球のうまい奴がいました。

当然、全国の強豪校からスカウトがあり、野球の名門校に進学しました。

その彼はどうなったと思いますか?

3年間球拾い、ベンチにも入れなかったんです。

甲子園のスタンド席を見るとわかると思いますが、ベンチにさえ入れない部員が100人くらいいるんですよ。

そんな選ばれし甲子園出場選手でも、プロ野球選手になれるのはほんのひと握り。

さらに、プロ野球選手の中でもイチローのようなトッププレイヤーは数十人です。※ちなみに野球の競技人口は約812万人もいます。

ブログビジネス一本で生活していくのはそれだけ大変なことなんです。

ブログビジネスでひと財産築いて悠々自適な生活を送っている方もいるかもしれません。

しかし、そんな人は日本全国に数える程しかいないでしょう。

だから、夢を持って仕事を辞めるのはいいですが、現実を直視してください。

時流、運、才能…世の中努力だけではどうにもならないことがあります。

一生涯生活が困らないほど稼げるのは、ほんのひと握りです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私も今運営している特化型ブログを使ってさらに別のビジネスを考えているのですが、いかんせん時間がありません。

平日は仕事と育児、土日は子供との時間を優先的に考えているからです。

会社を辞めてこのビジネスに集中できれば、普通に生活できるくらいにはなるでしょう。

しかし、妻子がいる身でそんなギャンブルはできません。若い頃なら挑戦していたかもしれませんが…

繰り返しになりますが、ブログやアフィリで生活することは可能です。

しかし、仕事を辞める前にもう一度考えてみてください。

  • 社会的地位の低さは覚悟している
  • グーグル検索以外の集客方法がある(これから検索エンジン以外の集客方法を構築する自信がある)
  • アドセンス、アフィリ以外の収入源がある(これから収入源を増やす自信がある)
  • ブログ、アフィリで無収入になってもそれ以外のスキルで生活ができる

せめて、本業でやるなら上記のようなバックボーンがあって始めて飛び込む世界だと思います。

ハッキリ言いますが、私にはそんな覚悟はありません(笑)

この記事が参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東京在住、元スノーボードインストラクターという一風変わった肩書きを持つ35歳のサラリーマンで、子育てと父親のあり方について考える子育てプロデューサー。 独身時代から多趣味なことが災いし、子どもが生まれたあともしばらくは自分中心の生活を続けていましたが、ある出来事をきっかけに改心して、今では娘と過ごす時間を一番に考え充実した毎日を過ごしています。