iPhoneアップルミュージックのEマークやコンテンツ制限の設定・解除方法とは

こんにちは、ユキスキです。

昨日iPhoneをアップデートしたらいきなり曲が表示されなくなりました…

しかも、すべての曲が表示されないわけではなく、一部の音楽だけなんです。

なんやかんやiPhoneをいじっていたら、ある法則を発見しました。それは、表示されない楽曲すべてに【E】マークが付いていたことです。

要は、歌詞などに不適切な表現が含まれている恐れがあることを示唆(しさ)するマークですね。

まぁそれはいいとして、そもそもそんな制限かけた覚えもないですし、検索しても解決方法が見当たらない…

というわけで毎度のことながら、頼まれもしないのにこのミステリー解決に乗り出したしだいです(笑)

※今回の記事は、アップルミュージックについて解説してますが、映画やブック・テレビ番組等の設定にも応用可能です。

【E】マークの設定・解除の方法とは

まず、最新の設定・解除の方法について説明したいと思います。

①設定アプリから「スクリーンタイム」をタップします。

 

②次に「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。

 

③パスワードを入力すると下記の画面になるので、「コンテンツ制限」をタップします。

 

④さらに下記の画面になるので、「音楽、Podcast、ニュース」をタップします。

※この画面で「映画」「ブック」「テレビ番組」「App」など音楽以外のコンテンツも設定・解除できます。

 

⑤ここで「不適切な内容」もしくは「不適切な内容を含まない」どちらかにチェックを入れいます。※「不適切な内容を含まない」が制限アリの状態です。

 

⑥制限解除で消えていたアヴィーチーさんが…

見事に復活しました!約半日ぶりの再会です(笑)

 

⑦面倒な場合は「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシーの制限」→「コンテンツとプライバシーの制限」のON・OFFでも設定可能です。

ただし、「ブック」や「映画」など全ての制限が解除されてしまうので、音楽だけを解除する場合は①~⑥で制限解除してくださいね。

そもそもウェブ検索の情報が古い

私もウェブ検索して解決法を探してたんですが、ほとんどのサイトは「設定」→「一般」→「機能制限」で解除すると書いてありました。

でも、そもそもios12以降は「機能制限」の項目がないんですよね…

もし「機能制限」項目がまだ残っている方は違う意味でやばいので、最新版のiosに今すぐアップデートしましょう。

Wi-Fiに接続した状態で、「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」で最新のiosにアップデートできます。

※iTunesに接続しないとアップデートできない場合もあります。

iTunes(パソコン)の場合

ノートパソコンやデスクトップのiTunesでの、「E」マーク解除方法についてもお話します。

まず、iTunesを開いて、左上にある「編集」から「環境設定」をクリックします。

次に、下記の画面が出てくるので、上のほうにある「制限」をクリックします。

そして、「不適切な内容の音楽(E)」のチェックを外すと解除できます。

ちなみに、「ライブラリ内のコンテンツの制限指定を表示(H)」は、チェックを外すとEマーク自体が表示されなくなります。でも、制限自体は変わらないのでご注意下さい。

その他の解決法

なぜか、制限してないのに曲が再生されない場合があるんですよ。しかも、ちゃんと曲は表示されているのにです。

一応、再生ボタンは押せるんですが、曲は流れず止まったままという…

この場合は、スリープボタン(電源ボタン)長押しで、いったん電源を切り再度入れることで解決します。※iphoneXは、サイドボタンと音量ボタンを長押し。

これはちょっとバグのたぐいだと思われますが、私はこれで解決しました。

※2日間くらい放置してたら治った場合もあります。どうにもならない方は、2~3日間様子を見てみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アップデートしてからいきなり【E】マークの楽曲が聴けなくなった方も多いと思いますので、この記事がお役に立てたら幸いです。

 


スポンサーリンク




ライバル不在のニッチなジャンルで継続的に10万円を稼ぐブログ理論(有料ノート)

少ない作業時間でも収益をあげることができるブログ運営理論です。

今回、5年間ブログを運営してきて、自分の理論に自信が持てたので有料で公開することにしました!(前半の8,000文字は無料で読めます。)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

38歳サラリーマンで1児の父。会社での給与がなかなか増えないので、小遣い稼ぎのつもりでブログを開始する。「ニッチブログで小さく稼ぐ理論」を提唱しており、現在はGoogleアップデートの影響を受けづらくライバルが少ないジャンルで月間20万円前後を安定的に稼ぎ出しています。