人気アウトドア用シューズ・ブーツ・サンダルおすすめ50ブランド大特集【登山・トレラン・キャンプ・フェス】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

来週は友人とフェスに行きます!
今度初めて友達と登山に行くんです!

でも、「そもそも、アウトドアシューズのブランドを知らない」とか「どんな種類があるの?」なんて方も多いと思います。

というわけで、今回は「トレンドから定番まで!アウトドアシューズ・ブーツ・サンダルおすすめ50ブランド大特集」と題して、選び方のコツやブランドを紹介したいと思います。

直接ブランドだけご覧になりたい方は、目次からブランド紹介へ飛んでください。

どんな種類があるの?

アウトドア用シューズにはどんな種類の物があるのでしょうか?

  • ハイカット
  • ミドルカット
  • ローカット
  • アプローチシューズ
  • トレイルランニング
  • サンダル

大きく分けると上記のカテゴリーに分類されます。

■ハイカット

一般的には、ガチの登山で使用される場合が多いです。(3000m級の岩場が多い山)

岩場に対応するためソールが硬かったり、足首がしっかりホールドできるのが特徴です。

ただし、山慣れしてないと足が痛くなるので、登山初心者の方にはあまりおすすめできません。

出典:https://lbreath.xebio-online.com/ec/srDispProductDetail/ItemId/C-20602365301

■ミドルカット

低山や富士登山などにおすすめなのがミドルカットのブーツです。

ソールが適度に柔らかく足首も遊びがあるので、登山初心者の方にもぴったりです。

ただし、平地を歩くのには向いていませんので、使用用途によっては注意が必要ですね。

出典:https://item.rakuten.co.jp/vic2rak/sportiva_0095/

■ローカット

ハイキング、トレッキングにおすすめなのがローカットシューズです。

登山シューズよりも軽く柔らかいので、どちらかというと平坦な道を歩くのに向いています。

また、防水機能を備えたものも多く、ハイカットやミドルカットよりも履きやすいので、キャンプや郊外型のフェスでも使えますね。

出典:https://item.rakuten.co.jp/e-lodge-2/spj-14p/

■アプローチシューズ

告白するときに使用するわけではありません(笑)

もともとはロッククライマーが岩場まで歩くときに使用するシューズでしたが、軽量で価格も安いので軽登山やトレッキングにも流用する方も多いです。

出典:http://shop.vic2.jp/item/55607.html

■トレイルランニング

ここ数年で一気に増えた感のある、トレイルランニング用のシューズ。

ソールが柔らかく軽量なのが特徴ですが、ほとんどのモデルは防水機能を備えてません。

また、ランニング(ロード)に慣れていない方が使用すると、逆に足を痛める可能性があるので注意が必要です。

出典:https://item.rakuten.co.jp/vic2rak/sportiva_0097/

■サンダル

郊外型フェスやキャンプでお馴染みのアウトドア用サンダルです。

履きやすいうえに水に濡れても大丈夫!

「走れるサンダル」キーンのように、スポーツサンダルは普通のシューズ同様に使用できるものもあります。

また、登山では足休めにサンダルへ履き替えることもできますね。

出典:http://shop.vic2.jp/item/48555.html

もちろん例外もありますが、おおむね上記がアウトドア用シューズのカテゴリーになります。

どんな素材があるの?

大きく分けると、革と化学繊維(ポリエステル、ナイロンなど)があります。

アメリカでは「親子2代同じ革靴を履いていた」なんて仰天エピソードもあるくらい、一般的には革製品のほうが長持ちするとされていますが、保革油を塗ったり手入れが面倒…

また、ゴアテックスなど防水・透湿性が高い素材を使用していないモデルも多いです。(もともと本革は防水性が高いため。)

らくスノ
革のブーツっておしゃれだし、玄人っぽくてかっこいいんだけどね~

特にこだわりがなければ、個人的には手入れが楽な化学繊維がおすすめです。

ヒモ以外のシューズがあるの?

ここ最近増えてきたのが、ダイヤルを回すだけで靴を締め上げる事ができるボアシューズと呼ばれるものです。

主にトレッキング、トレイルラン向けのモデルにラインナップが多いですが、とにかく簡単に履けて締めやすいのでおすすめです。

 

出典:https://wowma.jp/item/284784846?aff_id=kwm

購入のコツは?

購入する際の注意点やコツとはなんでしょうか?

■試し履きはしたほうが良い

お店で購入するせよ、インターネットで購入するにせよ、できるなら一度試し履きをしたほうが良いと思います。

シティユースのスニーカーと違い、山歩きやフェスの移動で靴ズレが起きてしまうと本当に辛いです。

「じゃあタクシーで移動しよう」なんてわけにはいきませんからね(笑)

当然メーカー毎にサイズ感は違いますし、海外ブランドは甲高なモデルも多かったりします。

でも、登山靴ならまだしも、サンダルを試し履きする必要ってあるの?
らくスノ
スポーツサンダルは普通のシューズと変わらないので、サイズ選びを間違えると靴ズレの原因になります…

また、インターネットで購入するなら、サイズ交換ができるお店で買うと安心ですね。

■インソールは入れたほうがいい

長時間歩くなら、インソールは入れたほうが良いです。(もともと入っているインソールはほとんど意味がありません。)

シューズがしっかりフィットしますし、何より足裏の痛み・疲れが軽減されます。

インソールもピンキリですが、スーパーフィートというブランドが圧倒的に有名です。

独自の特許を取得しているので、個人的にはオーダーメイド以外ではスーパーフィート一択で間違いないと思います。

らくスノ
私なんか、入れ替えるのが面倒なので2セットも買っちゃいました(笑)

 

■デザイン・評判で選ばない

ジャケットやパンツならともかく、アウトドアシューズをデザイン・評判で選んではいけません。

なぜなら、足型は千差万別だからです。

それこそ友達の足にはジャストだったとしても、自分には合わないかもしれません。

「評判が良い=良い靴」ではなく「自分に合う=良い靴」なんです。

アウトドアシューズ、ブーツ、サンダルブランド紹介します!

というわけで、ここからは人気・おすすめブランドに紹介に移りたいと思いますが、その前に注意事項をご覧ください。

  • 各ブランドは楽天市場もしくはアマゾンで最新の在庫状況を検索できるようにしてます。人気ブランドは商品数が少ないことも予想されますので、楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングでそれぞれ調べる事をオススメします。
  • 各メーカーの画像はイメージで、最新の在庫状況を示すものではありません。最新の情報を知りたい場合は、楽天市場・アマゾン・ヤフーショッピングで検索するか、各ブランドのホームページをご覧下さい。
  • 利便性を優先し、一部のブランドは本国ではなく輸入代理店のホームページをリンクしております。

登山におすすめ

この項では、登山におすすめのブランドを紹介します。

ちなみに、ほとんどイタリアのメーカーです(笑)イタリアは古来からアルプス山脈の麓で独自の登山文化を形成してきました。

また、日本と同じ職人気質な風土なので、高品質なブーツが生まれたんでしょうね。

スポルティバらくスノおすすめ!

スポルティバ

らくスノ
現在、らくスノが高山用に使用しているブランド。機能性は高いけど金額も高い(笑)

 

スカルパらくスノいち押し!

スカルパ

 

ザンバラン

ザンバラン

 

ガルモント

ガルモント

 

アク

AKU

らくスノ
石井スポーツなど量販店でよく見かけるメーカーですね。しっかりとした登山靴を低価格で購入したい方におすすめ。

 

シリオ

シリオ

らくスノ
信頼のジャパンブランドです。日本人の足を意識して製造されています。

 

モンチュラ

モンチュラ

 

マインドル

マインドル

 

ローバー

ローバー

 

グランドキング

グランドキング

 

アゾロ

アゾロ

 

サレワ

サレワ

 

ハンワグ

ハンワグ

 

ケイランド

ケイランド

 

ゴロー

ゴロー(販売サイト)

 

トレッキング・ハイキングにおすすめ

続いては、トレッキング・ハイキングにおすすめのブランドをご紹介します。

この項で紹介するブランドは値段的にもお手頃なメーカーが多いので、登山初心者の方にもおすすめです。

モンベル

モンベル

らくスノ
ご存知、日本が誇る総合登山メーカーです。

 

キャラバン初心者におすすめ!

キャラバン

らくスノ
こちらもジャパンブランド。おしゃれなデザインで高品質!ゴアテックスを使っていても低価格なので、登山初心者の方におすすめです。

 

マムート

マムート

らくスノ
マンモスのアイコンでお馴染み。もともとスイスのロープメーカーでした。

 

ダナー

ダナー

らくスノ
質実剛健なアメリカのブランド。特に革ブーツはクラシカルでおしゃれな上に防水性能もばっちり!

 

ファイブテン

ファイブテン

らくスノ
クライミングシューズで有名なメーカー、スニーカーに見えますがれっきとした登山靴。履いていると玄人っぽく見えます(笑)

 

アディダス

アディダス

らくスノ
巨大企業アディダスでございます…が、登山シューズはあまり有名ではありませんw

 

ロメール

ロメール

らくスノ
こちらもスニーカーに見えますが、れっきとした登山靴です。

 

アークテリクス

アークテリクス

らくスノ
始祖鳥のロゴで有名なアークテリクスでございます。

 

ニューバランス

ニューバランス

らくスノ
こちらも、超有名なシューズメーカーですね。

 

ミズノ

ミズノ

 

ハイテック

ハイテック

らくスノ
イギリス生まれのメーカー。英国らしい洒落たデザインでおすすめです。

 

トレクスタ

トレクスタ

 

ダンロップ

ダンロップ

らくスノ
そうです、あのタイヤで有名なダンロップです。なんかグリップ良さそう(笑)

 

セダークレスト

セダークレスト

 

サウスフィールド

サウスフィールド

らくスノ
大手量販店アルペンのプライベートブランド。おしゃれで低価格、トレッキング初心者の方におすすめです。

 

ホーキンス

ホーキンス

らくスノ
もともとイギリスのメーカーでしたが、ABCマートの傘下に入ったようです。確かにABCマートでよく見かけますよねw

 

 

激安ブランドはNG!?

登山、トレッキング用ブーツに関していうと、激安ブランドは耐久性がないので絶対やめたほうがいいです。

実際、富士登山に激安トレッキングブーツを履いてきた友人は、下山中ソールが剥がれて歩行困難になりました。

幸いほぼゴールに近い六合目だったので、靴ひもをソールごとぐるぐる巻きにしてなんとか下山したのですが、場合によっては遭難する可能性もあるわけです。

確かに激安ブランドも見た目は良いのですが、ソールをノリで貼っただけの粗悪品も多いため購入には注意が必要です。

トレイルランニングにおすすめ

ここ数年、一気に競技者が増えてきたトレイルランニングにおすすめのブランドをご紹介します。

サロモン

サロモン

らくスノ
スキー、スノーボードで有名なフランスのブランドです。

 

ノースフェイス

ノースフェイス

らくスノ
最近はシティユースブランドになりかけてますが(笑)世界最大級のアウトドアメーカーです。

 

イノヴェイト

イノヴェイト

 

モントレイル

モントレイル

 

テクニカ

テクニカ

 

フェス・キャンプにおすすめ

最後はフェス・キャンプにおすすめのブランドです。

登山やトレッキングと違い歩くことがメインではないので、デザイン重視で購入しても良いですね!

ただし、私は何十回と郊外型ロックフェスに参加してますが、雨が降らなかった

ことはありません。

ですので、防水シューズやあらかじめ2足用意するなど、絶対に靴は濡れる想定で準備しておいたほうが良いですよ。

キーンらくスノおすすめ!

キーン

らくスノ
サンダルのメーカーとして非常に有名ですね。走れるサンダルは、もはやフェス・キャンプの定番アイテムとなりつつあります。もちろん私も一足持ってますよw

 

メレルらくスノいち押し!

メレル

らくスノ
カメレオンシリーズで有名ですね。その斬新なデザインとは裏腹に、ゴアテックスを装備するなど機能性も高いのが特徴です。

 

グラミチ

グラミチ

 

ダハシュタイン

ダハシュタイン

 

テバらくスノおすすめ!

テバ

らくスノ
こちらも走って遊べるサンダルのテバです。足指などに開放感があるので、キーンとは違った心地よさがあります。私らくスノもヘビロテで使用してます!

 

チャコ

チャコ

 

スイコック

スイコック

 

シャカ

 

コロンビア

コロンビア

らくスノ
アウトドア界の超有名ブランドコロンビアです。おしゃれで種類も豊富なので、フェスやキャンプ使いでお探しの方は一度チェックしてみてください!

 

パタゴニア

パタゴニア

らくスノ
シューズの種類はあまり豊富ではないですが、ネームバリューがありますね。

 

チャムス

チャムス

らくスノ
フェスの定番ブランド、チャムスでございます!カラフルなデザインでかわいい!

 

クロックス

クロックス

らくスノ
私もテントから出てちょっとトイレなんて時、いちいちブーツを履くのが面倒なのでクロックス持参してます。

 

ラプアカーマ

らくスノ
水陸両用シューズで有名なブランドです。釣りや川遊びの時などに重宝しますね。

 

ルナサンダル

ルナサンダル

らくスノ
なんと、トレイルランまでこなせてしまうというサンダルブランドです!

 

ハイマウント

ハイマウント

らくスノ
丸めて持ち運びができる、携帯サンダルです。釣りや川遊びに重宝しますね!

 

ゼロシューズ

らくスノ
一時期入手困難だったくらい人気のブランドゼロシューズ。こちらも丸めて持ち運びできるサンダルです。

 

ナイキ(ACG)

 

リゲッタカヌー

リゲッタカヌー

らくスノ
大阪初のブランドです。その名の通りカヌーのような独特の形状をしたサンダルはフェスやキャンプでも目立つこと間違いなし!

 

ティンバーランド

ティンバーランド

らくスノ
シティユース感の強いティンバーですが、フェスやキャンプ使いできるモデルもラインナップされています。

 

アンダーアーマー

アンダーアーマー

らくスノ
アンダーウェアで有名なメーカーですが、シューズも出しているんですねw

 

コールマン

コールマン

らくスノ
もはや説明不要ですね。総合アウトドアブランドの雄、コールマンです。

 

郊外型フェスでは防水シューズがおすすめ!?

フジロックフェスティバルや朝霧ジャムなど郊外型のロックフェスは防水シューズがおすすめです。

雨が降るとぬかるんだ道になりますので、普通のシューズだと終わります(笑)

私の場合、登山ブーツと濡れても良いキーンのサンダルを持参してました。

アウトドアシューズの洗い方・保管方法は?

さて、買ったはいいけど、どうやって洗うの?
保管はどうすればいいの?

まぁ私も基本面倒臭がりなんですが、メインで使っている登山靴は5万円もしたので、さすがにしっかりメンテンスしてます(笑)

①帰宅したら流水、またはバケツに水をためてブラシで泥を落とします。汚れがひどい場合は薄めた中性洗剤を布に染みこませ、たたくようにして落とします。

※面倒ですが、できればヒモも取ってしまったほうが良いです。

②インソールを外して、完全に乾くまで陰干しします。

③乾いたらインソールをセットし、型崩れを防ぐためヒモ締めなおします。

※この時に、撥水スプレーを塗布すると良いですね。

④屋内の高温多湿にならない場所へ保管します。

※湿気で傷んでしまうので、購入した箱などで保管するのはNGです。

以上がアウトドアシューズの洗い方と保管方法になります。

また、長期間保管する場合は、脱臭・乾燥剤を入れておいたほうが安心です。

らくスノ
テント内で足臭いなんて最悪ですからね(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

シティユースのスニーカーと違い、「多少大きい分には…」なんて安易に購入してしまうと、靴ズレを起こして後悔することになります。

デザインや評判だけでなく、しっかり自分に合ったシューズを選びたいですね。

この記事が参考になれば幸いです。

追伸

余談ですが、私が現在メインで使っているアウトドアシューズたちを紹介します。

左上から時計回りに、

  • ラ・スポルティバのトランゴキューブGTX(ガチ登山用)
  • ダナーのデイハイカー(トレッキング、キャンプ用)
  • モントレイルのマゾヒスト(トレラン、軽登山用)
  • テバとキーンのサンダル(キャンプ、フェス用)

本当はもっとあったんだけど、捨てちゃいました(笑)


スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

東京在住、元スノーボードインストラクターという一風変わった肩書きを持つ35歳のサラリーマンで、子育てと父親のあり方について考える子育てプロデューサー。 独身時代から多趣味なことが災いし、子どもが生まれたあともしばらくは自分中心の生活を続けていましたが、ある出来事をきっかけに改心して、今では娘と過ごす時間を一番に考え充実した毎日を過ごしています。