人気から定番モデルまで!生活スタイルに合ったおすすめベビーカー35ブランドご紹介します!

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

今回はベビーカーのブランド特集ですが、

ベビーカーってどんなブランドがあるの?
選ぶ基準って?購入?それともレンタル?

なんて方も多いと思います。

らくスノ
娘が生まれたとき、私も同じ疑問をもっていました…

特に初めての購入だとわからないことだらけですよね。

今回は「人気から定番モデルまで!生活スタイルに合ったおすすめベビーカー35ブランドご紹介します!」と題して、ベビーカーのブランド紹介や、選び方について特集したいと思います。

直接ブランドだけご覧になりたい方は、目次からブランド紹介へ飛んでください。

ベビーカーはどんなタイプがあるの?

そもそも、ベビーカーってどんな形・タイプがあるの?
らくスノ
主に4種類あります。

大きく分けると、ベビーカーは4種類あります。

■A型両対面式

今主流になっているのがこの2WAYタイプです。

最初は対面、成長してきたら背面に切り替えができるので、長く使えることがメリットですね。

デメリットとしては、このあと紹介するB型より重くてかさばることです。

実際、両対面型を購入したのにも関わらず、途中で買い換えたお友達もいました。

出典:http://kakaku.com/article/pr/14/12_joie/p2.html

■A型背面式

生後1ヶ月~使えるのが、このA型背面式タイプです。

対面にはできませんが、背もたれの角度を変えれば長く使えます。

ただし、写真のようにハンドルが左右分離しているタイプもあるので注意が必要です。

また、A型両対面式と同様、B型より重くてかさばります。

出典:https://item.rakuten.co.jp/netbaby/10007173/

■B型

だいたい生後7ヶ月くらいから使用できるのがこのB型タイプです。

B型タイプの最大の特徴は、なんと言っても安価で圧倒的に軽い!※モデルにより異なります。

我が家に自家用車はありませんので、移動は完全にバス・電車が中心です。

しばらく両対面式で頑張ってたんですが、重さに耐え切れずにB型も購入してしまいました(笑)

特に車をお持ちでないご家庭は、ベビーカーの軽さがめちゃめちゃ重要です。

らくスノ
都会の地下鉄なんて、まだまだエレベーターが設置されてない場所も多いしね!

7ヶ月までA型タイプのレンタルで乗り切るというのも、一つの方法だと思います。

出典:https://item.rakuten.co.jp/babytown/4513179109710/

■三輪

最後はこの三輪タイプ、海外製品に多いですね。

これ、使ってみると分かるのですが、ハンドルも軽いし小回りが効いて機動性抜群!

段差も軽々と乗り越えて乗り心地も良さそう、もはや言うこと無し!…と、良いことばかりではありません。

らくスノ
正直、めちゃめちゃ重い…バスなんて絶対乗れない(笑)※モデルによります

中には10kgを超えるものも!※B型は平均3kg前後

しかも、海外製品はそこそこいいお値段します…

らくスノ
おしゃれなんだけどね~

車移動が中心とか、階段の移動が少ないご家庭向けですね。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/nextbike/andbuggy.html

購入すべき?それともレンタル?中古?

これは、各ご家庭の収入や生活環境にもよるので、一概にこれがいいとはいえませんが…

  • 人が使ったのを許容できるか?
  • 最新モデルでなくてもよいか?
  • 車移動?電車・バス移動?

上記が基準となってきます。

まず、言い方は悪いですが人が使ったベビーカーを許容できるかというのが一番ネックになると思います。

我が家は、義理のお姉さんからA型背面式タイプを譲ってもらって途中からB型を購入しましたが、親戚が使ってたものでさえうちの妻は嫌がってましたからね(笑)

そして、レンタル・中古の場合最新モデルはありません。(あっても高額)

車移動中心のご家庭はA型両対面型タイプを購入すれば、長く使ってペイできると思います。

しかし、我が家のように電車・バス移動が中心であれば、A型をレンタル・中古で数ヶ月使ったあと安価なB型に買い換えても良いかと思います。

ベビーカー選びのコツは?

続いては、ベビーカー選びのコツです。

ベビーカーのタイプ別については前項で解説しましたのである程度モデルは絞れると思いますが、この項では具体的な機能や選び方について解説します。

■価格

まず、まっさきに気になるのが価格ですよね、そりゃ安いほうがいいに決まってます(笑)

  1. 三輪タイプ
  2. A型両対面式・A型背面式タイプ
  3. B型タイプ

一般的には上記の順で三輪タイプが一番高くB型が安い傾向にありますが、「安す過ぎるのはどうなの?」なんて不安もありますよね。

少なくてもここで紹介しているブランドは安価だからといって安全性・耐久性に問題はありませんが、単純に安価なものは機能がシンプルになる傾向にあります。(細かい調整ができなかったり、マットレスが薄いなど)

どこまで、機能に妥協できるかというのも、選ぶ際のポイントになりますね。

■A型タイプは両対面?背面?

A型タイプの場合、両対面型・背面型どちらを選ぶか迷うと思います。

実際、主流は両対面型ですし、「両方使えたほうがお得じゃない?」と思うかもしれませんが、正直対面は段差や進路変更がしづらいです。

お友達の中には、「対面はほとんど使わなかった…」なんて方もいらっしゃいます。

確かに、赤ちゃんの顔が見えたほうが安心なんですが、我が家も背面型使ってましたし対面型は絶対必要なものではありません。

一般的には背面型のほうが安い傾向にありますので、生活スタイルに合わせて選びましょう。

■軽さ

特に我が家のようにバス・電車移動中心の方はベビーカーの軽さが重要ですよね。

私はA型背面型ベビーカーの重量に耐え切れず、軽量なB型を購入してしまいましたし(笑)

前述のように、軽量化すると機能がシンプルになりますので、どこまで妥協できるかという問題もありますが、重量は購入前に必ず確認しておきましょう。

■デザイン・シルエット

日本では四輪が主流ですが、このあと紹介するストッケやクイニーのザップなんてかっこいいですよね。

コスパ的には西松屋やアカホンのPBベビーカーも有りだと思うのですが、良くも悪くもデザインがシンプル。

もちろん、お子さんの乗り心地・安全性が第一なんですが、やっぱり他のパパさんママさんの視線も気になりますよね(笑)

出典:https://item.rakuten.co.jp/gmp/qny1399/

■たたみやすさ・たたみ方

どうしてもデザインや重量・価格に目がいきがちですが、たたみやすさも非常に大事です。

例えば、赤ちゃんを抱っこしながらバス・電車に乗るなんてシチュエーションが多い方は、片手でたたむことができるベビーカーのほうが圧倒的に便利ですね。

■収納

ベビーカー下の収納はレインカバーやおもちゃ・ブランケットを入れたりするのに便利です。

モデルによっては(特にB型タイプ)収納が少ない場合もありますのでチェックしましょう。

■車輪の種類・大きさ

車輪には以下の種類があります。

  • シングル
  • ダブル
  • エアタイヤ

日本では安定感のあるダブルが主流ですが、シングル・エアタイアのほうが操作性は高いです。

車輪に関しては大きいほうが圧倒的に楽です。

お友達の海外製ベビーカーを押させてもらったことがあるのですが、段差はもちろん、ちょっと押すだけで軽快に進むし方向転換も簡単!

だだし、タイヤが大きいベビーカー(特に海外製)は重い傾向にあるので注意が必要です。

■その他の機能

ハイスペックモデルには、サスペンションや高級クッション、レッグレスト(足入れ)が付属していたりと、赤ちゃんに配慮した機能が満載です…まぁ当然値段は高いですが(笑)

必ずしも必要なものではないので、お財布と相談いただければと思います。

ベビーカーの保管・メンテナンス方法は?

ベビーカーのメンテナンスはどうすれば良いのでしょうか?
らくスノ
素人が修理するのは危険です、必ずメーカーか専門の業者にお願いしましょう。

素人ができるのは注油と軽い点検までです。

  • タイヤに減りや歪み・破損がないか
  • シートベルトはきちんと結合されているか
  • ベビーカー本体が歪んだり傾いたりしてないか
  • ブレーキ機能があるものは、きちんと機能しているか

もし、使用時にキーキー音がしたりフレームが歪んでいるなど、あきらかに異常を感じた場合はすぐに修理をお願いしましょう。

保証期間内であればメーカーに修理を依頼するのが一番確実です。

中古や貰い物の場合も、とりあえず各メーカーに問い合わせてみましょう。

また、故障箇所によってはベビーカー修理を専門にしている業者やサイクルショップでも修理可能です。

保管場所に関しては、高温・多湿の場所はNGです。

よくやってしまいがちなのがガレージや物置ですが、なるべく室内に保管してください。

シートの洗い方は?

ベビーカー付属のシートを洗う時は、必ず説明書やタグの注意書きを確認してください。(洗濯機NGなものもあります。)

汚れがひどい場合は、薄めた中性洗剤を布に染みこませたたくようにして汚れを取り除きます。

らくスノ
洗剤が残っていると生地を傷めるので、使用量には注意しましょう!

我が家ではシートカバーを敷いていたので付属のシートが汚れることはあまりなかったのですが、洗うときはドライクリーニングに出してました。

人気、おすすめのベビーカーブランド紹介します!

というわけで、ここからは人気・おすすめブランドに紹介に移りたいと思いますが、その前に注意事項をご覧ください。

  • 各ブランドは楽天市場もしくはアマゾンで最新の在庫状況を検索できるようにしてます。人気ブランドは商品数が少ないことも予想されますので、楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングでそれぞれ調べる事をオススメします。
  • 各メーカーの画像はイメージで、最新の在庫状況を示すものではありません。最新の情報を知りたい場合は、楽天市場・アマゾン・ヤフーショッピングで検索するか、各ブランドのホームページをご覧下さい。
  • 利便性を優先し、一部のブランドは本国ではなく輸入代理店のホームページをリンクしております。

A型両対面式おすすめブランド

ピジョン

ピジョン

らくスノ
日本を代表するベビーブランドですね!ピジョンの由来は平和の象徴「鳩」です。

 

コンビ

コンビ

らくスノ
こちらは60年続く日本のベビーカーブランド。有名なブランドは信頼性はもちろん、サポートも充実してます。

 

アップリカ

アップリカ

らくスノ
ベビーカーはもちろん、チャイルドシートや抱っこひもにも定評がありますね。よく海外の赤ちゃんをモデルに使っているので欧米のブランドだと思われがちですが、れっきとした日本メーカーです。

 

グレコ

グレコ

らくスノ
アメリカ発のブランド。欧米らしい収納のあるベビーカーが特徴ですが、日本企画の製品もあります。

 

イングリッシーナ

イングリッシーナ

らくスノ
イタリアブランドらしい、スタイリッシュなデザインです。

 

バガブー

バガブー

らくスノ
オランダ発のブランド、シティライフに特化した機能・デザインが特徴です。とにかくおしゃれ…でも高い(笑)

 

リッチェル

リッチェル

らくスノ
信頼の日本ブランド。収納力の高いモデルが多いですね。

 

ベビージョガー

ベビージョガー

らくスノ
その名の通り、創業者が自身の赤ちゃんとジョギングするために開発したベビーカーです。私も展示会で使いましたが、操作性は抜群に良いですがとにかく大きいのでバス・電車は不便です。

 

ペグ・ペレーゴ

ペグ・ペレーゴ

らくスノ
こちらもイタリアのメーカー。見慣れないせいもあるのか、このブランドもデザインがおしゃれに見えます(笑)たたみ方は好みが分かれるとこですね。

 

エアバギー

エアバギー

らくスノ
たぶんほとんどの人はアメリカのブランドだと思ってますが、れっきとした日本のブランドです。三輪バギーが有名ですね。

 

コンビ(ホワイトレーベル)

コンビ(ホワイトレーベル)

らくスノ
コンビの軽さ、安全性に特化したコンセプトブランドです。

 

カトージ

カトージ

らくスノ
愛知県に本社を置く、ベビーカーの老舗ブランド。けっして大きなメーカーではないですが品質は高いです。

 

ハグミー

ハグミー

らくスノ
カトージの直販、オンライン限定ブランドです。

 

日本育児

日本育児

らくスノ
ベビーカーがそのまま車のベビーシートに大変身するというトラベルシステムがすごい!赤ちゃんを起こすことなく移動できるので便利ですね。

 

ジョイー

ジョイー

らくスノ
イギリス発のブランド。こちらもベビーカーとベビーシートが共有可能なモデルが特徴的です。

 

ベビーゼン

ベビーゼン

らくスノ
フランスのブランドです。このメーカー特徴は、なんと言っても軽くて電車や飛行機の荷物棚にも置くことができるくらいコンパクト(3つ折り)に収納できます!

 

ストッケ

ストッケ

らくスノ
ノルウェー発のブランド。北欧家具好きにはたまらない洗練されたデザイン!街で使っていたら間違いなく目立ちます。

 

クイニー

クイニー

らくスノ
エアバギーと同じGMPインターナショナルのブランドです。

 

サイベックス

サイベックス

 

マクラーレン

マクラーレン

らくスノ
F1で有名なマクラーレン…とは無関係です笑

 

ABCデザイン

ABCデザイン

 

マキシコシ

マキシコシ

 

ベビーホーム

ベビーホーム

 

ヌナ

ヌナ

らくスノ
海外セレブがこぞって愛用していることで有名なオランダのブランドです。

 

レカロ

レカロ

らくスノ
車の高級シートで有名なドイツのブランドです。

 

コサット

コサット

らくスノ
イギリス発のベビーカーブランド。デザインがPOPでおしゃれ!

 

マイクラライト

マイクラライト

らくスノ
こちらもイギリスのブランド。シルエットが独特で、街でも目立つこと間違いなし!

 

コルクラフト

 

フォーマムズ

らくスノ
シルエットはもちろん、自動折りたたみ機能が近未来過ぎる!買わなくても一見の価値ありです。

 

gb

gb

らくスノ
ギネスが認定した世界最小、自転車にも乗るというウルトラライトなベビーカーが有名ですね!

 

インファンタジー(アカチャンホンポ)

アカチャンホンポ(販売ページ)

らくスノ
アカチャンホンポのPBブランド。ブランドさえ気にしなければコスパは最強です!

 

スマートエンジェル(西松屋)

らくスノ
西松屋のPBブランド。最低限のシンプルな機能しかついていませんが、こちらも圧倒的な低価格です!

西松屋チェーン楽天市場店(販売ページ)

 

ベビーザらス(限定商品)

ベビーザらス

らくスノ
ベビーザらスのベビーカーは、低価格はもちろんですが軽くて丈夫だと評判も良いです!

 

バースデイ

バースデイ(販売ページ)

らくスノ
一部オリジナル商品も扱っています。

 

B型タイプおすすめブランド

ピジョン

 

コンビ

 

アップリカ

 

リッチェル

 

ベビージョガー

 

ジョイー

 

ベビーゼン

 

ジェーイズフォージープ

らくスノ
ご存知、Jeepのベビーカー。オフロードのようなタイヤと車メーカーらしいサスペンションが特徴です。

 

クイニー

 

三輪おすすめブランド

アップリカ

 

グレコ

 

クイニー

 

フィルアンドテッズ

フィルアンドテッズ

らくスノ
二人乗りのベビーカーが有名なブランドですね!

 

ベビージョガー

 

エアバギー

 

ジョイー

 

ブリタックス

ブリタックス

 

ネビオ

ネビオ

らくスノ
三輪バギーとしては他のブランドより安価なので、節約したい方にもおすすめです。

 

トラベルシステムモデル(ISOFIX)

トラベルシステムとは、ベビーシートとベビーカーが共有できるモデルのことです。

車を所有しているご家庭はこちらも検討してみてはいかがでしょうか?

出典:日本育児ホームページより

日本育児

 

クイニー

 

ストッケ

 

ジョイー

 

コンビ

 

マキシコシ

 

【おまけ】あったら便利なベビーカーグッズ

グリップカバー

 

日よけ&防虫ネット

 

クッション

 

ベビーシート(保冷)

 

シートカバー

 

おもちゃ

 

フック

 

レインカバー

 

バギーボード

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あらためてまとめてみると、たくさんのベビーカーブランドがありますね。

私もベビーカー購入前にこの記事を見ていれば、もっと楽だったのになぁなんて思います(笑)

赤ちゃんはもちろん、ママ・パパにも優しいベビーカーに出会えると良いですね!

この記事が参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東京在住、元スノーボードインストラクターという一風変わった肩書きを持つ35歳のサラリーマンで、子育てと父親のあり方について考える子育てプロデューサー。 独身時代から多趣味なことが災いし、子どもが生まれたあともしばらくは自分中心の生活を続けていましたが、ある出来事をきっかけに改心して、今では娘と過ごす時間を一番に考え充実した毎日を過ごしています。