面白いほど売れる!アフィリエイトブログの書き方

こんにちは。

一日1~2時間の作業で月20万円前後の収益を得ている副業ブロガー。「ニッチジャンルで安定的に稼ぐブログ理論」を提唱しているユキスキです。

ゆき子
一生懸命アフィリエイト記事を書いているのですが、なかなか売れません…
ユキスキ
読者が購入に至るプロセスを知れば、必ず売れるようになりますよ!

「ブログは儲かるって聞いたのに、アフィリエイト商品が売れない…」なんてお嘆きの方も多いのではないでしょうか。

では、質問です。皆さんは購入者側の立場になってブログを書いたことはありますか?

これって、実はすっごく大事なことなんですよ。

たとえば週末、彼女とショッピングモールへジャケットを買いに行くとします。

彼女と「どんなジャケットが似合う?」なんてラブラブやってたら、いきなり店員さんが接客してきて雰囲気ぶち壊しって時ありませんでしたか?

でも、もしかしたら、皆さんの記事も空気の読めない店員さんと同じことをやっているかもしれませんよ。

逆に、ユーザーが購入するまでのプロセスを知れば、商品は簡単に売れます。

というわけで、今回は「面白いほど売れる!アフィリエイトブログの書き方」についてお話ししたいと思います。

アフィリエイトブログの書き方は4つのプロセスを意識する

突然ですが、ご覧頂いている皆さんは、ユーザーが商品を購入するまでのプロセスって考えたことありますか?

もしご存知なければ、当然商品なんて売れるわけないですよね。

路上でいきなり声かけられて、「圧力鍋買いませんか?大変お得になってますよ!」って言われて買うわけがありません(笑)

でも、もしかしたらあなたもブログで同じことをやってるかも…

そもそも、ユーザーはどのようなプロセスを経て購入へと至るのでしょうか。

【購入までのプロセス】

  1. 興味
  2. 共感
  3. 信頼
  4. 購入

まぁこれだけ見せられても意味不明ですよねw

でも、なにも難しいことはありません。なぜなら、あなたも同じプロセスを経て商品を購入しているからです。

この4項目さえ押さえておけば、文章の上手い下手に関係なく商品は勝手に売れていきますよ。

アフィリエイトブログで購入に至る4つのプロセスとは

冒頭での例題と同じく、彼女とショッピングモールへ行ったとしましょう。

①ショーウィンドウにかっこいいジャケットが飾ってある。しかし、ブランド名は聞いたことがない。

これが、第一段階の「興味」ですね。ブログで言えば検索エンジンを経てあなたの記事タイトルに興味を持った段階です。

②同年代の店員さんがジャケットをおしゃれに着こなしている。そういえば、そろそろ春物のジャケットが欲しかったんだ。お店に入ってみよう。

これが、第二段階の「共感」です。ブログの記事を見て共感している段階です。

③実はこのお店、私が好きな有名ブランドの傘下だった。リーズナブルで質も良い。そのブランドのグループであれば問題ないだろう。

第三段階の「信頼」です。ブログ記事が信用できるものだったら、購買欲が一気に高まります。

④私好みのジャケットが販売されていたので、セール中ということもあり購入した。

最後は「購入」のプロセスです。値段やサービスに納得してはじめて購入に至ります。

そう、この4段階のプロセスをブログで再現すれば良いだけ。

しかし、商品が売れないブロガーさんに限って、②③の工程をすっ飛ばして、④の購入まで誘導してたりします。

店内に入っていきなり購入するわけないですよね。だから、どんなアフィリエイト記事を書くにしても、プロセスを大事にしなければなりません。

というわけで、次項から圧力鍋のアフィリエイト記事を例に、商品購入まで誘導してみましょう。

興味のプロセス

時短でお手軽料理!最新の圧力鍋紹介します

まずは、タイトルで記事に興味を持ってもらうことから始まります。ショッピングモールで言うショーウィンドーですね。

はっきり言って、多少盛ってるくらいのタイトルがおすすめ。だって、タイトルに興味を持ってもらわないと記事なんて読まれないですからね。

「最新の圧力鍋紹介します」

はっきりって、こんなタイトルの記事クリックしませんよね。

「あなたの生活が一変する!最新の圧力鍋紹介します」

「プロもうなった!最新の圧力鍋紹介します」

ほら、こんなタイトルの方が、思わずクリックしたくなりますよね。

魅力的なタイトルの付け方に関しては、下記の記事も参照ください。

共感のプロセス

以前はカレー作りに1時間もかけていましたが、掃除や洗濯の合間に作るのは大変…

でも、この圧力鍋を使ってから10分で完成するようになりました。

空いた時間で本も読めるし、ガス代も浮く。まさに一石二鳥ですね!

この圧力鍋は○○というフランスのブランドです。聞きなれないかもしれませんが、本国ではどこの家庭にもある人気の鍋です。

いざ入店してもらっても、ユーザーの悩みに共感できなければ購入には至りません。

共感してもらうテクニックに関しては挙げていくとキリがないので、ここでは一例だけ紹介します。

■自分の経験

「(ご自身が)失敗談した経験からこの商品を使ってみました」などのセールスライティングで、同じ失敗をしているユーザーに共感を得ることができます。

■共通部分をアピール

ユーザーは自分と似た人に共感を持つ心理が働きます。年齢、家族構成、収入、生活環境などの情報を文中に加えるだけで、共感を得ることが可能です。

■商品のブランド力

たとえば、ユニクロとか無印良品というブランドに疑いを持つ人は少ないですよね。商品自体にネームバリューがあれば、簡単に共感を得ることができます。

共感を得るには、ターゲットを絞る必要があります。詳しくは下記の記事にまとめましたのでご参照ください。

信頼のプロセス

私は以前、三ツ星ホテルのシェフとして働いていましたが、この圧力鍋を使えば高級レストランとまったく変わらない味が再現できます。

さて、セールスのなかで一番重要なのが、信頼のプロセス。

だって、どれだけ魅力的な情報が書かれていても、その話に信ぴょう性がなければ誰も買ってくれませんからね。

信頼は、権威性、信頼性、専門性によって担保されます。

■権威

圧力鍋だったら、料理研究家やシェフ、調理師さんなどが執筆しているほうが信頼度が高いですよね。

■信頼性

一次情報に基づく正確な記事なのかというのも、信頼を得るうえで重要な要素です。写真や実体験をもとに信頼性を担保することもできます。(自分で撮った写真や実体験も立派な一次情報です。)

■専門性

専門的なブログであるか?この場合は、料理を中心扱ったブログであるかどうかというのも信頼を得る重要なファクターです。

購入のプロセス

税抜きで12,800円。本来20,000円以上する商品なのでとてもお得に買えました!

こちらの鍋はブランドホームページはもちろん、アマゾン・楽天でも購入することができます。

最後は購入のプロセスです。いくら共感、信頼を得ることができても、クロージング(契約の締結)が雑だと売れる商品も売れなくなってしまいます。

■値段が適性であるか。予算内で買えるか

いくら良い商品でも、10万円と言われたら二の足を踏みますよね。まぁ10万円でも良いのですが、その金額に見合ったメリットを掲示できなければユーザーは購入してくれません。

■どこで買えるのか

ブランドのホームページ?アマゾン?楽天?

実は「どこで買えるのか」というのも商品を販売するうえでとても大事な要素です。なぜ、アマゾンや楽天が信頼されるかといえば、返金保証や金額の妥当性が担保されているからです。

もし、ブランドサイトでしか買えない場合は、ユーザーの不安を解消しておく必要があります。(他社比較、返金保証あり、カード決済OKなど)

■セールや特典があるか

期間限定セールなどを開催していれば、ユーザーの背中を後押ししてくれることでしょう。

■購入に際して手間はないか

これも、アマゾン・楽天が有利ですね。たとえば、住所登録やカード情報入力の手間があるだけで購入を渋る可能性があります。

フェイスブックやグーグルのアカウントが連動できるなら、積極的にアピールすべきですね。

アフィリエイトブログの書き方コツ

4つのプロセスを理解したら、さっそくアフィリエイトブログを書いてみましょう。

アフィリエイト初心者の方は、まず身の回りのモノをレビューすることから始めてみてください。

  1. 商品を購入した理由は?
  2. なぜその商品を選んだか?
  3. 他社商品と何が違うのか?
  4. 使ってみた感想は?
  5. デメリットは?
  6. どこで買えるの?

こういった情報を書き出したら、4つのプロセスを意識しながらブログ記事を書いていきます。

考えてみてください、「この人は文章が下手だから商品を買わない」なんて人がいると思いますか?

しっかり読者の欲しい情報をプロセスを抑えておけば、文章の上手い下手なんて関係なく商品は売れていくんですよ。

基本的なブログ文章の書き方については、下記の記事も参照ください。

まとめ

ゆき子
ユキスキさん、なんだか売れそうな気がしてきました!
ユキスキ
そう、4つのプロセスを意識すれば、必ず売れるようになりますよ

いかがでしたでしょうか。

どれだけアフィリエイト記事を書いても売れないなら、今一度四つのプロセスを確認してみてください。

  • 興味(クリックしたくなるような魅力的なタイトルをつけているか)
  • 共感(ユーザーと悩みを共感できているか)
  • 信頼(ユーザーが信頼を持つような情報を提供できているか)
  • 購入(ユーザーが購入に際し疑問に思うことを潰せているか)

おそらく、アフィリエイト商品やサービスが売れないか方は、どれかプロセスが抜け落ちている可能性が高いです。

というわけで、嫁にはぜんぜん信頼構築できてない、ダメ夫ブロガーがお送りしました(笑)

ではでは、さよなら~


スポンサーリンク




ライバル不在のニッチなジャンルで継続的に10万円を稼ぐブログ理論(有料ノート)

少ない作業時間でも収益をあげることができるブログ運営理論です。

今回、5年間ブログを運営してきて、自分の理論に自信が持てたので有料で公開することにしました!(前半の8,000文字は無料で読めます。)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

38歳サラリーマンで1児の父。会社での給与がなかなか増えないので、小遣い稼ぎのつもりでブログを開始する。「ニッチブログで小さく稼ぐ理論」を提唱しており、現在はGoogleアップデートの影響を受けづらくライバルが少ないジャンルで月間20万円前後を安定的に稼ぎ出しています。